INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
画像クリックで拡大

秋を求めて、多摩のほうへ行ってきたのです。

多摩は春以来、夏は暑くて長い散歩は難しかったのです。
だからきょうはリハビリを兼ねて、
簡単なコースを考えて、
秋の多摩の猛烈に開発が進んでいるあたりを歩いてみたのです。

( きょうの記事は長いです。)








ぼくの住んでいる世田谷からは、京王線に乗るのです。

画像クリックで拡大

やってきました若葉台駅なのです。
駅の向こうのほうがなんだかにぎやかな気がするのですけれど、
あえて南口に降り立ってみたのです。

ここから、すごく最近できた小田急線の駅「はるひ野」を目指すのです。

じゃあ最初から小田急に乗ればいいんじゃない?とも思うのです。
でもぼくのうちからは京王のほうが便利だったので、
小田急のほうが便利な人は、小田急に乗ってくださいなのです。
きょうのコースは周回コースなので、
小田急はるひ野駅スタート&ゴールでも大丈夫なのです。

画像クリックで拡大
はるひ野駅周辺は、まだまだ開発をはじめたばっかりなのです。
だから案内看板もこんなにテキトーなのです。

なにせコンビニひとつないのです。
どのくらいなにもないかと言いますとですね、
GoogleMapの衛星写真では

拡大地図を表示

道もないぐらいなのです。

ただこの画像は少し古くって、実際はもう道ぐらいはあって、
この地図の中心のあたりが下の画像なのです。

画像クリックで拡大
ここは駅前一等地の、「ショッピングモール予定地」だそうです。
これとか、マンションぽいのとか、
どんどん作っている最中なのです。

画像クリックで拡大
はるひ野駅。
屋根の上に風力発電装置が回っているのです。
太陽電池と風力発電を利用した、環境配慮の駅なのだそうです。
いまはまだ多摩の風に吹かれているあれが、
そのうちマンションのビル風で回るのかもしれないのです。

このはるひ野駅、小田急全70駅中、
下から二番目に乗降客が少ないのだそうです。
(最下位は足柄駅)
これからマンションが増えると、どんどん人も増えるのだと思うのです。


そんなはるひ野駅前に、ほんとうに唯一のファーストフード店、
それがよりによって、

画像クリックで拡大
通称で言いますところの、

「犬カフェ」

なのです。


画像クリックで拡大
簡単に言いますと、
フレッシュネスバーガーとこのマンションの親企業とで運営している、
「犬オッケーのフレッシュネスバーガー」なのです。
マンションのサイトはこちら。

Toutou-Jardin[トゥトゥジャルダン] はるひ野

ここ、はるひ野がFreshness Dog Cafe一号店、
横浜ベイクォーターに二号店があるのです。

Freshness Dog Cafe  はるひ野店

隣、というか店内が繋がって、ペットグッズショップもあるのです。

evoldog  はるひ野店

画像クリックで拡大

本日はハロウィーンキャンペーンをやっていたのです。
「ワンと鳴いたらなんかくれる」と言われたのですけれど、
日常、ほとんど鳴くことがないぼくなのです…。

なので、違う芸をして、おやつもらったのです。
ラッキーなのです。

画像クリックで拡大
基本はフレッシュネスバーガーのはずなのですけれど、
「カフェ」というだけあってメニューはちょっと違っているのです。
ハンバーガー類はなくって、パニーニとか。
それもたくさん芋がついてくるのです。

画像クリックで拡大
チャイもでっかかったのです。
カフェだから茶をたくさん飲め、なのですたぶん。

画像クリックで拡大
これはぼくの。
犬メニューのヤギミルクかぼちゃプリン。
ぼくにはちょうどいいのですけれど、
これ一粒が大型犬の鼻の穴ぐらいの大きさなので、
おおきいいぬはもっと違うものねだってくださいなのです。


画像クリックで拡大
店の裏、マンション敷地内にはドッグランもあるのです。
マンション居住者、上記店舗利用者が利用していいそうなのです。
マーキングは禁止です。

ぼくは先を急ぐので、ここで遊んでいる時間はないのです。
さらばはるひ野、駅を利用しなくてごめんなのです。


画像クリックで拡大
駅からしばらく歩くと、案内標識を見つけたのです。
本当はもっとはるひ野の奥の、
黒川よこみね緑地から上がろうと思っていたのですけれど、
せっかく標識があったのだから、
ここでもいいかな、と思うのです。

