INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。世田谷区のチワワのクドさんです。
画像クリックで拡大

よく晴れた土曜日、
「せたがや梅まつり」に行ってきたのです。







毎年恒例のせたがや梅まつりは、
小田急線梅ヶ丘駅すぐそばの、
羽根木公園で開催されているのです。

第31回 せたがや梅まつり

世田谷区HP -  羽根木公園
Wikipedia - 羽根木公園

交通手段としては、

・小田急線で梅ヶ丘駅下車、徒歩すぐ
・京王井の頭線 東松原駅で下車、徒歩で少し
・東急世田谷線 山下駅で下車、
 小田急沿いか緑道をしばらく歩いて梅ヶ丘まで。
・渋谷からバスで、梅ヶ丘駅前まで

など、いろいろあるのです。


駅から会場までのルートは、
この記事の最下段に置いておきますのです。

画像クリックで拡大

ぼくは北沢川緑道を、歩いて行くのです。
北沢川緑道は、主に桜の並木なのです。

北沢川緑道歩いていくコースは、昨年の記事参照


画像クリックで拡大
ここから見えるところ、全部桜なのです。

緑道は、まだまだ春遠いのです。


画像クリックで拡大

四月になるのを待っている桜なのです。
日のあたるところは暖かいのです。


画像クリックで拡大

代沢小学校裏のカエルも、日あたりよさそうなのです。


画像クリックで拡大

最近このカエルのそばの、
緑道沿いの代沢小学校裏に、新しい名所ができたのです。

煉瓦の門が建っているのです。
書いてある住所は
「大田区東矢口二丁目」
…間違っているのです。


画像クリックで拡大

これは、坂口安吾の大田区の家の門なのです。

Wikipedia - 坂口安吾
坂口安吾デジタルミュージアム

じゃあなんでここにあるのですか?といいますとですね、
詳しくは下記のHPでどうぞです。

安吾文学碑 - 代沢小学校HP

略して説明しますとですね、
上のHPや、先日天狗まつりの際に、大月商店でもらった
「下北沢文士町文化地図」によりますとですね、
「安吾は昔、この小学校で先生やってた」らしいのです。

この門は当初、現地で保存されていたのですけれど、
"どうしても取り壊される"ことになった時に、
以下のブログの人とかが尽力して、

東京荏原都市物語資料館
同上 「北沢川文化遺産保存の会」会報 第17号

この門から振り返るとそこにある、
東邦薬品という会社もおかね出してくれて、
昨年12月に、ここ安吾ゆかりの学校敷地に移設したらしいのです。
えらいぞ東邦薬品

東邦薬品HP


画像クリックで拡大


にんげんは、めんどくさいのです
でもそんなにんげんといきるのがぼくなのです

                     くどりゃふか


画像クリックで拡大

茶沢通りを越えても、まだまだ続くのが桜並木なのです。
でも一本だけ違うのが混じっているのです。


画像クリックで拡大

きれいに咲いているのです。
これはきょうの梅まつり、期待できるのです。



実は事前情報により、全く期待していなかったのです。
でもこれを見てしまうとですね、
もしかして、という期待ができるのです。

画像クリックで拡大

さぁがんばって歩くのです。


環七のちょっと手前で、緑道は工事中だったのです。
その辺だけ古いままだったのですけれど、

画像クリックで拡大

どうもこのお寺に合わせた感じに、
きれいになるみたいなのです。

環七脇のこのお寺、
あの遠くに見える本堂は、台東区にあった
秋田藩二十万石の佐竹氏の菩提寺の本堂を、
ここに移築したものらしいのです。
そう思って改めてみると、なかなかいい構えなのです。


画像クリックで拡大

環七をわたって、
いつもの駐車場から緑道に戻るのです。

(この辺のテクニックも、昨年記事参考に)


