INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
画像クリックで拡大

世田谷公園にすんごい人が集まってるのです。

きょうは世田谷公園花火大会なのです。











画像クリックで拡大

ほんとうは昼間も出かける予定があったのです。
でも暑過ぎて無理だったのです。
35度のアスファルトなんて、チワワのぼくにはちょっと辛いのです。

明日に順延してみるのです。


画像クリックで拡大
PM6時。
少しはマシになったはずなのです。
出かけるのです。
でもきっとまだ30度ぐらいはあるのです。

画像クリックで拡大

世田谷公園には既に、
すごいたくさんの自転車がやってきていたのです。
これからどんどん増えるはずなのです。

画像クリックで拡大

そんな中、仲間と健闘を称えあうのです。

いつもの噴水周りがメイン会場なのです。
始まるまでまだ数十分あるのですけれど、
画像クリックで拡大
もう結構な人なのです。
一応、公式サイトらしきものもあるのです。

世田谷区HP - 第37回世田谷地域子供花火大会(太子堂出張所)

お子様連れの場合、「参加(後述)」するためには、
少々早めに来て、参加券を受け取ってください。

ちなみにいぬにはもらえないのです。

画像クリックで拡大
チバヒロジ一味と遭遇したのです。
みんなで健闘を称えあうのです。

世田谷公園花火大会は、ちっちゃな花火大会ですけれど、
ある意味迫力があるのです。
なんたって打ち上げ地点が、
画像クリックで拡大
ここなのです。
ぼくたちは画像左手の山の上に登るのです。

画像クリックで拡大
山から見下ろした噴水周りなのです。
手前の芝生斜面あたりが打ち上げ地点。

どこぞや議員とかの挨拶が延々と続いているのです。
その間にも人はどんどん増えてくるのです。

この山の上は基本的に
「そこから見ててもいいけど、火の粉が降ってきたら自主避難してね」
というスポットなので注意が必要なのです。
とかいってるうちにカウントダウンが始まりまして、
画像クリックで拡大

どーん。

画像クリックで拡大
「ほんとうにさっきの場所から打ち上げている」
「客席と発射場所との距離感の再確認」
のための画像なのです。

「見方によってはかなりスリリングで、
 ある意味危険イベント」


なの、わかっていただけましたでしょうか?
これでももう三十数回やっている、伝統のイベントなのです。

画像クリックで拡大
7時からスタートして、
しばらくはしょぼしょぼと、打ち上げ花火が放たれるのです。


画像クリックで拡大
その後、「子供花火」に移るのです。

前述の引換券で子供さんがたは手持ち花火がもらえるのです。
それを噴水に向けて一斉に放つのです。
画像だけ見るとなかなかに神秘的な美しい風景なのです。
ちなみに子供はこれをやると、お土産ももらえるそうなのです。
いぬにはくれないのです。

この子供噴水花火が、数回入れ替えで行われるのです。
今年は五回。
毎回仕切ってるおじさんが必死で大変そうなのです。

で、それが終わるのが8時前。
8時が近付くとですね、
画像クリックで拡大
また打ち上げ花火の時間になるのです。

画像クリックで拡大
本日は風が不規則で、
山の上に火の粉が降ってきたかと思えば、
客席のほうに降ってるらしく、下界がパニックになっていたり、
例年のお約束として数発、打ち上げ場所で暴発したりと、
なかなかにスリリングだったのです。

画像左下にはキャロットタワー。

そして〆にはささやかながら、
画像クリックで拡大
いわゆるナイアガラもやるのです。

ただしぼくたちの山の上からは、
滝を見下ろす形になっているのです。
これもなかなかできない体験なのです。

画像クリックで拡大

都合一時間の、短い夢見る世田谷公園なのでした。



その後、毎年同時期開催の、
下馬の盆踊りをのぞきにいくのです。

こどものひろば公園
場所は世田谷公園すぐそばのここ。

世田谷公園花火大会の最中も、
ここからの盆踊り太鼓の音が聞こえてくるのです。

画像クリックで拡大
ちゃんと櫓も組んで、楽しそうなのです。

ただし着いた時かかってた曲は「きよしのズンドコ節」で、
それは少々風情に欠けるのです。

画像クリックで拡大
屋台も数軒出てくるのです。


そんな花火大会の間、ぼくはといえば、
画像クリックで拡大

山の上で、ともだち犬と遊んでたりして。
花火なんか見ちゃいないのです。


たのしかったのです。










theme:東京23区
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。