画像クリックで拡大
さらばはるひ野なのです。
県境の山へ入っていくのです。

画像クリックで拡大
よこやまの道は楽しいのです。

でもきょうはちょっとだけしか歩かないらしいのです。
ちぇー、です。

( ぼくのよこやまの道走破記録はこちら。


画像クリックで拡大
で、秋にはまだちょっと早かったのです。

やっぱり人気のハイキングコースらしく、
ちらほらと人とすれ違うのです。

画像クリックで拡大
多摩東公園へ繋がってる橋。
一般的によこやまの道を走破する場合、
あの橋を越えてこっちへやってくるのが「スタート地点」になるのです。

画像クリックで拡大
でもきょうは橋を見下ろしながら、
上に続く公園を通って、
道路に出てしまうのです。
地図で見ると

View Larger Map

こんな感じで、左下から真ん中の橋を渡って、
右上の、
水道タンク(衛星写真に切り替えるとわかります)と電波塔のあたりを
目指すのです。

画像クリックで拡大
電波塔と二基の水道タンクを目指して歩いて、
そこにある階段を登ったら、

画像クリックで拡大
見晴らしがよかったのです。

ここはなんたってその名も「みはらし緑地」
稲城市の最標高地点でもあるそうなのです。
そんな高いところだから水道タンクがあって、
ここから各家庭へだーっと水を落としているのかもしれないのです。

みはらし緑地 - アズネット多摩

うちのデジカメでは見えないのですけれど、
遠くあっちに新宿副都心が見えるのです。
360度近くの眺望がありまして、
隠れた夜景スポットとしても有名なのだそうです。
遮るものがあまりないので、アマチュア無線愛好家の
屋外交信の場所にも使われているらしく、
きょうも無線機抱えて交信中のひとがいたのです。


ここ、天気がよければ横浜ランドマークタワー、
よみうりランドや港北ニュータウンのセンター北駅の観覧車、
そして富士山まで見えるらしいのです。

画像クリックで拡大

…でも曇りなのです。
がっかりなのです。
ぼくが多摩に来るときは、必ず富士山が見えないのです。

画像クリックで拡大
すべり台もあったのです。
でも犬は滑っていいのかわからないのです。

画像クリックで拡大
だから芝の斜面を、自力で上下するのです。


このみはらし緑地から下へ降りる道は
よくわからないのです。
車道や、人専用の階段を適当に下るのです。
目印はこれ、
画像クリックで拡大
四つ上の画像にあった、
なんだか日本とは思えないような建物。
これの前に出て、
周囲をぐるっと回るような遊歩道に入ればオッケーです。