画像クリックで拡大

遠くに小田急、
ちょうどロマンスカーが通っているのです。
あそこまで行けば、羽根木公園はすぐそこなのです。


画像クリックで拡大

でも相変わらず狭いのです。


画像クリックで拡大

なので、一本隣に並行する道を通るのです。


画像クリックで拡大

緑道はそのまま高架下をくぐって、
羽根木公園のすぐそばを通るのです。
最近梅ヶ丘駅周辺の緑道は、
このくらいきれいに整備されたのです。

だからさっきのあたりも、次ぐらいに整備されるかもしれないのです。

画像クリックで拡大

駅に着いたのです。
でもきょうはちょっと寄り道をするのです。


画像クリックで拡大
商店街へ突入するのです。


略称「がおか(ガオカ)」といえば自由が丘。
おしゃれでお高い街、自由ヶ丘。


でも、梅ヶ丘だって「がおか」なのです。


ちゃんと、自由ヶ丘にも負けないものがあるのです。
それは、ケーキ屋さん。
スイーツですスイーツ。


(梅ヶ丘ケーキ屋地図も、当記事最下段にあります)


画像クリックで拡大

ここは「SIEGES KRANZ」
ドイツ洋菓子らしいのですけれど、
シュークリームと「釜チーズケーキ」で有名なのです。

ジーゲスクランツ - 食べログ.com


画像クリックで拡大

南口正面にある、アルパジョン
こっちはたくさんのケーキとシュークリーム。

アルパジョン - 食べログ.com


画像クリックで拡大

駅構内を通過して、北口のロータリーにはですね、


画像クリックで拡大

カワムラ洋菓子店があるのです。

喫茶コーナー併設なのです。
イートインやカフェではなく、
喫茶コーナーと言ったほうがしっくりくる、
あくまで洋菓子店なのです。

カワムラ洋菓子店 本店 - Livedoorグルメ



ここで、耳寄り情報なのです。

画像クリックで拡大

「梅まつり期間中の土日は、半額ケーキがある」のです。


画像クリックで拡大

来週は「昔ながらのモンブラン」です。
お忘れなく。




そうそう、
パン屋さんもいっぱいあるのです。

画像クリックで拡大

ここは、「Pain de Lasa」
たぶん梅ヶ丘で一番有名なパン屋なのです。

パン・ド・ラサ - 食べログ.com


画像クリックで拡大

駅の横、
最近再建なった梅ヶ丘地蔵の裏にも、
手作りパン屋さんがあったのです。

ほかにも、
世田谷ではちょっと有名なサクラベーカリーも、
梅ヶ丘に新店舗をオープンしたのです。

サクラベーカリー梅ヶ丘店 - 食べログ.com





さて、そろそろ羽根木公園に向かうのです。


画像クリックで拡大

といいつつ、羽根木公園手前には、
マカロンが評判の「Les Traces de mA」があるのです。

レ・トラス・ドゥ・マ -  食べログ.com


でもこの人出なのです。
梅まつりの人がいっぱい通るのです。

なので、
お昼ぐらいのきょうは、
「売り切れ」の貼り紙が出ていたのです。
 
画像クリックで拡大

寄り道が長くなったのです。
やっと着いたのです羽根木公園。


画像クリックで拡大

そこそこの人出なのです。


画像クリックで拡大

さぁ、梅はどこだ、なのです。


画像クリックで拡大

いたのです。


画像クリックで拡大

えっと…
「梅林」のはずなのです。


画像クリックで拡大

実は事前情報で「まだまだ」という話は聞いていたのです。

情報は正しかったのです。


梅まつりは来週までなのですけれど、
もしかしたらことしの見頃は、
梅まつり閉幕のあとになると思われるのです。


画像クリックで拡大

角度的に観れば、なかなか・・・

梅は花ではなく、その香りを、
そして枝振りを愛でるものなのです。


……。




画像クリックで拡大

特別な梅があるのです。
この梅は、特に早く咲くはずなのです。


画像クリックで拡大

…やっぱりさびしい感じなのです。
木もまだまだちいさいから、しょうがないのです。


画像クリックで拡大

これは、あの有名な飛梅なのです。
太宰府天満宮の正面に、いまだに生えてる、梅の木なのです。
世田谷区が、太宰府天満宮から分けてもらった子孫のなのです。



政界抗争に破れて、
太宰府に左遷されることになった菅原道真が、
庭の梅の木にこう詠いましたのです。

「東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな」

(春になって東風が吹く頃になったら、ちゃんと咲いて香れよ。
 お前を愛でる主(オレ)がいないからって、
 春が来たのを忘れるんじゃないぞ?オレはお前を見れないけどね。)


・・・と言われて、ほいじゃわたしが行くよ!と一晩で
京から大宰府まで飛んできた、あの健気な飛梅なのです。

Wikipedia - 菅原道真

Wikipedia - 太宰府天満宮
太宰府天満宮(公式HP)



