INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。世田谷在住のチワワのクドさんです。
クリックで拡大

世田谷もきょうは暑かったのです。
夕方気味になってから、散歩に出たのです。

山に登るのです。







山といっても騎兵山。
でも立派な「都内の山」のうちのひとつなのですよ。

クリックで拡大
道を歩いていると、謎の階段に出くわすのです。
下は一見、閉められているようにも見えるのです。


騎 兵山%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.652542958012916,139.6791109442711 +(%E9%A8%8E%E5%85%B5%E5%B1%B1)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%35.652542958012916%%139.6791109442711%%17


場所はここになるのです。最寄り駅は池尻大橋。

この地図ではまだマンション建築は始まっていないのです。
緑と更地、という感じ。

クリックで拡大
入り口の扉は各自で開け閉めできるのです。

階段を登っていくと、

クリックで拡大
なんだこれは、なのです。

これは、戦死・病没者の供養塔です。
この高いところから、世田谷を見ているのです。

クリックで拡大

そしてここは、旧帝国軍・騎兵第一連隊があったところなのです。
なのでここを「騎兵山」と呼ぶのです。

ここから駒場にかけては、各種連隊の駐屯地跡で、
室内射撃テスト場の遺構も残っているのです。

石碑の裏には、ちょっとだけ道があるのですが、
クリックで拡大
でっかいマンション工事の塀に突き当って終了、なのです。

この石碑の裏に、山を掘り下げてしまって、
” こーんな馬鹿でかいのがどーんと建つ ”のです。


クリックで拡大

騎兵山の件は、またあとでちょこっと。

さぁ散歩を続けるのです。


クリックで拡大

きょうは暑かったのです。
夕方になってもまだまだ暑いのです。

クリックで拡大
久しぶりのともだちに遇ったのです。
さいさきがイイのです。

クリックで拡大
あっちにもいぬがいるのです。
見つめ合ったりなんかするのです。

クリックで拡大
チワワのお嬢さんにも遇ったのです。

クリックで拡大
近所をとろとろ散歩したけれど、
なんだか楽しかったのです。


クリックで拡大

そんな一日、もう日が暮れるのです。





おまけ。
緑道で、えーと…
クリックで拡大
うう?んー?あれ、って、え?

クリックで拡大
マジデスカ。
夏が来た!





おまけその2
騎兵山は、反対側からも登れるのです。
緑道からはずれて、下地図の階段を登ると
さっきの碑とは(建設中の)マンション挟んでちょうど裏側に出るのです。

馬神様%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.65267154684111,139.68007385730743+(%E9%A6%AC%E7%A5%9E%E6%A7%98)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%35.65267154684111%%139.68007385730743%%17

ここを地図右のほうへ行くと、前述の射撃テスト場があるのですが、
この階段登ってすぐにあるのが

クリックで拡大
馬の神様。
多分、騎兵隊で使役され、死んでいった馬への供養と
畏怖とで建てられたのだと思うのです。

さっきのマンション説明HPを見ると、
マンションを挟むように「豊かな既存樹を保存」とあるのですが、
それはつまりさっきの戦没者供養塔と、
この馬神様(周辺樹木)のこと。

それに挟まれるマンションなのだ。

ところでこの馬神様、お供えがしてあるのですが、
クリックで拡大
んー?
数日前に置かれたものらしく、少々痛んでいるのですが…

クリックで拡大

ニンジンと思われる。

いっぱい食え。







theme:東京23区
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
なるほど。

世田谷は軍事関連の施設が多いとは聞きましたが、これは知りませんでした。

しかし、何処でもマンションが建つんですね。残念だな。

2007/05/27(Sun) 00:22 | URL  | 世田谷 玉川村名所物語 #EBUSheBA[ 編集]--------
ほんとにね、です。
ここは見晴らしがよさそうな土地だったので、
庶民いぬとしては残念無念ではあるのです。
でもつまり、マンション建設側としては
「見晴らしのいい、奇跡の一等地」
となるのでしょう。

事前調査では、縄文ぐらいの遺跡も出たのですよ。
2007/05/29(Tue) 00:24 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。