INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。世田谷在住のチワワのクドさんです。
クリックで拡大

きょうは二子玉川から、瀬田のほう、そして砧公園へいってきたのです。
瀬田名所めぐりなのです。







クリックで拡大
…で、ここはどこなのですか?
えーと。

クリックで拡大
二子玉川駅から降りて、高島屋の裏のほうにずんずん進んだ、
国道246号線の高架下の公園なのです。
水道もあるし、
雨の日にはすごくいいかもしれないのです。

でも、夕方には閉まっちゃうのだそうです。ご注意を。


クリックで拡大
商店街の入り口の和菓子屋さんは、行列が出来ていたのです。
ちい散歩に出たお店、ここだったかも。
時期的に、みんな柏餅目当てなのだと思うのです。

きょうは商店街へは行かないのです。
逆方向へ、246の高架に沿って少し歩くのです。
クリックで拡大
緑道の入り口があるのです。
谷川緑道というのだそうです。

クリックで拡大
世田谷にありがちな、川の跡を緑道にしたものなのです。
とてもきれいに整備されているのです。
数年前に来た時よりも、きれいになっている感じがするのです。

クリックで拡大
「水車小屋跡」
だけど由来がわからないのです。
こちらに詳しい説明があったのです。ありがたいのです。

世田谷 玉川村名所物語 : 水車小屋跡

クリックで拡大
気持ちよく、ふんふん歩くのです。

でもこの緑道は案外短くて、すぐに終わっちゃうのです。

クリックで拡大
緑道が終わったあたりにで、こんな道と交差。
一見ただのガードレールですけれど…線路なのです。

昔ここを、電車が走っていたのだそうです。
東急玉川線(玉電)の砧線と言ったのだそうです。

Wikipedia - 東急玉川線(砧線含む)
世田谷 玉川村名所物語 : 東急玉川線支線 砧線

クリックで拡大
案内図があったのです。
この廃線跡も、とてもきれいな歩道が整備されているのです。

クリックで拡大
コース図にある、きしべの道沿いにふんふん歩いていくのです。

クリックで拡大
マンションの周囲をぐるっと囲む遊歩道。

ちょっと前までここには、幽篁堂庭園というのがありましたのです。
今でも少し前の地図には、そう書いてあるのです。
でもなんだか、マンションになっちゃったのです。
世田谷 玉川村名所物語 : 幽篁堂庭園跡
武蔵野・多摩 MTB散歩 - 幽篁堂庭園跡地

クリックで拡大
丸子川のほとりに、また案内板があったのです。
便利便利。

クリックで拡大
川を渡って、馬坂の手前で右に曲がって、
長い長い階段を登って…玉川病院の前にあったお稲荷さん。

この辺に遺跡があったような気がするのですけれど、
みつからないからまぁいいか、なのです。

で、瀬田四丁目広場にやってきたのです。
クリックで拡大
ここの「湧き水」を見るのが楽しみで楽しみで…

えーと

クリックで拡大
がーん。

チワワは入れなかったのです。


クリックで拡大
悲しい気分になりながら、近くの多摩川テラスへ。

多摩川テラス敷地内にある、武家屋敷門なのです。
「岡山藩の池田さんの家老職を務めた、伊木(いぎ)さんの屋敷門」
なのだそうです。
それを明治以降にお金持ちが買い取って、
岡山からここに移築したのだそうです。

Wikipedia - 伊木氏

クリックで拡大
ここは岡本民家園の上あたり。
左は民家園。
予定を少し変更して、
さっきみた地図で、気になるところがあったので行くのです。

「岡本わきみず緑地」

これはいってみるしかないのです。

クリックで拡大
…緑地自体はとってもこぢんまりしたものでした。

えーとですね、
緑地の隣に民家がありましてですね、
「その民家敷地内に湧水がある」
というかまるで湧水の上に浮かんで建っているような民家がありまして、
そのお庭を「緑地からそっと眺めることが出来る」
という感じなのです。
あんまりじろじろ見ていいものか、
はたしてこの写真も掲載していいものかどうか…
悩むところなのです。

