INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





春だ桜だ花見だチワワのクドさんです。
こんにちはです。
クリックで拡大
今年の東京の桜はいまが真っ盛り。
ちょうど週末と重なったのです。大変です。

ぼくも行ってくるのです。








クリックで拡大
これはとある公園。
きょうのコースを考えているところ。


きょうのコースはこうです。
三軒茶屋発着・川と緑道の大周回コース。
(三角で再生。+-で拡大縮小。地図クリックで詳細へ)

桜の季節でなくても、充分楽しめるのです。

さぁ出発なのです。
まずは北沢川緑道へ行くのです。
クリックで拡大
うわー。
町内会出店とか出てて、大変にぎわっているのです。

クリックで拡大
少し先へ進んでもこんな感じ。
緑道には川があって、遊歩道があって、
その緑道を挟むように両脇に一般道があるのですが、
遊歩道の分はほとんどお座敷状態。
一般道のほうにもお座敷は進出しているのです。
派手な酔っ払いとかいない、みんなピクニック気分だし、
お祭だからオッケーです。

クリックで拡大
本日4月2日日曜日。
天気はとても暖かでいい感じなのです。
明日からまた寒いらしいので、本当に絶好のたった一日、なのです。

クリックで拡大
淡島の緑道沿いにある公園も大繁盛の予感…
ここもさくら祭と称して、いろんなイベントやっていたのです。

クリックで拡大
淡島の交差点を渡って、池尻大橋側に進むと
ぐっと人が減るのです。

クリックで拡大
こっちもなかなかいい感じで咲いているのです。

道中、地図を持ったり持たなかったりした人が
「この先はさくらは」「駅へ行きたいのですけれど」
「この辺に○○は」と尋ねている姿をよく見かけたのです。

そういう人にはいいマメ知識があるのです。
「大きな犬を連れている人はたいてい近所の人」
「同じく、柴犬を連れたおばちゃんは近所の人。それも地元民」
道を聞くならそういう人に。

クリックで拡大
烏山川緑道のとの合流地点を過ぎて、
遠くに首都高が見えるあたり。
この辺の緑道は最近整備されたのですが、
植栽が無茶苦茶なのです…。
「美意識の欠如した人が、なんでも植えとけばいいんだと思って造園」
という風に作ったに違いない、だとぼくの飼い主の人は思っているのです。
とにかくいろんな種類の植物が見たい人には朗報です…。

クリックで拡大
川の鯉。お前たちにはちょっと浅い川。
「桜吹雪のカラス鯉」なのです。

クリックで拡大
あったかいので、ぼくもきょうは浮かれ気味なのです。

川は246号線を渡りまして、目黒川になるのです。
ぼくたちも信号を渡って、
連日観察を続けた「目黒川の桜並木」を目指すのです。

国内でも有名どころとして知られる目黒川の桜並木、
満開の休日、
というわけなのですので…

クリックで拡大
すごい人なのです。

クリックで拡大
人の多さに、さっきまでとは違った意味で浮かれているぼく。
みんな上を見ているから、
足元を歩く小型犬のぼくは、
じゃまにならないよう気をつけて歩くのです。

クリックで拡大
池尻大橋近辺でもかなりの人でしたのですが、
中目黒に近づくと人出はどんどん…。

クリックで拡大
そんな中、ともだちいぬと遭遇。
お互いの健闘を称え合うのです。

クリックで拡大
さらに中目黒に近づくと…


これにて、”もう小型犬には走行不能”と判断されたのです。


クリックで拡大
抱えられて移動なのです。
がっかりしているぼく。

同じく抱えられた、別のともだちいぬと遭遇して、
お互いの不遇を慰めあったりしたのです。


この先桜並木は目黒方面へ続くのですが、
ぼくたちは中目黒駅方面に曲がりますのです。
さようなら目黒川。

で、駅を越えて蛇崩川緑道に向かうのです。

クリックで拡大
やっと歩けるのです。
うはうはです。

クリックで拡大
春だチューリップだ。

このまま緑道を遡って、三軒茶屋を目指してみるのです。

クリックで拡大
蛇崩川緑道はとても空いているのです。
下馬あたりはすごく桜並木。
こっちの桜のほうが少し早いかもしれません。

駒繋神社横の公園は、お花見会場と化していましたのです。
ここのお花見座敷はファミリーやのんびり系が多い感じです。


クリックで拡大
ここでも友達犬ココちゃんに遭遇。
いきなりひっくり返る大歓迎。
リードの先には困っている飼い主のおじさんon自転車。

クリックで拡大
大歓迎を受け入れるのです。
嗅ぎまくり。
”いい顔”になってしまっているのです。

リードの先には、ココが起きないと帰れない…と困っている飼い主。

(このあと
となりの公園からやってきた子供たちに
おなか触られまくったココちゃん…。)

クリックで拡大
駒繋神社なのです。
「下馬」の地名の由来になった神社なのです。

最近この神社は改築費用の寄付を求めています。
「社殿に一周に渡って亀裂が入り危険」(原文ほぼ同)
という状態なのだそうです。
お賽銭入れてきてくださいなのです。

クリックで拡大
桜並木はまだまだ続きますのです。

040140.jpg
この緑道はこの先、ちょっと細くなりますが、
246号線の三軒茶屋付近まで帰ることができるのです。

おつかれさまでした。


でもぼくはここから、偵察任務を続けるのです。

クリックで拡大
やってきました世田谷公園。

ぼくのブログにここ数日、
「世田谷公園」「お花見」「道順」で検索してくる人がたくさんいるのです。
どんなことになっているのかといいますとですね…。

クリックで拡大
こんな感じなのです。
すごい人なのです。

えーと、ここで申し上げておきますのですが、
「世田谷公園は桜の名所ではありません」
ここと、もうひとつ向こうのSL線路内のあたりに、
(巨木ですけれど)数えるほどの桜があるだけです。
なのでわざわざ見に来るほどのことはないのです。

でもここに来ている人たちはそれぐらい了解の上で、
「お花見」というイベントを楽しみに来ているとだと思うのです。
みんな、楽しく盛り上がるといいのです。


クリックで拡大
突入してみたい気もするけれど、
きっと小型犬のぼくはモテモテになるのでやめておくのです。


クリックで拡大
とりあえず満喫したのです。

これから数日は、散っていく桜がきれいなのです。
そして葉っぱが生えてきて、春本番になるのです。

世田谷に春が来たのです。




おまけその1。
クリックで拡大
この日のためにあるような、
そんな「三宿さくら幼稚園」



おまけその2
クリックで拡大
巨大プロジェクト・大橋JCT工事中。
工事事務所をトイレ&休憩所として開放してくれてたのです。







theme:桜 花見
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。