INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。世田谷区在住のチワワのクドさんです。
世田谷区の桜の見頃はだいたい終わりつつあるのです。

そんな中「こっちは今頃が見頃ですよ」という、
多摩方面のいぬ(の飼い主さん)からのコメント書き込みがあったのです。
これはいいこと聞いたのです。
クリックで拡大
というわけで多摩センターに来たのです。
桜がちょうど見頃だったのです。うははははなのです。






多摩のどこに行ったら見頃なのか、ちょっと見当がつかないのです。
なのでど真ん中へ行ってみればいいと思うのです。

クリックで拡大
やってきました「多摩 センター 駅」
なんたってセンター、多摩の中心です。多分そうなのです。


しかしながら毎度毎度、世田谷犬のぼくには
多摩ニュータウンにはカルチャーショックなのです。
街がテーマパークみたいなのです。
クリックで拡大
ホンモノのテーマパークもあったのです。

本当はこの近辺でも少々寄り道をする予定だったのですが、
とある事情により、先を急がねばならなくなったのです。

事情?それはですね、天気予報なのです。
「夕方から雨が降るかも」
だそうなのです。急がねばならないのです!

クリックで拡大
駅からまっすぐ伸びる道を突き当って、
階段がんがんのぼって、

クリックで拡大
ちょっと顔をぷるぷるしたら、

クリックで拡大
もう多摩中央公園だったのです。
…えっと、もう着いたのですか?あれ?

芝生がすごく広いのです。
でもここの桜は、いまいち終了気味なのです。

でも、次、次に期待するのです。
そのまま宝野公園方面に進みまして、
桜の名所・お花見どころらしい、「富士見通り」というところを目指すのです。
参考までに以下を。PDFですから注意ですよ。

多摩市 「多摩ぐるーり桜めぐりコース」(PDF)

クリックで拡大
満開だったのです。すごいのです。

お花見の人もいっぱい。
でも23区内の公園の花見と違って、
宴会ではなくピクニックな感じなのです。
ま、いまはお昼なのですけれど。

クリックで拡大
こうして歩いている間にも、
どんどんはなびらが落ちてくるのです。

でも見上げればまだまだ、まだまだあるよー!と咲いているのです。


クリックで拡大
突き当りの奈良原公園の、いちばん突き当りの展望山から。
ずっと桜の並木道。

満開の桜に、満足したのです。

ここから、よこやまの道も近かったはずなのです。
(「チワワ、よこやまの道編」はこちら)
でもきょうはそっちへは行かないのです。

クリックで拡大
隣の鶴牧東公園に移動したのです。
でっかい芝生の山があったのです。

クリックで拡大
頂上は爽快爽快。

山をだだだっと駆け下りると、その勢いのままで
鶴牧西公園に入っちゃうのです。

クリックで拡大
今度はこれまた山なのです。
でも、急な山なのではなく、あくまでのどかなのです。
いい意味で「ぼへー」て感じです。

クリックで拡大
田んぼとか小川もあったりするのです。


クリックで拡大
「農家”風”休憩所」で休憩するぼく。
ぼへー。

この休憩所の向かいに、ものすごくでっかい枝垂れ桜があるのですが、
今シーズンはもう終わってしまっていたのです。

公園を出て、一般道へ出たのです。
小田急の線路に沿うように移動します。

クリックで拡大
「秋葉神社」があったのです。
宅地化する前からここにあったのかはわからないのです。

クリックで拡大
敷地には、近隣の開発で集められた神様仏様が
わいわい同居していたのです。

にんげんも、たまには来るといいと思うのです。

クリックで拡大
そっと、枝垂れ桜がはらはらしていたのです。


クリックで拡大
はなびら。


クリックで拡大
とりあえず、
「チワワ、多摩の中心で花を愛でる」という目標は果たしたのです。

かなり満開、かなり綺麗で満足したのです。


クリックで拡大

さぁ、次なる目標へと移動するのです。


しかし・・・

これがまた大変な行程となってしまったのです。


 そ ん な 続 き は こ ち ら 










theme:桜 花見
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/09(Tue) 23:53 |   |  #[ 編集]--------
いらはいませなのです。
そろそろ秋ですし、
多摩のほうにも行かねばならないと
思っていたのです。

からきだの道・・・は、かなり階段上下がしんどいのです。
どちらかというとよこやまの道のほうが
おすすめなのです。
2007/10/10(Wed) 00:56 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。