「飛梅はどの梅よりも早く咲く。
 だって主に一番に見てもらいたいから」
と聞いたことがあるのです。

でもまだちいさいから…。
頑張ったほうなのです。

太宰府は春かなぁ、と思うのです。
いずれにしても世田谷の春はまだなのです。



画像クリックで拡大

しょうがないから。

ちいさいいぬはちいさいいぬ同士であそぶのです。


画像クリックで拡大

しょうがないから。


食べ物コーナーへ行くのです。
今年もいっぱいあるのです。

画像クリックで拡大

川場村も来ていたのです。
でも毎年梅まつりバージョンの川場村には、
あの山賊焼はないのです。


画像クリックで拡大

食べ物コーナーはボックスごとに、
地域の商店街が担当しているらしいのです。


画像クリックで拡大

お値段はリーズナブルなのです。

でも、だいたいお祭り食べ物なので、
たこ焼きや焼きソバは各店でダブったりしているのです。
おなじ焼きそばでも、おいしそうなところを探すのです。


画像クリックで拡大

…ダブってないものがあったのです。


画像クリックで拡大

なぜ梅まつりでトルコ風ケバブを買っているのか、
その辺は謎なのです。

トルコ風というより、かなりさわやか風なのです。


画像クリックで拡大

キャベツとかちょっと貰ったのです。
満足なのです。


画像クリックで拡大

通りすがりのいぬと遊んだりしながら、
梅まつり見物を続けるのです。


画像クリックで拡大

ステージではなにかと踊ったり歌ったりしているのです。


画像クリックで拡大

こっちは俳句投稿コーナー。
梅まつりで一句詠むのです。


画像クリックで拡大

本日は、甘酒無料デーなのです。
期間中の土日には、このようなイベントがあるのです。


最終日となります来週は、

2月23日(土)
・抹茶サービス(10時から全7回)※
・山崎太鼓演奏(11時30分)

2月24日(日)
・煎茶野点(10時から全9回)※
・子どもデー(10時より本部前で乗馬整理券を配布)
 ~警視庁騎馬隊乗馬体験、移動動物園、地元児童館による子どもの遊び場

※ 当日、茶室(星辰堂)で整理券配布(午前券は9時30分から、午後券は11時30分から)


