INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
クリックで拡大

いい天気なのです。
五月のこんな日は、川辺を散歩したりするといいと思うのです。







京王井の頭線で、浜田山駅で降りたのです。
きょうのとりあえずの目的地は善福寺川。

善福寺川沿いの公園に歩いて行くだけなら、
西永福駅か地下鉄丸の内線の南阿佐ヶ谷駅が近いのです。
でも、浜田山からは、こんな便利なものがあるのです。

杉並区 生活ガイド - 南北バス交通 「すぎ丸」

同上  すぎ丸路線図 (jpg)

駅前すぐから、公園まで100円で行っちゃうのです。
中央線の阿佐ヶ谷駅からも乗れるのです。

・・・でもバスがちょうど出たとこだったのです。
なんだか待ちきれないので歩いて行っちゃったのです。
クリックで拡大
浜田山へ来た意味がないのです・・・

いやいやでもでも、公園の端っこから堪能するためには、
浜田山から歩いたほうがいやいやいや…

公園へ行こう! - 善福寺川緑地

クリックで拡大

善福寺川に沿って、緑いっぱいの公園が続いているのです。
この善福寺緑地を堪能しつつ、下流の和田掘公園を目指すのです。

Wikipedia - 善福寺川

途中には交通公園もあって、
子供とかはたのしいかもしれないのです。

杉並区 施設案内 - 杉並児童交通公園

D51とか、ミニ東京駅とかあるらしいのですけれど、
いぬのぼくはそういうのよくわからないのです。

クリックで拡大

川べりは舗装してあるのです。
だから自転車も通るのですけれど、
みんなのんびり気味の走行なので、安心なのです。

クリックで拡大

23区内なんだけれど、
猛烈にのんびりしているのです。

クリックで拡大

でも日差しはのんびりしていないのです。
やる気充分なのです。

クリックで拡大

アイスちょっともらった。
おいしいのです。

クリックで拡大
とかいってるうちに、和田掘公園についちゃったのです。

公園へ行こう!- 和田掘公園

善福寺川緑地と和田掘公園は、
注意していないと境目がわからないぐらい隣接…というか
つながっているのです。
クリックで拡大
ひろいところがあったので、
走ってみるぼく。

クリックで拡大
ちょっとはしゃぎすぎたのです。

クリックで拡大
こっちの公園も森が深く、
メインとなる公園から下流にも、
数箇所の敷地が点在しているのです。

クリックで拡大
釣り堀もあったのです。
いぬはいれてくれないのです。

クリックで拡大
かなり昭和風情なのです。
ぼくは今世紀の生まれなので、わからないのですけれど。

クリックで拡大
池もあったのです。
こっちで勝手に釣りしてる人もいたのです。
本当はダメかもしれないのです。

クリックで拡大
杉並区とは思えない、濃い感じなのです。

カワセミがいるらしく、双眼鏡持った人が
何人もカワセミ待ちしていたのです。


さて、ちょっと公園を出るのです。
公園に隣接して、いくつかの神社やお寺があるのですが、
中でも敷地が思いっきり隣の神社に行ってみるのです。
クリックで拡大
どーん。
思ったよりでっかかったのです。
大宮八幡宮」というらしいのです。


クリックで拡大

なんたって、「東京のへそ」らしいのです。
公式サイトにもそう書いてあるのです。

杉並 大宮八幡宮(公式サイト)

どれどれ、ヘソ見物をするのです。
クリックで拡大
ちょっとナメてたのです。
立派ででっかいヘソだったのです。

クリックで拡大
神社のウコッケイ vs 世田谷のチワワ

ウコッケイって、最近どこにでもいる気がするのです。
むしろ最近見かけない、チャボとかのほうが貴重かもしれないのです。

クリックで拡大
川の両側が緑豊かな公園で、
両側を散策してるだけでも一日充分楽しいと思うのです。
そしてすぎ丸バスで帰るといいと思うのです。

和田掘公園からは、
井の頭線の西永福駅まで歩いてもそう遠くはないです。
近くにバス停もあるのです。

クリックで拡大
また来るのです。

で、きょうのぼくは
次の目的地を目指してみるのです。


 つづきはこちら 



おまけ。
和田掘公園にて。
クリックで拡大
最近、あまり見かけないタイプの壮大な遊具。

クリックで拡大
こっちはロケット。





theme:登山・ハイキング
genre:旅行


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。