画像クリックで拡大
正面に回ると、実は小学校なんですけど。


画像クリックで拡大
あとは遊歩道に誘導されながら、
だらだらっと流されていくのです。
そうすれば自然に、

画像クリックで拡大
公園に着いたのです。

若葉台公園 - 稲城市ホームページ
若葉台公園 - アズネット多摩

ここ、地図によっては「稲城第三公園」「稲城第四公園」と
書いてある場合もあるので注意なのです。

ぱーっと開放感がある公園なのです。
逆に言えば木陰は少ないので夏は注意なのです。

画像クリックで拡大
トイレはあります。
管理等のところに軽食コーナーっぽいのがあって、
食べ物があるのです。
ここ、外の席もあるので犬オッケーだと思うのです。

画像クリックで拡大
野球場の隣の多目的広場のほうでは、
天気のいい日は焼いて食うぜ!な人たちが
まさに焼いて食っているのです。
直火は禁止らしいのです。

画像クリックで拡大
ぼくは芝生があればそれでいいのです。
とりあえず走るのです。

画像クリックで拡大
さて、公園の一角、谷の底に、池が見えるのです。
とりあえずあそこへ行くのです。


この公園の地下は、貯水できるようになっていまして、
雨水などを蓄えて、あの池に流しているのだそうです。

画像クリックで拡大
その水が出ているところ。

たとえ人工でも、これと流れ込む池が、
ここから続く上谷戸川のスタート地点、最源流になるのです。
チワワ、源流地帯に足を踏み入れたのです。

川を少しだけ下ってみたのです。


画像クリックで拡大

これで公園の池から、ほんの数メートル付近。



拡大地図を表示
若葉台公園をちょっと離れただけで、
なんだかいい感じになっているのです。


画像クリックで拡大

小規模な棚田と言ってもいい田んぼ。
秋が始まっている柿の木。


画像クリックで拡大

予想していなかった風景なので、
ちょっと得した気分なのです。


画像クリックで拡大

上のほうからも見てみるのです。
田んぼは私有地なので、畦道とかはいっちゃダメなのです。


画像クリックで拡大

ぼくはこれを見たのは初めてかもしれないのです。


画像クリックで拡大

このまま川を下っていくこともできるらしいのです。
でもきょうはそっちへは行かないのだそうです。
ちぇー、です。


画像クリックで拡大

若葉台公園から若葉台駅までは、
広い広い歩行者&自転車の道がずっと続いているのです。
両側はまだまだ開発予定地。


画像クリックで拡大

駅近くなると、商業施設がたくさんあるのです。

ホームセンターのユニディは、犬カートがあったのです。
犬が入ってオッケーらしいのです。

ユニディ若葉台店

おやつ買ってもらって、
あとは駅までもうすぐそこなのです。

画像クリックで拡大

若葉台駅(はるひ野駅)からぐるっと周回コース。


きょうの多摩は涼しいというよりもう少し、肌寒かったのです。
でもそのぐらいのほうが、歩く散歩にはちょうどいいのです。

秋になって、また多摩の散策が楽しい季節になったのです。






きょうのコース。
(+-で拡大縮小。地図タイトルクリックで詳細地図へ)









おまけその1。
画像クリックで拡大
稲を架けて干してるこれ、
地方ごとに形状が違っていて面白いのですよ。
日本中にどのくらいの形状種類があるのかはわからない。

これを脳内辞書では「稲架場(はさば)」と呼ぶのだけれど、
「はさば」って呼び方はもしかしてローカル用語?
検索すると故郷方面のものばかりヒットするのですが・・・。

竹で作り、高々と何段にも積み上げるような形状のはさばに
学校帰りに登っては、田んぼの人に怒られたもので。







おまけその2。
はるひ野駅ものすごく近く。
前出のよこやまの道への標識のあるあたり。

この辺は多摩市と稲城市と川崎市がせめぎ合う場所。
というか海を持ってる川崎市が、いくら細長い形状だからって、
こんなところまで川崎市なのか!と驚くのですが。
画像クリックで拡大
・・・なんですと?

というかですよ、
いかに「小田急下からナンバー2のはるひ野駅」とはいえ、
駅すぐ近くのこの土地、
どんどん高くなる土地だと思うのですがしかし大豆さまがすくすくと。

「大豆 津久井」でGoogle検索

どうやら、
・ 津久井あたりで昔から作ってた在来品種。
・ いつから?等の来歴は不明。
・ どうにか特産品として売り出していこうとしているらしい。
・ この畑は納豆メーカーとの契約栽培

地場産業というか歴史あるローカル名産品は応援したいがしかし、
納豆は食べないので、豆腐にしてください。









theme:東京・多摩地域
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
待ってました!
こんにちは。多摩センターに住むM.シュナウザー(その飼い主)です。行ってみたいと思っていたはるひ野のドッグカフェ情報、そして若葉台のお散歩、楽しく読ませていただきました。湧き水とか、源流とか、興味をそそられますよね。鶴見川の源流は、去年見に行きました。車でしたが、停めるところはありませんでした。水がいっぱい湧いてましたー。
2007/10/15(Mon) 23:36 | URL  | ruru #-[ 編集]--------
待たれましたのです。
今日のコースは周回コースなので、
若葉台公園やみはらし緑地の
駐車場からでもスタートできるのです。

ああ夢の鶴見川の源流。
そこへは、
唐木田から歩いていくコースを狙っているのです。
けれどその手前の道が
「道幅が狭いけど交通量が多い」
という危険な噂なのと、
「実は源流広場のさらに奥に
”源源流”と呼ばれる場所があるらしい」
という未確認情報の裏が取れてないので
まだ行ってないのです。

