INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
クリックで拡大

きょうは世田谷公園で夜の散歩なのです。

でもそれとは別に、
世田谷公園からみえる、とある風景の話をしようと思うのです。









世田谷公園の北側に沿う道があるのです。

地図で言うと、これなのです。


このまっすぐの道から都心方向を見ると、
遠くにどーんとでっかいビルが見えるのです。

クリックで拡大
夜景で見るとこんな感じなのです。
(写真は全て、クリックで拡大)

クリックで拡大
わかりやすく矢印してみましたのです。

これはなんなのか、
追求してみたいと思うのです。



お道具として、無料ソフトの「Google Earth」を使ってみようと思うのです。

Google - GoogleEarth

以降の画像はGoogleEarthからあくまで個人のお楽しみで
引っ張り出してきたものなので、
同じものが見たい場合、
楽しいGoogle Earthをダウンロード&インストールして、
ぜひお手元で再現してご利用下さい。
ただし、快適に使うには、もっんのすごくPCスペックを要求されるのです…

ま、それはさておきですね、
クリックで拡大
これがGoogle Earthで見た、上記の場所。
遠くに例のビルが見えるのです。

このまま地表を這って行くのも面倒なので、
クリックで拡大
少し高く飛んでから進むのです。
左手に見えますのが東山公園なのです。

クリックで拡大
で、突き当ってしまうのです…。
そういえばこの道、団地にぶつかって突き当りだったのです。

クリックで拡大
しょうがないから団地も飛び越えるのです。
遠くに例のビルが見えるのです。

クリックで拡大
そのまままっすぐ進むのです。
下をななめに走る緑の帯は目黒川。

西郷山公園上空を通過するのです。
正面に例のビルがあるのです。

そしてまっすぐビルへ到着。
クリックで拡大

…到着したのはいいのですが、ふもとすぎるのです。
少しカメラを引いてみるのです。

クリックで拡大

というわけで例のビル、正解は六本木ヒルズなのでした。


Wikipedia - 六本木ヒルズ
六本木ヒルズ公式サイト


・この世田谷公園の前の道が偶然、
 まっすぐ六本木ヒルズ方向に向いていた。
・間が目黒川の谷なので、遮るものがほとんどない。
・世田谷公園のある場所は、
 東公園があるぐらいで結構標高が高い。
・というか六本木ヒルズがそもそもでかい。

という理由が重なり、
このようなところから偶然見えることになったみたいなのです。


「道が偶然にも、六本木ヒルズへ一直線」の具合は、地図で見ると


こんな感じ。




・・・と、長々検証してきたのですが、
こんな手間をかけなくても、実は明るい時に来て見れば、

クリックで拡大

「あ、あれは六本木ヒルズだな」と一目瞭然なのです。


クリックで拡大
六本木ヒルズ屋上ヘリポートから世田谷公園方面を望む。
丹沢がきれいなのです。
3Dグラフィックですけれど。

クリックで拡大
世田谷公園と東山公園はこんな位置関係。(右が北)
左下の妙な部分は現在工事中のところなのです。





さて、GoogleEarthで遊ぶのはこれぐらいにしてですね、
きょうの世田谷公園の夜はといえばですね、
クリックで拡大
個人開催の花火大会のシーズンがやってきたのです。
そういえば夏休みなのかもしれないのです。

クリックで拡大
でもこの公園、
なぜみんな、街頭の下などの明るいところで
花火やるのか疑問なのです。

それは楽しさ半減だと思うのです。



ちなみに世田谷三大タワーのひとつ、キャロットタワーは、

クリックで拡大
世田谷公園の山から見えるのです。















theme:東京23区
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。