INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
画像クリックで拡大

きょうは川を下って下って、海へ行ってみたのです。

とてもあたたかい日だったのです。







きょうのコースはこんな感じなのです。



(+-で拡大縮小。地図タイトルクリックで詳細地図へ)
藤沢本町を出発して、
江の島を目指すのです。


田園都市線からは中央林間で、
小田急江ノ島線に乗り換えて、
藤沢本町という駅で降りるのです。
画像クリックで拡大

藤沢はでっかいのに、
藤沢本町はちっちゃいのです。町のくせに、なのです。


画像クリックで拡大

もともと藤沢には宿場町があって、
それがこの駅周辺だから「藤沢本町」らしいのです。
オリジナル藤沢はこっちなのです。



…ん?


画像クリックで拡大

なんだかすごいものがあったのです。

「義経首洗いの井戸」

これは行ってみるのです。


場所はここなのです。

この交番の脇に入っていくと、
小さな公園があるのです。


画像クリックで拡大
あったのです。

なんでもですね、
奥州平泉で討たれた義経の首は、
鎌倉に送られてきて本人確認された後、
海に捨てられたのだそうです。
それからしばらく経った頃、この辺の川に
金色の亀がやってきました。
背中に泥まみれの生首を乗っけています。
なんじゃありゃ?と皆が思ったときに、
近くにいた子供が突然とり憑かれまして言うには

「オレは義経ー。この首、オレー。大事にしろー。」

というわけでみんなで首を回収しまして、
この井戸で洗って、
丁寧に埋葬したそうなのです。


…なにかと無理があるのですがそういうことなのです。

Wikipedia - 源義経


えーと、
義経の首につきましては、
現在の6月頃の暑くて湿っぽい中を、
43日間もかけて鎌倉まで搬送されまして、
なのでよくわかんない状態だった、と言われています。
当時はそれでも晒しものにしたりはせず、
丁寧に埋葬する習慣だったはずなのですが、
それがさらに海に投げ込まれてえーと…

でも、本人が「オレオレ」って言ってるのだから
ここはまぁ信じておくのです。


画像クリックで拡大

ちなみに井戸は浅いのです。

そもそも、元々はここじゃなくちょっと離れた場所にあったのを、
ここに移転させたとかいう噂もありつつ、ですね、


画像クリックで拡大

近くの白旗神社にきてみたのです。
なんだかぴっかぴかの神社なのです。

Wikipedia - 白旗神社(藤沢)
白旗神社 - 藤沢市HP (観光案内)


画像クリックで拡大

ここは元々違う神様だったのですけれど、
いつのまにか義経が祀られるようになったらしいのです。
あちこちに笹竜胆の家紋がついているのです。

でも笹竜胆の家紋も実際は、
義経も頼朝も使ってなかったとも言われているのですけれど、


画像クリックで拡大


みんな義経好きなんですね、ということにしておくのです。

銀杏がきれいなのです。


画像クリックで拡大

境内には慰霊碑みたいなのもあるのです。
でもこの神社の銀杏よりもですね、



画像クリックで拡大

となりの公園の銀杏がきれいだったのです。


画像クリックで拡大

ちょっと広くて楽しいのです。

画像クリックで拡大
あんまり誰もいないのです。
のびのびなのです。

この公園、地図によって「御殿辺公園」「白旗公園」の
両方の表記があるのですけれど、
どっちが正解なのかはよくわからないのです。


画像クリックで拡大
とりあえず走っておくのです。

画像クリックで拡大
地元いぬと交流するのです。

画像クリックで拡大
いい天気なのです。


そもそも本日、天気予報を見ますとですね、
最高気温の予想が、
世田谷よりこっちの地域のほうが
1~2度高いことになっていたのです。

公園を出て、藤沢本町の駅の反対側へ向かうのです。

画像クリックで拡大
すっごい階段なのです。
楽しいのです。

画像クリックで拡大
ここは伊勢山公園というところなのです。
藤沢の第一号公園なのだそうです。

Wikipedia - 伊勢山公園(藤沢)

