INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。世田谷在住のチワワのクドさんです。
クリックで拡大

芦花公園のドッグランが再オープンしたらしいので、
また行ってきたのです。







芦花公園ドッグランについては、
オープン前とオープン後に行って、
それなりの感想を書いていたのです。

芦花公園ドッグラン訪問の記。
その続報。一旦閉鎖で、「改修工事が入るらしい」との情報

おかげさまで、芦花公園ドッグラン関連で検索して
ぼくのBlogに来る人が今でもたくさんいるのです。

で、このほど再オープンとなりましたので、
これはもう一度行かねばならない、という責務を感じて、
行ってきたのです。
「前回とは違う、登録時の注意」などがあります。
それは下のほうで。

まずは京王線に乗るのです。
きょうは暑いから電車で行くのです。

クリックで拡大
途中で仲間に遇った。
幸先いい予感がするのです。

クリックで拡大
明大前で乗り換え。
ここには最近、駅に商業施設ができましたのです。

京王リトナード&フレンテ 京王沿線のショッピングスポット
フレンテ明大前:フロアマップ


にんげんの食料を、テイクアウトで買っていくのです。

Soup Stock Tokyo

で、八幡山駅で降りて、歩いて芦花公園に着いたのです。
道順とかは以前の記事参考にしてくださいなのです。
クリックで拡大
ドッグラン裏手のほうもオープンしていたのです。
でも芝生は養生中なのです。

クリックで拡大
食べるのです。
ぼくもパンを狙っているのです。

クリックで拡大
パン食べたから、次は遊びに行きたくなっているのです。

でもここで、ドッグラン利用登録をするところへ行ってみるのです。
ぼくは前に来た時に、
ドッグラン脇の臨時受付で登録済なのですけれど。

登録する場所は公園管理事務所にあるのですが、
芦花公園(蘆花恒春園)は大まかに言うと
・公園としての芦花公園
・徳富蘆花の記念地としての恒春園
に分かれていて、
後者はいぬが入れないのです。

蘆花恒春園 - 公園へ行こう!

で、
管理事務所(サービスセンター)は後者の敷地内にあるのです。
どうなってるんだろう?と思って見に行くのです。

クリックで拡大
えーと、
画像クリックで拡大…しても読みにくい場合のために意訳で。

「本当はいぬは入れません。
 でもここから管理事務所の
 登録受付までは通ってもいいです。」

ということになっているらしいのです。


それと、重要なことがあります。
クリックで拡大

「登録には各種書類が必要」なのです。

ぼくが臨時受付の大繁盛の中で登録した時は、
身分証明書の一切が必要なかったのですけれど。

これから登録するいぬは、書類持参でおねがいしますのです。



その後情報、というかウワサですが、
「常識的な”予防接種と犬登録が必要”なだけで、
 それを証明する書類は要らない」という話も聞きました。
なんのことやら。
これから登録する方は、
二つ上の画像の電話番号へでも確認してみてください。



さて、ドッグランに向かうのです。

正直”良い”とは言い難かったドッグランの地面なのですが、
前回訪問記事参照
その後一旦利用中止した上で、
土の入れ替え作業が行われたらしいのです。

これを見に来たのがきょうの目的なのです。

クリックで拡大
土は上から被せたのか、
削って入れ替えたのかはわからないのですけれど、
ちゃんと表面は入れ替わっていましたのです。

クリックで拡大
さらに、狭かった小型犬エリアが、
フェンス延長で広くなっているのです。

このドッグランはなだらかな斜面にあるのですが、
この画像でその斜面具合がわかると思うのです。

クリックで拡大

水場。
これは小型犬用とフリーのほうと、両方にあるのです。

クリックで拡大

小型犬用の奥に、切り株があったのです。
座れるのですが、これ埋まってない、
つまり置いてあるだけなので、寄りかかったり蹴ったりしたらダメです。


クリックで拡大
ちょっとあっちも気になるのです。
小型犬は大型犬の爆走の邪魔になるかもしれないのです。
せっかくのドッグランなので、大型犬にも心置きなく楽しんで欲しいのです。

クリックで拡大
あんまり元気な大型犬がいないっぽいので、
移動してみたのです。
こっちも斜面になっているのです。
中にはさっきの切り株や、ベンチが数箇所設置されていますのです。
一部日陰にならナこともないと思われるのですが、
人工の日避けはないので、体調に注意してくださいなのです。

「ビルマの土は赤い」

赤い土なのです。
これ、雨が降った後とかは
もしかしたら大変なことになるかもしれないので、
それはそれで楽しいや、といういぬは狙って来るといいと思うのです。
もしかしたらどろどろです。どろどーろ。

