INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
クリックで拡大
四月最後のきょうは、江東区で遊んできたのです。
住吉駅からスタートなのです。







東急田園都市線からはそのまま、
渋谷を通って、半蔵門線に直接乗り入れていますから便利なのです。
クリックで拡大
とりあえず住吉駅すぐそばの、猿江恩賜公園でくつろぐのです。

公園へ行こう - 猿江恩賜公園

ここだけでも充分楽しいのです。
でも、
きょうは運河へ降りて北上します。
いつもは南下して、横十間川親水公園とかへ行くのですけれど、
今回は公園すぐ北の、竪川河川敷公園へいくのです。

クリックで拡大
江戸時代の運河、竪川(たてかわ)の上に首都高ができちゃったんです。
その下にながれをちょびっと再現してあって、
それに沿って延々と数キロ、自転車&歩行者の道が続くのです。

江東区HP - 竪川河川敷公園

ずっと首都高の下なので、
日差しの強い季節や雨の日にはいいかもしれないです。

クリックで拡大
すっと道なのではなく、ところどころにこんな広場や
スポーツ施設があるのです。

首都高は背が高くって、そんなに圧迫感は感じません。
赤い橋は貨物鉄道です。
電車通っちゃうぐらい高いのです。
(一番下に鉄橋写真追加)

さて、緑道を離れまして、いちど亀戸駅へ向かいますのです。
いちおうゴールデンウィークらしいことをしておこうと思ったのです。
クリックで拡大
亀戸駅前。
陸橋は階段だからぼくは好きなのです。

クリックで拡大
駅の北側はどーんと歩行者天国になっていたのです。
らっきーなのです。

で、つきました亀戸天神。

亀戸天神社ホームページ
Wikipedia - 亀戸天神社

そうです。有名な亀戸天神の「藤まつり」なのです。
いざゆかん。

……。

クリックで拡大
うわー。

予想外の人手。そしてすごい出店。
そして予想外に藤の花がいまいち。
今年はちょっと祭と花の時期が外れたのかもしれないのです。

クリックで拡大
でも眺める。


でももうダメです。限界なのです。逃げるのです。


クリックで拡大
はー、えらい目に遭ったのです。

クリックで拡大
亀戸駅からまた南に戻って、
サンストリートというショッピングモールを通過するのです。

サンストリート亀戸

ここはテラス席が多くって、
いぬ連れでもオッケーなところが多いのです。
人もたくさんいましたが、
さっきの亀戸天神に比べればどーってことないのです。

クリックで拡大
サンストリート裏の公園でひとやすみ。
ふー。

そしてまた、竪川の公園道へ戻るのです。
クリックで拡大
東へ東へと歩いてきましたのです。
あの首都高が曲がってるあたりは、もう荒川なのです。

クリックで拡大
その下あたり。
なんだか広くていい感じなのです。

首都高とはここでお別れなのです。
きょうは暑いぐらいだったので、
屋根ありがたくごくろうさんなのです。

クリックで拡大
あ、なんだかあっちのほうが広いのです。
気がついてしまったのです。

クリックで拡大
いそげいそげ。

「夢の大橋」というなんだか横に広い、
でっかい歩行者&自転車用の橋を渡ったら、

クリックで拡大
芝生なのです。
うひょー。

公園へ行こう - 大島小松川公園

全体的に新しい公園で、
二本の”人&自転車用の橋"を中心に、広い公園が点在する、
というレイアウトなのです。
クリックで拡大
荒川の土手に出ることもできるのです。
川の向こうは江戸川船堀。

近年は、自転車の人が増えていますのです。
自転車で荒川と勝負している風情のひとが、
この土手でよく力尽きて倒れているのです。
しばらくすると、再挑戦しに向かいますけれど。

クリックで拡大
あーもうどうしていいかわからないぐらい広いのです。

えーと、えーとですね、


クリックで拡大
とりあえず走っておくのです。

クリックで拡大
基本的に「芝生」なのですけれど、
普通の草も生えていて(ちゃんと刈り揃えてある)、
なによりクローバーがいっぱいなのです。
無理して芝を生やすより、これでいいと思うのです。

この公園、間を流れる中川を挟んで、
半分が江東区で半分が江戸川区なのです。

クリックで拡大
「わんさか広場」
というほうに移動してみましたのです。

正面奥に見えているのは中川舟番所資料館。

(財)江東区地域振興会 - 江東区 中川舟番所資料館

なかなか楽しそうな施設なのですけれど、
多分いぬはいれてくれないのです。要確認です。


クリックで拡大
わんさか広場のほうが人口が少ないのです。
それでいて、芝生は充分ひろいのです。
すごくきれいに手入れされているのです。


クリックで拡大
仲間を発見なのです。
葉太郎(はたろう)という名前なのだそうです。

戦いの予感。

クリックで拡大
そしてチワワらしく、勝手行動を始めるぼくたち。
もう戦いのことは忘れたのです。

クリックで拡大
最後に、「風の広場」に移動するのです。
ここは標高が高くなっているのです。

クリックで拡大
上はやっぱりすごく手入れされた、とても広い芝生。

ただしここ、今まででいちばん人口密度が低いのです。
人が住んでいるところからも駅からもいちばん遠いし、
えいこら登らなきゃいけないので
あんまり人が来ないのだと思うのです。

だってわざわざ登らなくても、
さっきまでのところで充分広くて楽しいですから。


クリックで拡大
山の上には、
もう使われていない「旧小松川閘門」が保存してあるのです。
山かと思ったら、巨大な土手なんですねここは。

同じ役割をしているのが、
この風の広場から見下ろせるところに最近できた、
荒川ロックゲートなのです。

荒川ロックゲート


クリックで拡大
名残惜しいけれど、さぁ帰るのです。
団地の中の緑道(季節の広場)を歩いていけば、
すぐに都営新宿線・東大島駅なのです。

東大島駅はホームが全部、橋の上にあるのです。


クリックで拡大
亀戸天神の人出はちょっと予想以上でしたのです。
亀戸をナメてたのです。ごめんなさい亀戸。

あとは広い広い公園が楽しかったのです。
またくるのです。




おまけ。

クリックで拡大
竪川の貨物の鉄橋は、こうやって下から覗くことができるのです。
もう滅多に走ってこないらしいのですので、
上を通らないか待ってても無理かもしれないのです。


クリックで拡大
桁が煉瓦積み。
時間経過が美しいのです。






theme:犬との生活
genre:ペット


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
こんにちは。チワワのクドさんです。 連休最後のきょうは、 昨日までの天気を吹っ飛ばすいい天気、なのです。 がんばって、江東区の広い...
2008/05/12(Mon) 23:53:54 |  Sputnik in Setagaya -世田谷スプートニク-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。