桜の名所らしいのですけれど、
しかしながらいまは秋なのです。


銀杏を探しに麓へ降りるのです。


画像クリックで拡大
ここは駅からしばらく歩いたところにある、
皇大神宮という神社なのです。

皇大神宮 - 神奈川県神社庁HP
鵠沼皇大神宮 -藤沢市HP(観光案内)

もう千年以上もここにある神社で、
烏森神社とも言うらしいのです。
いぬは入れないのです。

そんなことよりもです。

噂に聞いてきた銀杏が…
あんまりきれいじゃないのです。

鳥居両脇にあるムースポッキーみたいなのが
銀杏なのです…。

すぐとなりの烏森公園の銀杏はとてもきれいだったのです。
でもこの神社を目指すのに、あえて通り過ぎてきてしまったのです。
がっかりなのです。


画像クリックで拡大
すぐ近くの、こちらも銀杏が噂のお寺なのです。
その名も「鵠沼山万福寺」。

画像クリックで拡大

…こっちもちょっと早かったみたいなのです。


画像クリックで拡大

空はきれいなのです。


画像クリックで拡大

季節が相手ではしょうがないのです。

お昼なので、ごはんをさがしにいくのです。


画像クリックで拡大
引地川を渡った先に、でっかいショッピングモールがあるのです。

Mr,Max 湘南藤沢店

いろんなお店が入っているのです。

画像クリックで拡大
メインテナントのホームセンター・ミスターマックスは
犬カートがあるのです。
なんか買ってもらうのです。

人間用の食べ物屋もたくさんあります。
フードコートは一部テラス席があって、
そこになら、いぬが居ても大丈夫そうなのです。


このでっかいでっかいショッピングモールのすぐ横には、
もうひとつショッピングモールがあるのです。
画像クリックで拡大

湘南モールフィル(公式)
Wikipedia - 湘南モールフィル

こっちのほうが少し落ち着いた感じなのです。
両者の間に連絡通路とかはないのです。

こっちは、かばんに入った犬なら多分オッケーらしく、
あとペットフォレストが入っていて、
大型犬とか用の「お店直結専用通路」があるのです。


画像クリックで拡大

ちょっと休憩するのです。


画像クリックで拡大

引地川も秋っぽいのです。

Wikipedia - 引地川

ぼくも行ったことがある(未掲載)「泉の森」という公園を源流にして、
途中、大庭城とか引地川親水公園とかを通って、
相模湾まで流れている川なのです。


これを、下ろうと思うのです。

画像クリックで拡大
川の両側になんとなく歩道があって、
歩きやすいのです。


画像クリックで拡大

ただし、あんまり変化はないのです。
だらだらと、どこまでも歩くのです。


変化を求めて寄り道するのです。
画像クリックで拡大
広い公園があったのです。

長久保都市緑化公園 - 藤沢市HP

きれいに整備された、庭園っぽい公園なのです。

画像クリックで拡大
池もあり、築山もあり、池や流れもあるのです。
公園の木々も紅葉していてきれいなのです。

そしてここにはですね、

画像クリックで拡大

ヨーロッパ風の庭園迷路があるのです。
規模は大きくはないし、「庭園迷路風」なのですけれど、
これは楽しそうなのです。

画像クリックで拡大

ぼくにまかせるのです。


画像クリックで拡大

…ちょっとわからなくなってきたのです。


画像クリックで拡大

…たぶん…こっちなのです。


画像クリックで拡大

無事、外界に出る事に成功したのです。



画像クリックで拡大

寄り道したので、急いで川を下るのです。



画像クリックで拡大

134号線を陸橋で越えて、


画像クリックで拡大
公園に入って、
あの太陽を目指すのです。


画像クリックで拡大

そこが河口なのです。
引地川、これにて終了なのです。


そして海なのです。


画像クリックで拡大

「江の島も見えてきた」なのです。

湘南海岸公園 - 財団法人神奈川公園協会
神奈川公園協会 花と緑の情報サイト

江の島、サーファーの群れ、
夕日、夕日を撮ってる人なのです。


画像クリックで拡大

波間にものすごくたくさんの、波乗りの人がいるのです。
きょうは暖かいし、夕方だし、なのです。


画像クリックで拡大

ぼくは地元いぬとあそぶのです。


画像クリックで拡大

