INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
画像クリックで拡大

土曜日のきょうは下北沢へ行ってきたのです。
一年ぶりにあの赤い奴と対決に行ってきたのです。










画像クリックで拡大

きょうは北沢川緑道を散歩するらしいのです。
昼間だけれど、寒いのです。
陽差しもないのです。


画像クリックで拡大

でもなんとなく、浮かれ気味に進むのです。


画像クリックで拡大

途中でいぬとも遊ぶのです。
でも子供だったから、手加減してあげるのです。


下北沢に着いたらですね、

画像クリックで拡大

なんだか街が騒然としているのです。

警官隊に消防団。
厳戒態勢なのです。

画像クリックで拡大

お菓子の大月商店なのです。
店頭のおかしが安いのです。


ここには「下北沢文士町文化地図」が置いてある。
前々からこれが欲しかった。


画像クリックで拡大

で、ここで待て、と言われたのです。
むーん、なのです。
ぼくにお菓子は買ってもらえないのに。


画像クリックで拡大

…でもさっきから気になっていることがあるのです。

えーと…

画像クリックで拡大

…あれ、なんとなく見覚えがあるのです。


画像クリックで拡大

たしか去年も…アレを見たような気がするのです…

昨年の様子はこちら。



本日は、「しもきた天狗まつり」なのです。

しもきた天狗まつり The-TENGU-Festival in Shimokitazawa,Tokyo


明治初期からやっているこのおまつり。
ことしもこれを見に来たのです。

えっと…でもですね…
…ぼくはあんまり…これは…


画像クリックで拡大

そうこうしているうちに、どこかで太鼓が鳴り響く音がして、
警視庁消防庁消防団が、
すごい勢いで警護を始めたのです。


画像クリックで拡大

行列がやってきたのです。
ちょっとわくわくするのです。


画像クリックで拡大

行列のスタート地点に近いので、
すごくカメラの人が多いのです。


画像クリックで拡大

いろんな衣装の人が通るのです。
興味津々なのです。



行列の巡回コースはこんな感じなのです。
(祭のパンフレットより製作)

画像クリックで拡大

…えっと、あれは…

あ、あれは…




…み、見たくない、見たくないのです。
なぜか赤いあいつがいやなのです。

なんとなく、こわいのです。


画像クリックで拡大

く、黒いのも来たのです!
これも怖いのです。


そして、




「大天狗自慢カスタム山車(パンフレット表現を転載)」


その名も大天狗面車がやってきたのです。

さっき路上駐車していたのは、こいつなのです。
怖いから、警官隊は取り締まるべきだと思うのです!
路上駐車なのです!


画像クリックで拡大 

見た目が怖い人たちのあとには、
攻撃力があるチームが来たのです。

豆を撒きまくるのです。
撒くというより投げまくっているのです。
痛いぐらい投げ込まれるのです。

ぼくにも豆が当たって、
ぼくはちょっと不機嫌になったのです。
でも豆にあたるといいことがあるらしいのです。


画像クリックで拡大 

外国から来て豆まきなのです。
変わったサンタクロースかと思ったのです。


これだけ撒きまくったので、

画像クリックで拡大 

路上はこうなるのです。


画像クリックで拡大

早速掃除を始める、手打ち麺屋の子供なのです。



商店街の各店の人たち以外にもですね、

画像クリックで拡大

毎年この豆掃除をしてくれるボランティアもいるのです。

greenbird
greenbird 下北沢チーム

みんな「22」番なのです。
でもなにを意味しているのかはわからないのです。



天狗が出かけた隙に、
天狗の本拠地を襲撃するのです。

画像クリックで拡大

天狗が普段住んでいる、下北沢のちょっと裏。
道了尊真竜寺なのです。

天狗の団扇マークが目印なのです。


画像クリックで拡大

きょうは御札とか売っているのです。


画像クリックで拡大

普段来るとこんな感じなのです。
あの御札売り場が、天狗カーのガレージなのです。


画像クリックで拡大

さぁ、しもきた天狗まつりはもういいと思うのです。
通常の下北沢散策に移行するのです。
(天狗、また出ます)