芦花公園の園内は、
すごくたくさんのウッドチップが使用されているのです。
それをここにも敷いてくれたらいいと思うのです。
でも斜面だから、
すぐに片寄っちゃうかもしれないので難しいのかもしれないのです。
クリックで拡大
さて、ドッグランを出て、ちょっと公園で休憩なのです。
花壇の広場のほうへ行ってみたら、



クリックで拡大
七夕イベントみたいなのやってたのです。
たこやきとかわたあめとかうはーうはー。

いまおなか空いてないのです…
先に言って欲しかったのですがっくし。

クリックで拡大
白いアジサイがいっぱい。

帰りは公園を出て、環八の一本裏を歩いたのです。
クリックで拡大
最近できた、日本でいちばん大きいらしいユニクロなのです。

クリックで拡大
小田急線千歳船橋駅から、下北沢駅まで移動して、


クリックで拡大
北沢川緑道歩いて帰ったのです。
はー。


クリックで拡大
蘆花恒春園ドッグランは一旦閉鎖の後、
改善されてちゃんと帰ってきたのです。

問題点が早期に指摘されて、ちゃんと改善されたのは、
なによりもいいことだと思うのです。


続報ありますこちら。









おまけ。
芦花公園の新しいエリアにて。
クリックで拡大
どうやら、「体を鍛える遊具」らしい。
ぐるぐるぐるぐる回すらしい。





おまけ。
「ぼくのお気に入りカフェが!名前変わってる!がーん」
クリックで拡大
…いや家の近くにある、というだけで、
ごくごくたまにしか行かないのですけれど。
どうやらドラマロケ中らしいのです。







theme:犬との生活
genre:ペット


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
ドッグランランラン
芦花公園のドッグラン、赤土なのは、斜面地で雨による流出の可能性が少ない土ということだそうです。かなり締め固めてあるので、雨のあと、それほどひどくはないようです。ウッドチップは当初敷き均す話もあったそうですが、トゲが危ないということでなくなったそうな。
2007/07/02(Mon) 12:40 | URL  | 通りすがりの者ですが #-[ 編集]--------
それはどこから聞いた話か責任持って詳細よろしく。

というか赤土は単に安いからだろ。

ウッドチップで怪我をするなんて聞いた事がない。
よほど質の悪いウッドチップで検討してたのかな?
雨後の硬い赤土斜面のほうがよっぽど危なくないか?
2007/07/02(Mon) 17:53 | URL  | 同じく通りすがりの者ですが #-[ 編集]--------
斜面地なので水引は良いようで、第一、滑るような雨の日にドッグランで走らせるかな?
2007/07/02(Mon) 19:48 | URL  | 通りすがりの者ですが #-[ 編集]--------
雨後と雨の日の違いを理解して欲しいが。
雨でなかなか思うように遊べなかった、
そんな犬が雨上がりに大喜び。
雨後の時こそ、ドッグランの利用価値はあると思うが。
つまりここは、雨の翌日は
ドッグラン利用禁止ってことだな。
赤土で怪我が起こっても雨上がりに走らせた利用者のせい。

残念だな。
2007/07/03(Tue) 11:39 | URL  | 同じく通りすがりの者ですが #-[ 編集]--------
好きにして下さい
2007/07/04(Wed) 01:26 | URL  | 通りすがりの者ですが #-[ 編集]--------
役人かボラか知らないけれど、関係者が、
赤土使ったことと、
ウッドチップ使ってないことを
自己弁護しにきただけでしょう。
なにせ最初の書き込みは関係者しか知りえない情報ですからね。

質問には全敗北して、あげくに「好きにして下さい」
2007/07/04(Wed) 12:18 | URL  | ken #-[ 編集]--------
ウッドチップの件は、オープン時にあったウッドチップの山がどうなったか、関係者に聞いただけ。気入らなければ使わなければいい。
自分をはじめ、多くの人達が良い公園になったと思って使っているので、後は、2チャンネルで文句を言い合えばいい。最初から勝負などしていません。
どうしても気入らなければ、管理しているボランティア団体に入り、積極的に変えていくのはどうですか?陰口言ってても変わりませんよ。
これ以上書きません。さようなら。
2007/07/05(Thu) 13:05 | URL  | 通りすがりの者ですが #-[ 編集]--------
んー?
ここで、誰かと誰かが勝負してたのですか?



えーとですね、
「百聞は一見に如かず」
ということで、
とりあえず行ってきましたのです。
http://kuddy.blog83.fc2.com/blog-entry-225.html

これはこれで楽しいや、と思えば、
それはそれでいいんじゃないでしょうか、
と思うのです。

だいたい素人やいぬの考えでは、
「斜面地にウッドチップの固定」
ってのはなんだか難しそうなのです。
他所の斜面地のドッグランは、
その辺の技術はどうしてるんでしょうね。
2007/07/07(Sat) 01:01 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。