INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
ぼくは今日も夜の散歩でした。

夜の散歩、
小型犬にはちょっときびしいところもありますのです。

管制塔だ

駒沢公園管制塔と、明るさ勝負中。

で、このような電灯をつけて、注意して”もらう”ようにしています。
んー?これなんだ?なにが言いたいんだ?
と申しますとですね、
きょうはぼくの夜散歩装備の紹介です。








といっても大したモノはないのですけれど。
期待させちゃってすいません。

リード&その他グッズ

まずはこれを。

夜の散歩が多い、ぼくの常用の首輪&リードです。
もっとかわいいのもいっぱいもってるのですけれど、
これが常用セットです。
”かわいらしい愛玩犬”なチワワとして、
この質実剛健さはどうかとも思うのですけど
やっぱりなにより安全と実用第一で、
夜の散歩のアイテムがセレクトされ、
つまりこのセットがいちばん稼働率が高いのです。


首輪は太め(首に食い込まないように)で、
汚れてもさっとざざっと洗えるようなの。

リードはのびーるタイプです。

Flexi Classic

でもオール帯タイプ(テープタイプ)に変えようか思案中です。

Flexi summertime

なぜなら、いま使ってるタイプは途中から
「細いくろいひも」になるので、
夜の闇にはちょっと危険だからです。

関係ないけど、なんか高級そうなのもあるのですね。

エレガンスシリーズ

これ持ってるいぬに会った事ないのです。


あと、カウベルがつけてあるのです。
これはコジマで売ってたの買ってきました。
歩くとカラコロカラコロです。
やまチワワとしてのおしゃれがどうのではなく、
これも、夜道で歩行者とか自転車に
「え?なんの音?ん?なんかいるのか?」
と気がついてもらうためです。

足元でちょこちょこしてる小型犬は、
気がついてもらえないこともあるからないのです。


ついてる電灯はこれです。

100円!

100円ショップで買いました。
世田谷公園ではこれが大流行を通り過ぎて、
夜組の普通の装備になってしまいました。

赤が普通に売ってて、いちばん目立ちます。
青はレアです。探してください。
あと、きいろと緑があるらしいのですが、
レア過ぎてぼくはみつけたことないのです。

最近は白(素のダイオード色)がお気に入り。
でも白はまぶしいのです。かなり。

くらい・・・

夜の公園の小型犬とは、こんな感じなのです。
写真の撮り方や、宵闇になれた肉眼かどうか、
…とかいう違いもあるのですけれど。参考までに。

これは電池が弱ってるとき。ぼくはどこだ?


あかるい!

ここでした。(無理矢理、画像補正)
夜の散歩はぼくたち小型犬にはつらいのです。
というか、
道をあるくほかの人や自転車や車の人にも申し訳ないのです。
びっくりさせちゃったり、
どっちもあぶなかったりするじゃないですか。
なのでなるべく目立とうと、
電灯つけたり鈴つけたり努力しているのです。

ぼくは毛色が(どちらかといえば)白っぽいほうなので、
まだマシなほうなのです。
でも小型犬で、ぼくより黒いいぬなんか、
もう闇の中ではどこいったかわかんなくなっちゃいます。

あ、黒ラブも。
夜のかたまりが走ってきたのかと思います。

黒犬の飼い主さんたちは、工夫してがんばれ。


電池がもうちょっと残ってる時は

くらい・・・

こんなかんじ。
弱った電池はちゃんと交換しましょう。

あかるい!

ちなみにこのベンチ、新聞がひいてあったので、
ぼくは「まぁ座れよ」と誰かに誘われてるのかと思って
なんとなく、とりあえず座ったのでした。
誰もいなかったのですけど。


夜の散歩アイテムでなにかいいものないか調べてたら、
すごいものみつけた…

ピンクプードル おさんぽ天使 パールブルー
ピンクプードル おさんぽ天使 パールブルー

ピンクプードル おさんぽ天使 パールピンク
ピンクプードル おさんぽ天使 パールピンク




うわー、羽だ翼だ。
でもぼくには…これは…似合わないかもしれない…
たぶん、買ってもらえないのです…

山チワワのぼくは、
同じ散歩用品でもたぶんこっちだと思うのです…。


coleman ドッグザイルカラー S 170-6600S
coleman ドッグザイルカラー S 170-6600S




アウトドア用品のコールマンが、
頑丈チワワなぼくにはお似合いですよ…ええ。

負ける気がしない。

電池いっぱいの電気のとき。

ライトアップした駒沢公園の管制塔、
今日はぼくの100円だって負ける気がしないです。








theme:犬との生活
genre:ペット


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。