画像クリックで拡大

石丸電気が、年末いっぱいで閉店したのです。
以前は九十九電機、
そのあと同じ系列の石丸だったのですけれど。
下北沢再開発とも関係があるのかもしれないのです。

これで下北沢、
というか世田谷のIT事情がますます悪化するのです。


注・実は世田谷東部は、
ちょっとしたパーツやサプライ品の入手に結構苦労する。
うわーインクが切れた!とか紙が!とかCDRが!とか。


画像クリックで拡大

みずほ銀行裏の空いているところなのです。
ここは天狗道中の、一旦休憩所になるのです。


画像クリックで拡大

ワッフル屋さんなのです。
テラス席はいぬオッケーなのです。

でもきょうは寒いのです…。

画像クリックで拡大

隣のカフェも、
普段はもっと開けっぴろげなのに、
冬は閉めてあるのです。
それくらい、寒いのです。

ここも、テラスと窓際席はいぬオッケーなのです。

NORTH SIDE CAFE



でも、やっぱり浮かれているのです。

画像クリックで拡大

ほら。
よく見るのです。

画像クリックで拡大

「天狗まつりスペシャルメニュー」なのです。


画像クリックで拡大

よその店もなんとなくうかれているのです。
天狗偉大なのです。


画像クリックで拡大

ここのテラスには人がいたのです。
寒くないのかなぁ、と思うのです。


画像クリックで拡大

……。

えっと…。


向こうから、なにか来たのです。



画像クリックで拡大

たくさんの人が歩いてくるのです。

太鼓の音…?


画像クリックで拡大

警官隊、消防隊…。


画像クリックで拡大

僧兵…。

えっともしかしてこれは…なのです。


画像クリックで拡大

行列に再度遭遇したのです。

うわー。


画像クリックで拡大

太鼓隊が、ぜんぜん変わりなく元気なのです。
どんがどんが鳴っているのです。


…あ、えーと…あああああああ。






絶対目を合わせない、合わせない作戦なのです!



画像クリックで拡大

…こ、怖かったのです。


画像クリックで拡大

黒いのも来たのです。
これはわりと怖くないのです。

赤い奴じゃなければいいのです。



画像クリックで拡大

…あ。



画像クリックで拡大

ひー、なのです。


画像クリックで拡大


見ない。見ないフリ。見なかったことにするのです。



そして豆まき隊が、
豆を投げつけながら通り過ぎるのです。

だからテラス席は危険かもしれないのです。
きっと「豆がトッピングされたワッフル」になるのです。

画像クリックで拡大 

そして戦いの跡なのです。



画像クリックで拡大

”なぜか空から降ってきたおいしいもの”を食べまくるいぬ。





あああ、
こんな危険な町はもういいのです。

画像クリックで拡大

緑道走って帰るのです。


画像クリックで拡大

ことしも…怖かったのです。
あの赤いの、けっきょくなんだかわからないけれど
ただひたすら畏怖するのです。


画像クリックで拡大

帰り道にバディに遭遇したのです。
いじめて鬱屈を晴らすのです。


画像クリックで拡大

リリーさんも走ってきたのです。


画像クリックで拡大

うちの近所は”危険じゃない”のです。
地味だけどいいところなのです。

なぜなら、あの赤い奴がいないのです。
安全!



画像クリックで拡大

きょうはしもきた天狗まつりに行ってきたのです。

あの赤い奴は…やっぱり怖かったのです。








おまけ。
下北沢にも、
いぬオッケーのカフェや店が探せばある。
画像クリックで拡大

しかしいぬにはあんまり遭遇しない。
若者率が高いのと、
あまりの人ごみに、
いぬを連れて歩く人が少ないのだろうと思う。

でもそんな人ごみで、
チワワを平気で歩かせてる人がいたりする。
それは怖い。

そんな商店街の、なんでも売ってるキシフォート


どっきりカメラのキシフォート

画像クリックで拡大

ペットも一緒にィヤッホー!
The下北一家。
こどももおとなもキシフォート。













theme:東京23区
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。