INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
画像クリックで拡大

きょうは相模原市に来ているのです。
相模原公園、相模麻溝公園で遊んだあと、
一直線の道を歩こうと思うのです。

横浜水道道路というのです。
水道みち」「水道緑道」など呼び方はいろいろみたいなのです。












ここに至る、前半の記事はこちら、なのです。




まず、後半の本題に入る前にですね、
「いったい、水道道(水道みち)とはなんなのか?」
といいますとですね、


明治時代、道志川津久井湖あたりで取水して、
横浜まで水道を引いた壮大なプロジェクト。
資材運搬のためにトロッコが走っていたこともある。


ということなのです。
つまりこの下に、水道管が埋まっているのです。

横浜市の水源 - 横浜市水道局
横浜水道道緑道 - 相模原市HP 施設案内 公園・緑地

「確かその辺が縁で、平成大合併の時に山梨の道志村
 ”横浜市と飛び地合併したい”って言い出して、横浜が困ってたはず。」

とぼくの飼い主の人。


それはともかくですね、
その水道の上を、遊歩道化したもの、
それが「水道道(水道みち)」ということらしいのです。


さて、そろそろ本題に戻るのです。
画像クリックで拡大

前回分でのこの画像、
相模原公園(相模麻溝公園)内を貫く水道道なのです。


画像クリックで拡大

で、こんな風に出て行っちゃうのです。
これは南東方面。


画像クリックで拡大

公園を出ると、こんな風に入り口があるのです。

ちなみに公園の反対側(北西方面)にも、
津久井湖目指して水道道は続いているのです。
でも、

・JR相模線の番田駅と原当麻駅の間を通過している。
・相模田名高校、田名北小学校の脇を通過している
・相模川と出会うあたりでよくわからなくなる。

いったいどの辺がスタート地点なのか、
相模原市内は整備されているとしても、
その先の取水場まで遊歩道みたいに続いているのか、
その辺はわからなかったのです。


画像クリックで拡大

とにかく相模原公園から、
横浜方面目指してスタートするのです。


画像クリックで拡大
しばらく両脇は、自動車解体のヤードがあって、
鉄板壁が続くのです。
グラフィティが延々と描かれているのです。

Wikipedia - グラフィティ


画像クリックで拡大

ここまで力作で描かれると、
ただの鉄板よりは、退屈さは紛れるのです。
壁の持ち主が許容しているかどうかはともかく、です。


画像クリックで拡大

道のところどころには、相模原市が立てた看板があってですね、
迷わないようにできているのです。


画像クリックで拡大

迷いようがない、とも言うのですけれど。
どこまでも一直線なのです。

全体的にとても広くて、
天気もいいのでのどかな感じなのです。

画像クリックで拡大

時々遊具なんかもあったりして、
単調になりがちな道に、変化を感じることができるのです。


画像クリックで拡大

ところどころで、地元いぬと遊ぶのです。
こんにちはです。世田谷から来ましたのです。


画像クリックで拡大

それでもまっすぐまっすぐの旅は続くのです。

時々大きな通りを通過しますのですけれど、
どこも割と近くに信号&横断歩道があって、
それほど困らないのです。



しかし、困ったことが起こるのです。

画像クリックで拡大

道がフェンスで遮られてしまうのです。

水道道はこのフェンスの向こうへ一直線に続くのです。
通して欲しいのですけれど、ここは通過できないのです。


画像クリックで拡大

敵はU.S.ARMY。
駐日アメリカ陸軍なのです。

フェンスの向こうはアメリカなのです。
法的に、突破は難しいのです。

場所はこの辺なのです。


View Larger Map

米軍の相模原住宅用地なのです。

セブンイレブンから地図中央までは、
公園になっているのです。

画像クリックで拡大
(チワワを撮ってる画像です。)

考えるのです。
ここは住宅用地。大した武器兵器は置いてないはずなのです。

ぼくの脚力をもってすれば、フェンスを突破して、
敷地の向こう側へダッシュで脱出できるかもしれないのです。
”アメリカの国境線を越える”のは、
メキシコ原産のチワワとしてお家芸とも…


画像クリックで拡大
(あくまでチワワの後頭部の画像です。)

しかし、チワワのせいで、
重大な外交問題を引き起こす可能性があるのです。
衝突は回避して、敷地を迂回するのです。
(迂回コースはのちほど)





画像クリックで拡大

反対側へ出てきたのです。
この迂回は、案外時間がかかったのです。
ちょっと休憩するのです。

この緑道はベンチも点在しているので、
こんなときは便利なのです。


画像クリックで拡大

どんどん歩いて、小田急小田原線(本線)を越えるのです。
相模大野駅と小田急相模原駅の間ぐらいなのです。


画像クリックで拡大

道はちょっと暢気な感じになってくるのです。


画像クリックで拡大
土の道は楽しいのです。
雨上がりの日などはどうなるかわからないのですけれど。

通りかかる地元いぬと遊びながら、
どんどん先へ進むのです。

画像クリックで拡大

ここで、公園に突き当たるのですけれど、
同時に別な緑道と交差するのです。



View Larger Map
ぼくたちがやってきたのは横方向の緑道なのです。
左から右へと。
公園の向こうに続きがあるのです。

南北から右に曲がっていく少し細い緑道は、
でも最終的に右のほう少し先で、
水道道と合流します。
少し細いですけれど、
この先で踏み切りを通らなくていいので、
歩きの人はこっちのほうがいいかもしれないのです。