きょうのオススメはみはらし緑地です。
広くはないですけれど爽快です。
たぶん夜景もきれいだと思うのです。
水道タンクの向かいぐらいに、
舗装してないけれど駐車場、みたいな
場所があるのでお車はそこへ。
(画像にある階段の下になります。)
2007/10/15(Mon) 23:54 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
多摩の秋
今回も沢山歩いた一日でしたね!
若葉台はこれからどんどん変化する町ですものね。
近くに住んでいても、知らない事が沢山です(*^_^*)
クドさんを見習って町歩きしようかな?なんて思っています。
2007/10/16(Tue) 17:33 | URL  | まこたくママ #-[ 編集]--------
多摩も秋。
秋なのです。
町を歩くにはいいシーズンだと思うのです。
歩きやすい靴と、いぬの水とおやつ。あとは地図。
最近のコンビニエンスストアには、
店の外に
「犬繋ぎ」が設置されているところもあるので便利なのです。

そちらのほうが、ぼくが住むあたりよりも
歩道が広いし、
住宅地を抜ける歩行者専用道路があったりして、
町歩きとしてはかなり歩きやすいのです。
いいなぁ、と思うのです。
2007/10/16(Tue) 20:48 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
犬と電車
こんばんは。(今は夜) 駐車場のことまで教えていただき、ありがとうございます! 電車であちこち行きたいのですが、ミニチュアとはいえ、シュナウザーは重いのです。7キロあります。バッグもそれなりに大きいものになります。なので、まだ電車に乗ったことはありません。その点チワワはgoodですね。それにしても、ホント男前!
2007/10/18(Thu) 21:02 | URL  | ruru #-[ 編集]--------
シュナウザーはがっちりしているのです。
ぼくのおともだちのごんざえもん嬢は、
10kg前後だったと思うのですが、
http://kuddy.blog83.fc2.com/blog-entry-210.html
かばんに入って移動しているのです。

ごんざえもん嬢がどこのかばんだったかは
よく覚えていないのですが、
http://www.amazon.co.jp/UNITED-PETS-%E3%83%89%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B000FQR1G0
15kgとかおっけーなカバンもあるのです。

「人が重くてやってられない」?
大丈夫なのです。
http://www.petoffice.co.jp/cargo/ipp/dir/dir.cgi?PH=40g1pet_voyages&dire=carry/pet_voyage
http://www.rakuten.co.jp/ashu/572679/650167/
http://store.yahoo.co.jp/wins/petcarry.html
上二つは7kgまで推奨ですけれど、
一番下のは10kgまでオッケーなのです。
これらに類似した商品はもっとあると思うのです。
「キャリーバッグ」+「3WAY」で検索を。

疲れたらゴロゴロ移動できるのです。
2007/10/18(Thu) 23:40 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
いや違うかも
ごんざえもん嬢は確か、

http://www.maruishi-cycle.com/frackers/pet/frptu/index.html
これが14kgまでオッケーで、
これに乗るためにはあと○百gしか太ってはならないとか、
そんな話をしていた覚えが・・・
だから10kg前後というか・・・

いやでもしかし、
ごんざえもん嬢は最近痩せたのです。



あとですね、
上に挙げたようなキャリーバッグで寝てる
シュナウザー見つけたのです。
http://blog.goo.ne.jp/hide1931/e/323fd0545223fcbaa552574493dcd353
2007/10/18(Thu) 23:53 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
電車デビューの日
バッグ自体が軽くて、ベルト部分が太いものがあったらいいなと思って探していました。引き続き探してみます。
この秋は、電車デビューできるかな。
ごんざえもん嬢は、渋谷に行っちゃったりする、都会の犬なのですね。かばんに入って、おりこうにしてるのかな。


2007/10/19(Fri) 23:44 | URL  | ruru #-[ 編集]--------
担ぐよ
ぼくんちでは
「なるべく手が自由になる」
を基準に、
リュックタイプを多用していますのです。

その他の荷物は手提げしておいて、
ぼくが降りたリュックカバンに
そのまま詰め込む感じで。
2007/10/20(Sat) 15:11 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。