INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。善福寺川緑地で遊んできた、チワワのクドさんです。
クリックで拡大
善福寺川緑地、和田掘公園を堪能したので、
次へ移動しようと思うのです。








 前回の分(ここまでの行程)はこちら 


クリックで拡大

和田掘公園から、住宅街をとぼとぼ歩くと、
すぐに西永福駅に着いちゃうのです。

天気と疲れ次第では、ここで終わってもいいと思うのです。
でもきょうは、駅の反対側を目指すのです。
駅前商店街を抜けて、踏切渡って、駅の南側へ。


しばらく住宅街を歩いているとすぐに
クリックで拡大
川に出るのです。

クリックで拡大
なんたって一級河川。

Wikipedia - 神田川
東京都建設局 - 神田川

知名度では東京でも一二を争う、神田川なのです。
古い歌では、もっと下流のほうが舞台なのですけれど。

杉並区だけど神田橋。

クリックで拡大
もっと上流や下流のほうはどうなっているかは知りませんが、
このあたりの神田川は、両岸に自転車&歩行者散策路があって、
充分楽に歩ける遊歩道になっているのです。

「隅田川との合流点まで18km」という標識があったので、
道はずっと繋がっているのかもしれないのです。

なんだか「都会の川」という印象が強い神田川なのですが、
実は古くからある天然の川で、河岸や川床からの湧水が多いのです。

クリックで拡大
ぼくもずんずん行くのです。

でもこのまま隅田川へは行かないのです。
途中で曲がっちゃったのです。
さようなら神田川。

クリックで拡大
で、いきなりお寺なのです。
どうしちゃったんだぼく。


この辺は「永福の寺町」とも呼ばれる、
お寺密集地なのです。
(地図クリックで拡大)

クリックで拡大
あんまりきょうみなーい、のです。
それより川はもうないのですか?公園は?


というところで余談なのですが、
すぐ上の地図に緑色の公園のようなものが見えるのです。
これは玉川上水跡の公園なのです。
ですが、
杉並区は犬の公園入りに、とても厳しいのです。
この公園にも犬は入れません。

というか、杉並区内で5ヶ所しかダメなのだそうです。
杉並区からのお知らせ - 公園は地域の財産(■犬の散歩利用について)
なんてこった。


クリックで拡大
甲州街道に出たのです。
渋谷まで走ってもいいですか?


上の地図の右にちょっとだけ見えてるのは
築地本願寺の和田掘廟所、つまり築地本願寺の墓地です。
(地図クリックで詳細広域地図へ)

この墓地には樋口一葉、佐藤栄作、笠木シヅ子、
古賀政男に水谷八重子、
中村汀女に海音寺潮五郎、内田吐夢、
さらにはレオナルド熊。
そんな皆さんのお墓があって、
案内所で案内地図くれるのだそうです。

築地本願寺 - 和田掘廟所案内

でも今日はパスして、先を急ぐのです。


この辺だけに興味がある人、もしくはここまで来て疲れちゃった人は、
上の地図のすぐ下に京王線の下高井戸駅があるのです。
京王線、もしくは東急世田谷線に乗っておうちに帰ることが出来るのです。

クリックで拡大

なんだか甲州街道まで来てしまったのです。
ぼくはこれから、どこまで行っちゃうんでしょうか…謎なのです。
飼い主にもこの時点で、ルートがよくわかってないらしいのです。

おうちはどこだ。


次回完結編 「ありがとうブラザーズ!編」に続く




おまけ。
神田川のほとりに立っていた少年。
手に持っているカエルがかわいいのはいいとして、
クリックで拡大
川は?

クリックで拡大
だから川は、川は?

なんなんだー。





コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
甲州街道甲州街道(こうしゅうかいどう)は、甲斐国(山梨県)へつながる道。江戸幕府によって整備された五街道の1つである甲州街道が有名。この街道とほぼ沿うように作られた国道20号にも甲州街道と名づけられている。特に四谷4丁目交差点よりも西の区間が、1962年4月25日
2007/08/01(Wed) 12:03:27 |  街-NAVI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。