INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
画像クリックで拡大

世田谷目黒の区境付近、桜が咲いたのですよ。








今日は雨が降るかもしれないから、と、
朝の散歩なのです。
とりあえず世田谷公園に行くのです。
ATC2Kムービー一本目、なのです。


久しぶりの友達にも遭って、
なかなか楽しく遊んだのです。


画像クリックで拡大

それから、東山公園に移動したのです。

…この落ちている花は?



画像クリックで拡大

うわー。

いつも夜になってから来るから、
咲いているんだけどなぁ、とは思っていたのです。
でも、こんなに咲いているとは思ってなかったのです。


画像クリックで拡大

とはいってもですね、
実はこれは寒桜なのです。

それも一番いい角度から撮っているだけなのです。


画像クリックで拡大

こっちがオオカンザクラ(大寒桜)


画像クリックで拡大

こっちの派手なほうはカンヒザクラ(寒緋桜)なのです。


画像クリックで拡大

寒い寒い中でも頑張って咲いていた、
あのジュウガツサクラ(十月桜)も、
少し勢いを取り戻しているのです。

冬と春の二度咲き、という話なのです。


画像クリックで拡大

地表近くだって、花が咲いているのです。


画像クリックで拡大

でも、あまり勢いよく咲くものだからですね、


画像クリックで拡大

野鳥に食べられまくりなのです。



画像クリックで拡大

これはコブシ(辛夷)だと思うのです。
春の山では、まずこれが咲くのです。

どれも等しく冬枯れた山の一点に、
春真っ先に白く盛り上がって、
「ああ、あの木は辛夷だったんだな」
と。


画像クリックで拡大

でもこの花びらはでっかいから、
落ちてくるとびっくりするのです。


画像クリックで拡大

危険なのです。離れておくのです。



ともだち犬と遊ぶのです。



みんな、今日は午後雨が降るらしいから、
いまのうちに遊んでおくといいのです。


画像クリックで拡大

12歳の御婦人と挨拶するのです。


画像クリックで拡大

ちょっと気に入られたのです。


画像クリックで拡大

そういえばですね、


目黒川の桜は…どうかなぁ?と思うのです。

さすがにまだまだかなぁ、と。


毎年恒例の、偵察に行くのです。

画像クリックで拡大

東山公園拡張用地。
順調に工事が進んでいるのです。


いまの東山公園と離れている感じがするのですけれど、
でもここも「東山公園」になるらしいのです。


画像クリックで拡大

ちょっと有名なパン屋さん。
売り切れたら閉まっちゃうという噂なのです。

関口ベーカリー - 食べログ.com


画像クリックで拡大

すごいぱてぃしぇ(自称)がいるケーキ屋さんなのです。
ローソンとかと共同商品開発しちゃう、
すーぱーぱてぃしぇ(自称)なのです。

だからきっとおいしいに違いない!はずなのに、
こないだ来たら定休日で、がっかりしたのです。

1904 (公式)
パティスリー1904 - 食べログ.com
【楽天市場】patisserie1904:東京中目黒の隠れ家的パティスリー1904!
【楽天市場】季節限定!!SAKURAロール :patisserie1904
   ( ここで「スーパーパティシェ」って自分で書いてるから。)

ただここ、
中目黒なのか池尻大橋なのか東山なのか。
本やサイトによってまちまちなのです。


画像クリックで拡大

目黒川に着いたのです。

ほーら、さすがにまだまだなのです。
確かに木は少し、
紅色がかっている感じがするのですけれど…


画像クリックで拡大

!!

そうでもないのです!

ここ数日暖かかったから、急にがんばってるみたいなのです。



画像クリックで拡大

今日は朝の散歩をしたのです。
世田谷公園、東山公園、目黒川。

久しぶりの友達に会って、楽しかったのです。
最後に朝組に会ったのはたぶん、冬前なのです。

みんなぼくが「冬眠してた」とか思ってないかなぁ、と思うのです。









おまけその1。
東山中学校裏の急な坂にある小さな祠。
画像クリックで拡大

なんだろう、
と立ち止まる自分が斜めになるほどの坂。
サタデーナイトフィーバーのポーズで。


画像クリックで拡大


馬頭観音が。


画像クリックで拡大

かつてこの辺が軍用地だった頃、
訓練中などに死んだ馬を祀ったらしい。

苫良、福富、お前たちは大事にされてたんだよ。







おまけその2。
画像クリックで拡大

「おなかは満腹、心は満足」
レッツゴーだみんな!









theme:桜 花見
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。