でも、すごく羨ましい家だったのです。

クリックで拡大
六の橋を渡って、砧のほうへ向かうのです。

クリックで拡大
途中のフラワーランド(瀬田農業公園)なのです。

世田谷区HP - フラワーランド(瀬田農業公園)

確認はしていないのですけれど、施設の性格上、
いぬは入っちゃダメだと思うのです。
クリックで拡大
裏口から、借景して写真とっておくのです。


クリックで拡大
少し歩いて、東名高速の下をくぐったら、


クリックで拡大
砧公園についたのです。
ちょっと足取り軽くふんふんふん。

公園へ行こう! -  砧公園

でも、砧公園もですね、
クリックで拡大
園内のおよそ西半分は、いぬは入れないのです。
きびしいなぁ、なのです。


クリックで拡大
しょうがないので、東半分の芝生で遊ぶのです。

クリックで拡大
これはこれで楽しいのです。
うはうはなのです。

クリックで拡大
西日がさしてきたので、帰るのだそうです。
さらば砧公園。

クリックで拡大
砧公園と用賀駅の間は、遊歩道が整備されているのです。
(車も進入可能ですけれど)
いらか道(甍道)という、瓦が多用された道なのです。

世田谷区タウン ドラマ・映画ロケ地ガイド-用賀いらか道

水も流れていて、なんだか清潔感あるのです。

クリックで拡大
まだ帰りたくないのです。

でもぼくはかばんに入れられて、
飼い主の人は(家電の)コジマに向かったのです。

(コジマ用賀店は、
 抱えた犬・かばんに入った犬は入場オッケーです)


クリックで拡大
出てきたらもう夕日の終わりかけ。
電車に乗って帰ったのです。

そんな一日。





おまけ。
フラワーランドの隣のいちご園。
クリックで拡大
世田谷区内でイチゴ狩り。
でもいぬはダメなんだそうです。




おまけその2
砧公園そばに、地図で見るとおかしな部分があるのです。

道がくるっと、なにかを避けているのです。


第六天の森%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.62780864504242,139.61985290050507+(%E7%AC%AC%E5%85%AD%E5%A4%A9%E3%81%AE%E6%A3%AE)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%35.62780864504242%%139.61985290050507%%17

実はこれ、

「第六天の森」

と言われる場所で、「ここに手を入れるといいことない」のだそうです。
草木一本も刈っちゃダメなんだそうです。

世田谷 玉川村名所物語 : 第六天の森

とにかくやばいのです。

第六天を祭る場所は、東京近郊に数多く点在し、
どうも昔はかなりの信仰があったみたいなのです。
で、普通は仏教の解釈で第六天を説明しているのですが、
もしかしたらそれ以前の、関東平野特有の土着神みたいな
ものだったのかも知れません、と最近思うのです。
古代からの信仰が、
小田原北条氏と他所から来た徳川体制との切り替えの時期に、
なんだかブレンドしちゃったのではないか、と私的に考えるのです。


そんな恐ろしい場所の、現場写真。
クリックで拡大

…え、えっと、何本か…木が切られてるような…

祟りは?






コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
見慣れた風景
はじめまして
近所のわりに「岡本わきみず緑地」がどこにあるかよくわからない・・・
こんどよく見てみよ~~っと。
2007/05/22(Tue) 09:39 | URL  | たんぽぽ #mtZVGoSA[ 編集]--------
はじめましていらはいませ。
2007/05/22(Tue) 22:49 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
ありがとうございます
間の抜けた遅い返事になりますが『わきみず緑地』の場所を詳しく教えていただきありがとうございます。
フラワーランド(瀬田農業公園)ですが、受付に『犬は引き綱をしっかり引いて・・・』と書いてあるので犬はOKだと思います。私もワンコ連れで何度も行っていますがなにも言われたことが、ありません。

2007/11/06(Tue) 23:51 | URL  | たんぽぽ #VJUeEltM[ 編集]--------
マジデスカー!なのです。
でもいちご狩りはダメなのですよね。
いちご・・・・。
2007/11/07(Wed) 23:50 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。