だんだん日が沈んできたのです。
日が沈んだら寒くなりそうなのです。
だって12月なのです。



画像クリックで拡大
ちょっと休憩して、先を急ぐのです。


画像クリックで拡大

やっと江の島近くまで来たのです。
ここまで来れば一安心なのです。

だから、


画像クリックで拡大

砂浜で遊ぶのです。

画像クリックで拡大

とりあえず、なんの目標もなく、でも走るのです。


画像クリックで拡大

全力疾走してみるのです。
ごー。


画像クリックで拡大

でもぼくは海はキライなのです。


画像クリックで拡大

波打ち際には近付きたくないのです。


画像クリックで拡大

もうすぐ日が沈むのです。
だから、もう帰るよって言われたのです。
ちょっとがっかりなのです。


画像クリックで拡大

夕日、それと富士山。

みんな、夕日を見ているのです。


画像クリックで拡大

沈んじゃったのです。

きょうという日はもうおしまい、って感じなのです。


画像クリックで拡大

ぼくのきょうの旅もおしまいなのです。

片瀬江の島駅から電車に乗って、帰るのです。



画像クリックで拡大

きょうは藤沢から海まで、引地川を歩いたのです。

銀杏をいっぱいみたのです。


また来るのです。










おまけその1。
藤沢本町駅に近い、とある町内会館。
画像クリックで拡大

ただの町内会館じゃない。
ビルの中に神社が丸々入っている。

見難いですが、
入り口の向こうに、紅白の鈴を鳴らす紐が。



おまけその2。
画像クリックで拡大

うん、ぶーぶーには免許が必要だ。




おまけその3。
万福寺側の町内会館前にあった石碑。首塚。
画像クリックで拡大

これが一体なんの「首塚」なのかわからない。
字は読み難いし、Web上にも資料なし。
なんだこれは。


場所はここ。




おまけその4。
湘南海岸公園の端っこにある記念碑。
画像クリックで拡大
これは、中華人民共和国の国家を作曲した人の記念碑。

Wikipedia - 聶耳

藤沢市HP - 中国人民共和国国家の作曲者聶耳

「(時節柄、)日本政府に暗殺された」説を言い出す人もいるけれど、
実際のところはこの海岸で泳いでて溺れただけ。




おまけその5。
引地川にて。
画像クリックで拡大

リーダーはウミウ。
そしてずらりと並ぶカモメ小隊。














theme:湘南・鎌倉
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
夕日がキレイ
素敵な写真がいっぱいですね。
私が前に江ノ島に行ったときも、夕日がとてもキレイでした。
ところで、多摩センターの銀杏はもう真っ黄色で、ほとんど散ってしまった木も…。やっぱり多摩は寒いんだぁ。冬の積雪量も都内に比べるとかなり多いですよ。今年は降るかな。
2007/12/04(Tue) 00:14 | URL  | ruru #-[ 編集]--------
烏山公園では真っ盛りで、
となりの、
烏山神社(皇太神宮)では青々。


そんな感じで、
日当たりとか以外の要素で、
木の年齢なんかも
関係あるのかもしれないのです。
多摩センターあたりの樹は
ある時期いっせいに植えた同い年が
多いのかもしれないのです。
2007/12/04(Tue) 23:47 | URL  | kuddy #D2xI14F.[ 編集]--------
なるほど
前にクドさんが写真を撮っていた、ベネッセ横の広場の銀杏、並んでいるのに一方は丸坊主、一方は真っ黄色だったりして、雄の木と雌の木でちがうのかなぁなんて、思ってたんですが。確かめてはいないんですけど。樹齢はきっと一緒だし。ともあれ、キレイです。いい季節だなぁ。
2007/12/05(Wed) 08:15 | URL  | ruru #-[ 編集]--------
土壌成分とかも聞きますけれど
あとですね、
日常的な日当たりは
とても関係すると思います。

どっちかの列が日陰気味とか。
2007/12/05(Wed) 21:53 | URL  | kuddy #D2xI14F.[ 編集]--------
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。