INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





あけました。おめでたかったのです。
世田谷在住のチワワのクドさんです。
画像クリックで拡大

今年も初詣に行ってきたのです。

…で、今年もロングウォークで初詣のハシゴなのです。








画像クリックで拡大 
元旦は寝ていたのです。
午前中の暖かい日差しの中、寝ていたのです。
でもやっぱり初詣は行こうかな、と思ったのです。


今年のルートはこうなのです。


(+-で拡大縮小。地図タイトルクリックで詳細地図へ。)


画像クリックで拡大 

コースは大体緑道沿いなので、
安心安全に歩いていけるのです。

でも午後になって、ちょっと曇ってきたのです。
寒いのです。

画像クリックで拡大 

三宿神社なのです。
のんびりとした雰囲気なのです。



でも31から1にかけての夜中はですね…

画像クリックで拡大

けっこう並んでいたのです。

画像クリックで拡大

寒い中、町内会からお神酒、
ボーイスカウトさんから甘酒の無料サービスがあったのです。


画像クリックで拡大 

茶沢通りは空いているのです。
お正月の東京は人が少ないのです。


三軒茶屋で初詣、といえばですね、

画像クリックで拡大

やっぱり太子堂八幡神社なのです。


この辺ではここが一番大きな神社なのです。

画像クリックで拡大

それなりに並んでいるのです。
でも流れはスムーズで、待たされたりはしないのです。


画像クリックで拡大

狛犬が、
ちっちゃい狛犬をぎゅーって押さえつけているのです。
ぼくが怒られている時みたいなのです。

また緑道に戻りまして、
「稲荷橋跡」というあたりで横を見ると、

画像クリックで拡大

こんな風に、赤い鳥居が見えるのです。

画像クリックで拡大

ここは若林稲荷
若林三社のうちのひとつなのです。



天祖神社も一緒になっています。
一ヶ所で二つ。お得なのです。


画像クリックで拡大

夜中には、「甘酒サービス」もやってたらしいのです。


ここいらで疲れた人は、
世田谷線の若林駅から帰ってもいいと思うのです。


まだ元気がある人は、緑道をもう少し先へ進むのです。

画像クリックで拡大

次は松陰神社なのです。
最寄り駅は世田谷線の「松陰神社前」なのです。

松陰神社(公式)
Wikipedia - 松陰神社




地図で言うと下のほう、
駅のほうから続く商店街方面から、人が続々とやってくるのです。


画像クリックで拡大

すっごい人なのです。
吉田松陰、大人気なのです。

画像クリックで拡大

行列がずっと続いているのです。


画像クリックで拡大

…でも吉田松陰の御本体、
つまりお墓のほうは、空いていたのです。




日がささなくなった午後、
どんどん寒くなってきているのです。

画像クリックで拡大

急いで次の目的地へ向かうのです。

画像クリックで拡大

でも途中でいぬと遊ぶのです。


画像クリックで拡大

おまけに寄り道。
ここは世田谷城址公園。
次の目的地のとなりにあるのです。

建物なんかは残っていないのです。
でもですね、
「東京二十三区内に残る中世の城跡」としては貴重なのです。

Wikipedia - 世田谷城


画像クリックで拡大


ついたのです。
次の目的地、豪徳寺なのです。

Wikipedia - 豪徳寺




さっきの松陰神社の吉田松陰、
その松陰を安政の大獄で処断した大老、井伊直弼。
そんな彦根藩三十五万石の、井伊家の墓所があるのです。

敵同士が、案外近いところにいるのです。


画像クリックで拡大

でっかいお寺なのです。
(画像は色補正なし。本当にこんな色)

