INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
画像クリックで拡大

きょうは自由が丘行ってきたのです。
でもここは駒沢公園なのです。
あれー?なのです。









きょうは人の用事で、自由が丘に行くのです。
でもそれだけじゃぼくは不満なのです。
だから、東急大井町線のひとつとなりの駅、
九品仏駅で降りるのです。

画像クリックで拡大

九品仏の駅のすぐ近くには、九品仏浄真寺というお寺があるのです。



場所はここなのです。
ここは立派なお寺なのです。

画像クリックで拡大
門もでっかいのです。
もともとここには奥沢城というお城があったらしいのですけれど、
いまは土塁ぐらいしか残っていないのです。
残っているだけマシともいうのですけれども。

世田谷区の花の鷺草をみることができる、鷺草園もあるのです。
あ、でも冬はシーズンオフなのです。

川端造園ブログ (鷺草園および世田谷区あちこちを管理している)
サギ草日記 (川端造園内。浄真寺サギ草園ブログ)


境内にはでっかい銀杏の木とかもあるのですけれど、
世田谷の秋は大方、エンディングテーマが佳境な感じで、
だからもう葉っぱはあんまり残っていないのです。


画像クリックで拡大

なんとなく、寂しい感じがするのです。
左にあるのは閻魔堂。閻魔様&奪衣婆がいるのです。


この九品仏浄真寺のすぐ裏に、公園があってですね、



そこから緑道が、(右下のほうに)自由が丘まで続いているのです。



画像クリックで拡大
お寺の裏のあたりは、
世田谷区の緑道ではここだけかも?なウッドボード張りなのです。
ちい散歩でも出てたのです。
でも自由が丘に近づくと、普通にこんな感じなのです。


画像クリックで拡大

この緑道に標識があったのです。
鷺草の里と書いてあるのです。
浄真寺の奥沢城、それと世田谷の鷺草伝説との
関係だと思うのですけれど、
なぜここに建っているのか、は
よくわからないのですスイマセンなのです。

SOUBOU WALKER - 奥沢 鷺草伝説


画像クリックで拡大

ところできょうは猛烈に寒いのです。
日中10度ないかもしれない、と言っていたのです。
おまけに風があるから余計に寒いのです。
ぼくもぶるぶるしちゃうのです。

おまけにこの緑道は、
すぐに自由が丘に着いちゃうのです。

おまけに緑道は東急の線路にぶつかって、
ぐるっと回らないと続きが歩けないのです。




人の用事は自由が丘。
なのでこれでいいのですけれど、ぼくはちょっと不満なのです。




画像クリックで拡大
なので自由が丘から東急トランセのバスに乗って、
駒沢公園で降りたのです。

すでに戦いの予感、なのです。


画像クリックで拡大
ドッグランへ突入したのです。
この寒い日に、でもいっぱいいるのです。


画像クリックで拡大

きょうはトイプードルが多いのです。
囲まれるのです。


画像クリックで拡大

群れを組織するのです。


画像クリックで拡大

で、モテてもみるのです。


画像クリックで拡大

でもやっぱり寒いのです…。


画像クリックで拡大

あの太陽がおちないうちに、家に帰ろうと思うのです。


画像クリックで拡大

後ろしっぽ引かれる思いでドッグランを後にしつつ、
でも急ぐのです。


画像クリックで拡大

なんだか花が咲いていたのです。

ぼくの飼い主の人は、花の名前にはうといらしいのです。
きれいだとか散ってるだとか、
そんなことぐらいしかわからないらしいのです。

画像クリックで拡大

だからぼくが調査するのです。



画像クリックで拡大

きょうは九品仏と自由が丘、
そして駒沢公園のドッグランにいったのです。

思い出すだけで…寒かったのです。
冬なのです。きょうは冬だったのです!










theme:東京23区
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
はじめまして、、というか、
初めて書き込みというのをしてみました。

時々のぞいて、楽しませてもらっています。
ジャックのビオラといつも一緒に会う、妹の方です。

秋も深まり、とてもきれいですね。
というかもう年末ですね。
季節感たっぷりの写真と、クドさんの話が楽しいです。
2007/12/27(Thu) 21:39 | URL  | ビオラと一緒の‥ #-[ 編集]--------
あ、こんにちはなのです。
御令嬢のことを思い出す度に、
「ビオラ」は楽器のビオラなのだろうから、
本当は「ヴィオラ」と発音すべきなのではないかと
考えているのです。
今度遭った時は、下唇を噛みながら「ヴ」と言おう、と。

「ビオラ」って言うと、
楽器よりこっちを思い出しちゃうのです。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B4%E3%82%B8%E3%83%A9vs%E3%83%93%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86-%E4%B8%89%E7%94%B0%E6%9D%91%E9%82%A6%E5%BD%A6/dp/B000063VTR/ref=pd_bbs_sr_1?ie=UTF8&s=dvd&qid=1198855971&sr=8-1


ところでビオラ嬢は相変わらず
どばーんとずばーんとノリノリで
走り回っているのでしょうか。
2007/12/29(Sat) 00:36 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。