画像クリックで拡大

唐突に案内碑があったのです。
でもここを歩いている人は、
だいたいこれくらいは知っていると思うのです。
それより所々に、
全体案内地図を置いて欲しいと思うのです。


画像クリックで拡大

東林間駅(小田急江ノ島線)の前後では、
水道道は駐輪場になっているのです。


画像クリックで拡大

ちょっと迂回して、踏切を渡るのです。


画像クリックで拡大
このトラが怖いのです…。
そーっと通るのです。

この先も土のところと、
平行して舗装された道が続くのです。


さっき分かれた緑道と、一瞬だけ再開するのです。

この緑道はまた分かれて、
田園都市線のつきみ野駅と中央林間駅の間を通って、
鶴間のイオンモールのほうまで行っちゃうのです。

この一瞬の再開の辺りで、
相模原市を出て、大和市へ入るのです。


画像クリックで拡大

大和市へ入ると、緑道は一変するのです。

ちょっと楽しい感じになるのです。
これまでにも増して、いろんな遊具があったり、
道に変化があるのです。


画像クリックで拡大

水道道らしく、
水道の歴史遺産も置いてあるのです。


画像クリックで拡大

それとですね、ここはずっと桜の並木なのです。
春、桜の頃に来たことがあるのですけれど、
結構な人出だったのです。


画像クリックで拡大

さぁ、先を急ぐのです。
でも通りかかる地元いぬとは遊ぶのです。


画像クリックで拡大

ちょっと夕日っぽくなってきたのです。


画像クリックで拡大

さっきのような山っぽい道ばかりじゃなく、
とてもきれいに整備されているところもあるのです。

あ、そうなのです!
緑道近辺はニュータウン様なのですけれど、
至近には、昔のことがわかる資料館もあるのです。
犬連れじゃない人はぜひ、なのです。

大和市つる舞の里歴史資料館 - 大和市



田園都市線の線路をくぐったら、
境川に突き当たるのです。

画像クリックで拡大
田園都市線の南町田駅とつきみ野駅の間で、
電車の車窓から、
川にかかるこんなものを見たことがないですか?



View Larger Map
これ、
きょうぼくがずっと歩いてきた道の、
足の下に埋まってた水道管が、
境川の向こう岸へ飛び越えているのです。


でもぼくが越えられる橋は、ちょっと下流にあるのです。
この境川の上流は、町田駅や多摩境駅の近くを通って城山湖
下流は藤沢通って江ノ島、なのです。

川を渡ったら、こんどは町田市なのです。

画像クリックで拡大

鶴間公園で遊ぶのです。
グランベリーモールの脇にあるこの公園は、
雑木林が楽しいのです。

GRANDBERRY MALL─グランベリーモール─

グランベリーモールのついでに、
この公園で遊んだことがあるいぬは多いと思うのですけれど、
鶴間公園の中を通っているこの道、


これが実は「水道道」なのです。
右下へ、横浜を目指しているのです。

ただし、この先の水道道はあんまり「遊歩道」としては
整備されていないみたいなのです。
一応探索しつつ、横浜市へ進むこともできるらしいのですけれど、
チワワ的に楽しい感じではないみたいなのです。
プラスですね、もう夕方なのです。


本日はこれにて、終了なのです。



画像クリックで拡大

残った体力で、
鶴間公園走り回って遊ぶのです。


画像クリックで拡大

おかげで、クランベリーモールを巡る体力はないのです…。


画像クリックで拡大

モール直結の南町田駅は、
土日祝日は急行も止まるのです。
便利なのです。

世田谷へ帰るのです。


画像クリックで拡大

きょうは、水道みちをずっとずっと歩いたのです。


米軍に敗北したのです。
いや違うのです。戦いをあえて避けてあげたのです。

天気が好くて、いい日だったのです。
春の桜はとてもきれいなところなのです。





本日のコース。


(三角で再生。+-で拡大縮小。地図クリックで別窓拡大)











おまけ。
画像クリックで拡大

大和市の「犬看板」はちょっとフラワーサイケデリック。

種類はいろいろあるけれど、
どれもそこはかとなくラヴ&ピース風。





theme:神奈川
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
相模原にUSアーミがあるとは知らなかった!

フェンスが越えられないなら、
掘ったらどうだろうか。。。

戦いは避けたほうがいいのか?

しかしくーちゃんはよく散歩する頑丈チワワだねぇ~。関心!
2008/03/18(Tue) 10:56 | URL  | 花屋の姉さん #-[ 編集]--------
とはいえ、家族用住宅ですけれども。
フェンス越しに見える家、
全ての家にバーベキューセットが
あるのは
なぜなんだろ、

と思ったのです。
2008/03/19(Wed) 23:30 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
またまた歩きましたね・・
わん子の母は相模原市の出身です!この公園も万博の時に大規模に改造して綺麗になりました。 それにしても、相模原公園からクランベリーモールまで歩いちゃうなんて・・・毎回びっくりさせられます。

クドさんの楽しそうな姿を見ていたら地元の公園もなかなかじゃん!と再発見しました(*^_^*)
2008/03/20(Thu) 10:01 | URL  | まこたくママ #-[ 編集]--------
相模原は広いですねぇ。
今回のコースは、
アップダウンはほとんどないので、
たいしたことはないのです。

実は今回の旅で、
(途中画像にありますように)
”もう一本の緑道”と出会って
しまったのです。

これは・・・
困ったのです。



ところで。

万博にもいろいろありまして以下省略、なのです。
2008/03/20(Thu) 22:31 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。