それなりの初詣客がいましたのです。
時間帯が違えばもっと混んでいるかもしれないのです。


豪徳寺といえば招き猫、なのです。

画像クリックで拡大

ほとんどみんな、ここも見物していくのです。
猫だらけなのです。

画像クリックで拡大

お正月だから参道で、招き猫各種サイズや、
世田谷みやげの招き猫最中を売っていましたのです。


画像クリックで拡大

井伊家の墓所が、国指定史跡になるらしいのです。
見学説明会はもう終了しているのです。
がっかりなのです。

画像クリックで拡大

墓所自体はいつでも見学自由なのです。
世田谷区内には、他の寺院にも大名墓所がありますけれど、
ここは確かに規模が大きく、きれいに整備されているのです。

画像クリックで拡大

これが井伊直弼さんのお墓なのです。

Wikipedia - 井伊直弼

吉田松陰も大老様も、お墓になっちゃえばこんなものなのです。




画像クリックで拡大

でも残りのが誰だかわからないのです。

墓石を逐一観察して読むのもどうかと思うので、
これは第何代藩主の誰、という案内板が欲しいのです。

画像クリックで拡大

甘酒100円なのです。
これは去年もやっていたのです。

画像クリックで拡大

この口からは、お線香の煙がもうもうと出ていたのです。


画像クリックで拡大

さて、最後の目的地へ向かうのです。

画像クリックで拡大

豪徳寺の参道は、
こんな高い松の並木で、つい見上げちゃうのです。


最後の目的地は豪徳寺からすぐそこなのです。
宮の坂駅横で世田谷線を渡りましてですね、

画像クリックで拡大

ついたのです。


本日の最終目的地、世田谷八幡宮なのです。

なんたって”世田谷”八幡なのです。
「The 世田谷の神社」なのです。

Wikipedia  - 世田谷八幡宮




さっきの世田谷城の主だった吉良さんが、
この神社をでっかくしたそうなのです。

この吉良さんは、あの忠臣蔵の吉良上野介とは
遠い遠い親戚のいとこの子孫の、というぐらいで、
あんまり関係はないのです。


画像クリックで拡大

ここは並んでいたのです。
もうピークは過ぎただろう、と思っていったのですけれど、
ピーク過ぎでも、神社からはみ出して列は続いていたのです。

だからピーク時にはかなりの行列が予想されるのです。

おまけに寒かったのです。
充分な防寒対策をしていったほうがいいと思うのです。


画像クリックで拡大

本殿まで辿り着いて、
振り返ってもまだこの行列なのです。


あ、でもすっかり日暮れ、みたいに見えますけれど、
まだ五時ぐらいなのです。
ここはえーと、
たこ焼き焼きそば大阪焼焼き鳥わたあめ。
そんな感じの屋台が出ていたのです。


画像クリックで拡大

世田谷線の宮の坂駅から帰るのです。

世田谷線は空いていたのです。



画像クリックで拡大

きょうは恒例、初詣のハシゴをしてきたのです。

たくさん回ればいいというものではないのですけれど、
散歩がてらにたのしかったのです。


あけました。おめでたかったのです。








おまけその1。
画像クリックで拡大

ねこねこ。

画像クリックで拡大

ねこねこ。






おまけその2。
三軒茶屋にて。
画像クリックで拡大

ものすごくお正月っぽいゴミ。







theme:東京23区
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
明けましておめでとうございます
明けましたね~!今年もあんまりやる気ないですが~よろしくです。
昨日も今日も世田谷公園にはほとんど犬もいなかったし、グランドは工事中で恒例の凧上げもできずつまらなかったです。
2008/01/02(Wed) 22:28 | URL  | シンチャン #-[ 編集]--------
初めまして!
世田谷近辺で初詣スポットを探しているときに、この『世田谷スプートニク』に出会いました。
ご当地ネタ満載で、勝手に親近感を感じてます^^)
3日に世田谷八幡に初詣に出かけてきましたが、チワワを見かけると『あっ、クドさんかも!?』となんだかソワソワしてしまいました 笑
これからも、楽しみにしていますね♪
2008/01/04(Fri) 21:55 | URL  | しか #-[ 編集]--------
明けましたね
おめでとうございます★

今年も沢山のお散歩スッポト
楽しみにしてますっ!!

2008/01/05(Sat) 01:43 | URL  | みか #-[ 編集]--------
あけました。おめでたかったのです。
>しんのすけさん

あけましておめでとうございますです。
今年は凧揚げ会場、
やっぱり工事中のままでしたか。
あんな工事、年明けてからやればいいのに、
と思うのです。

年中行事の凧揚げと、人工芝工事と
どっちが大事だと思ってるんですか>世田谷区
2008/01/05(Sat) 23:16 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
あけました。いらっしゃいませなのです。
>しかさま

いらっしゃいませなのです。

ぼくとしてもここは果たして、
いぬブログなのか、
地域情報ブログなのか、
その辺よくわからなくなっているのです。

初詣情報はお役に立てましたでしょうか。
こんな無茶コースを
「よっしゃ自分も」
と思う人もいないでしょうけれど…
2008/01/05(Sat) 23:36 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
あけました。じゃんぼー。
>アフリカ帰りの女さま

いえあのその
ぼくとご近所なので
よくご存知でしょうが、
そうびっくりするような場所は
そうそうないと思うのです。

突然、大公園ができたりもしない
でしょうし、なのです。

でも行ってないところも
まだまだあるのです。
たとえばぼくったら、
あの「ものつくり学校」とか
まだ行ったことないのです。
あの中のカフェはなかなか
趣ありそうで、
行ってみたいとは思うのです。
2008/01/05(Sat) 23:39 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。