ということになっているらしいのです。


画像クリックで拡大

梅まつりがなくっても、
羽根木公園は楽しいのです。

画像クリックで拡大

羽根木公園プレイパーク(子供の遊び場)の横を抜けて、


画像クリックで拡大

一番高いところへ登るのです。
山なのです。


画像クリックで拡大

でもやっぱり、
梅を見に行ってみたりするのです。


画像クリックで拡大

咲いている梅を、
角度を工夫すればですね、


画像クリックで拡大

なんとかいい感じにも見えるのです。


画像クリックで拡大

なので、
「咲いている梅のエリアは大人気」なのです。

ほんとうは、この手前の木もみんな梅なのです。
見頃が来たら、とてもきれいなのです。


画像クリックで拡大

ぼんやりしていたら、
においかがれていたのです。


画像クリックで拡大

こんなブースもあったのです。


画像クリックで拡大

勉強するのです。


画像クリックで拡大

羽根木公園も、あちこち改修中なのです。

「羽根木公園の再整備進行中!」 - 世田谷区HP



画像クリックで拡大

ニワトリ小屋も、きれいになるのかはわからないのです。


画像クリックで拡大

羽根木公園から東松原の駅に向かっての部分、
最近エントランスというか、
公園化されているのです。


画像クリックで拡大

地元いぬと交流するのです。


画像クリックで拡大

ここの梅も、まだまだなのです。
遠くに見えるのが羽根木公園本園なのです。


画像クリックで拡大

ときどき咲いているのもあるのです。



ところがなのです、

画像クリックで拡大

一本だけ、すごくがんばって咲いているのです。


画像クリックで拡大

品種が早咲きなのか、
寒さに強いのか、
その辺はわからないのです。


画像クリックで拡大

でもこれにて、ちょっと満足したのです。

さぁ、帰り方向へ向かうのです。

画像クリックで拡大

一旦東松原駅方面に出て、
公園からすぐそこにですね、


画像クリックで拡大

オレンジ色のお店があるのです。

前半でケーキ!ケーキと言いつつ、
なにも買ってないのは、
きょうはここが目標だったからなのです。

創菓工房アランチャ - 食べログ.com


画像クリックで拡大

いぬがいたのです。
む、なのです。


画像クリックで拡大

つくりものだったのです。





とりあえずおしいものを獲得したので、
帰り始めるのです。

東松原駅から電車、というのもありなのです。
でもお天気もいいので、
歩いて帰ることにしたのです。

画像クリックで拡大

羽根木公園脇の
松羽稲荷神社とかを見物してですね、

画像クリックで拡大

やっぱり羽根木公園に戻ってきたのです。


ところがここで大変な感じになってきたのです。

画像クリックで拡大

寒くても冬の青空、日差し良好だったのにですね、
いきなり曇ってきたのです。
雨が降る気配はないのですけれど、
日差しがないと寒いのです。


画像クリックで拡大

「梅は枝振りが」とか言ってもですね、
曇天がバックだとなんといいますかですね、

悪魔の樹のようなのです…。



画像クリックで拡大

急いで帰るのです。


画像クリックで拡大

きょうは、羽根木公園で開催されている、
「せたがや梅まつり」に行ってきたのです。

梅の見頃はまだまだなのですけれど、
そのほかにも楽しいことはいっぱいあるのです。
梅まつりは来週でおしまいなので、
みんな行くといいのです。








おまけその1。
事前情報どおり、
画像クリックで拡大
開花は遅れ気味。

画像クリックで拡大
来週はもっと咲いていると思う。
おすすめ。





おまけその2。
創菓工房アランチャには、犬は入れない。
画像クリックで拡大
だが店頭に、なんだか長い紐を発見。


画像クリックで拡大

この長い紐に繋いでいいのか!
いやしかし、いぬに配慮してくれてありがたいことです。






おまけその3。
と言うわけで買ってきました。
画像クリックで拡大
色彩補正なし。
この箱がいい。


画像クリックで拡大

ロールケーキ。
さわやか気味で、
重くない食感なのに歯応えはあり、
中心に入っているカスタードがこれまた甘過ぎず。

ところで、
前のほうで「期間中ケーキ半額!」のカワムラ洋菓子店。
じゃあなぜ買わなかったのか?と言えば、
実は写真の時系列が前後していて、
カワムラを撮っているのが帰り道だったから…。
つまり、このロールケーキ買ったあと。
そしてカワムラの「本日の半額」
よりによって「ロールケーキ」だったから…。

来週はモンブランだぞ。







おまけその4。
梅まつり会場内には、
なんだかこのような赤い巾着袋が沢山あった。
画像クリックで拡大

これがなんだかよくわからなかったのだけれど、
帰ってきて梅まつり公式HPに下のほうに、
このような記述発見。

◎第31回せたがや梅まつりでは、世田谷区視力障害者福祉協会の協力により 音声案内システムを導入しています。 梅まつり期間中の土・日・祝日に一部の催し物やトイレに発信機が設置されており、 2~3メートル以内に近づくと梅まつりの情報が市販のAMラジオ(1620kHz)で 受信することができます。

もしかしたら、このための装置かもしれない。
ラジオ持参でどうぞ。






おまけその5。
昨年、北沢川緑道にはとある貼り紙があった。
画像クリックで拡大
貼り紙はそのまま放置されていた。
「ミツバチに注意」

画像クリックで拡大

さすがに冬は安全だと思う。
(この穴の中に巣があった。)






おまけその6。

梅ヶ丘駅から羽根木公園(せたがや梅まつり会場)、
そして梅ヶ丘ケーキ屋巡りルート。


(+-で拡大縮小。地図タイトルクリックで詳細地図へ)








theme:東京23区
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
歌♪
「梅はぁ~、咲いたか、桜はまだかいな。」

梅、咲いてなかったねぇ~。もうちょっとだねぇ~。

桜、まだまだだねぇ~。

お店の脇に生えてる「八重桜」は、もっともっと、まだまだだよ。

桜のピンクのカーペット(店前)見においでねぇ~。

おやつ買っておくからねぇ~。
くーちゃん!
2008/02/19(Tue) 11:58 | URL  | 花屋の姉さん #-[ 編集]--------
ことしはどの花もきっと遅いのです。

でも、
これが冬らしい冬だって気も
するのです。
なので、
しょうがないのです・・・。

さむいのです。
2008/02/19(Tue) 23:42 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。