INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちはクドさんです。
きょうは天気がいいという噂を聞きつけたので、多摩いってきました。
多摩といってもひろいのです。
1223001.jpg
みちもひろい。
具体的には、小山内裏公園で往還して戦車になってきました。
…意味わかんないですよね。でもこれがとても楽しかったのです。
ええと、詳しい説明はこのあと順を追って。







1223002.jpg
というわけでして、やってまいりました。
ここは、京王線の「多摩境」という駅です。

ぼくたちはクリスマスの繁華街の混雑を避けるために、
田園都市線下りで長津田に向かい、
JR横浜線で橋本、
橋本から京王線で1駅で多摩境、という、
「うらから攻める」ルートでやってきましたのです。

多摩境駅はこっち側ではなく、向こう側のほうが栄えてるみたいです。
でもこっち側にはコンビニと、その隣に犬オッケーのカフェ、
近くにはペットフォレストと、マクドナルドがあります。充分充分。
そのへんで食料といぬおやつをなんとかしてください。
ぼくたちは犬カフェで適度におなかを満たしましたのです。

さぁ、準備完了!なのです。

1223003.jpg

…と気合い入れるまでもなく、すぐそこが公園なんです。


小山内裏公園

・ゴミ箱はみかけませんでした。
・地図手前側のほうが山の尾根、真ん中のセンターのあたりが
 谷になってます。その辺になら水場があります。
・センターには自動販売機があります。トイレも。
・駅から出ると自然に地図上1の入り口へ誘導されます。
 しかし、ここから登るといまいちです。
 スルーして2の入り口から、をお勧め。
・南大沢駅からも近いです。
 でも電車で来るなら、まずは多摩境駅をお勧めします。
・後述しますがクドさんたちはこの公園だけでなく、もっと歩いています。
 でもこの公園だけで充分楽しいです。


さて、この公園にやってきたのにはわけがあります。
ドッグランがあるんです。ただし場所がわかりません。
ドッグランどこですかー?

1223004.jpg
・・・2の入り口すぐにありました・・・。
ちょ、ちょっと予想外でしたです。

逆に、車で来たいぬはセンター棟のあたりから、
一山越えてもらうことになります。ちょっとだけがんばれ、です。
(南大沢駅から来た場合も山越えです。)

1223005.jpg
いじめ、いじめられしてあそんだのです。
ぼくは、ぼくのほうがつよいとおもいます。
だからまけたくないのです。

小型いぬ用と、
そうじゃないほうとに分かれているのです。
山の斜面を利用していて、ものすごい楽しいのです。

1223006.jpg
むこうは、小さいの専用じゃないほう。
茶色いところは全部、ずっとむこうまでドッグラン敷地です。
ひろいひろい。
小型いぬ用はこれよりはせまいですが、充分充分です。

ただし、街灯が見当たりませんでしたのと、
水場はありません。その辺を留意してください。
ボランティアでちゃんと管理されているようです。
ぼくのような遠来のいぬにはありがたいことです。

この公園を拠点にしているワンパトのブログもあります。
小山内裏公園ワンワンパトロール隊ブログ

さて、ひとしきり遊んだのですけれどですね、
きょうはこれでおわらないのです。

まずは公園を歩くのです。

1223007.jpg

尾根の道に出ましたのです。
舗装してありますが、原則、車は通行しませんのです。


1223008.jpg

冬の武蔵野。
葉の落ちきった枝はむしろ、賑やかに感じるのです。


1223009.jpg

さて、この道ですが上の園内図の3の部分です。
ここで尾根道を逸れて、この山道に入りました。

この何気ない、
自然豊かな小山内裏公園の中の山道。
これ、実は往時の「津久井往還」なのです。
「鮎道」とも呼ばれていたのです。


津久井往還というのは江戸へ通じる街道のひとつでして、
現在の山梨県甲府から、石和温泉、御坂峠、
富士吉田から道志みちを通過して津久井に至り、
橋本、(ここ)、鶴川を通って多摩川を渡し舟で渡って世田谷に入り、
んで大体現在の世田谷通りを通って、
三軒茶屋”で大山街道に合流して、
江戸へと通じていたのです。

津久井で獲れた鮎を、
この道を通って江戸に運搬していたので、
「鮎の道」とも言うらしいのです。


結論:この道辿れば三茶に帰れるのです。
    すごいのです。

1223010.jpg
どれどれ。ルートを設定しますのです。

1223011.jpg
でも渡し舟がないので、多摩川が越えられません。
ぼくはチワワなので泳ぐのはあんまり…です。
今回はあきらめるのです。


でもなかなか風情がある山道なのです。
すぐそばに真新しいマンション群がみえるのもまた一興です。
この地点で、江戸と平成の時代が重なっているのです。

1223012.jpg
古街道を堪能して、池や谷を満喫して、センター棟を通過して。
またドッグランの真上に出ましたのです。
今度はさっきと逆方向へ向かいます。


1223013.jpg
東展望広場。
きょうはあんまり「展望」できませんでした。
遠くにかろうじて見えるのは、大山でしょうか。
もっと冬のいい空気なら、富士山だって見えそうです。


1223014.jpg
そしてつきました。
ここが「戦車道路」です。
ぼくは戦車になりにきたんです。
ごごごごごーーーー。

この道は旧軍および自衛隊が、戦車の試運転やテストに使っていた
テストコースだったそうで、小山内裏公園をほぼ中間地点として右左、
ずっと尾根道を、本当にずっとずっと続いています。
とても気持ちのいい道で、近年再整備されたんだそうです。

舗装路面と土の道が平行していて、車は一切来ません。
落ち葉が一杯で舗装路面の境目がわからない…。楽しいです。
とにかく冬の晴れた日にはすこぶる快適。
時々自転車が通るぐらいです。
あとは散策のひと戦車と、いぬ戦車が時々。
みんな冬の試運転なんです。たぶんそうなのです。

ぼくも調子に乗ってごごごごごーーって走ったり歩いたりしてたら、
あっという間に遠くまで来ちゃったのです。
もう小山内裏公園ははるかうしろです。



ここで、きょうのコースのおさらいなのです。


(+-で拡大縮小。地図タイトルクリックで詳細地図へ)
いま、ここまであるきましたのです。

1223015.jpg

でもぼくは、先へ進むのです。
戦車いぬはふりかえらないのです。
いったいどこへ行くんだ・・・というこの続きは次回!




     つ づ き は こ ち ら 










theme:公園!公園!公園!
genre:ペット


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。