INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
画像クリックで拡大

日曜日のきょうは、多摩川で遊んできたのです。
あと、大田区にちょっと踏み込んで、観光してきたのです。
うー、いぇい、なのです。









画像クリックで拡大

きょうの多摩川は、とてもいい天気なのです。
久しぶりに多摩川に来た気がするのです。


画像クリックで拡大

二子玉川はいま、東口を中心に、
ものすごい大規模再開発中なのです。

あの辺にいぬたまとかあったなぁ、と
少し懐かしくも思うのです。


画像クリックで拡大

再開発では、でっかい建物がいっぱいできるみたいなのです。

二子玉川東地区第一種市街地再開発事業オフィシャルサイト
二子玉川 東地区 再開発を考える会

先へ進みたい人、変わる方法を模索する人、
いろいろなのです。


画像クリックで拡大

どーんと更地で、
元がどうだったか、思い出せないぐらいなのです。


画像クリックで拡大

おかげで交番が遠くなったらしいのです。
これはよくないと思うのです。


画像クリックで拡大

「用があるときは電話で呼べ」

ということらしいのです。
駅構内にどうにか作れなかったのか、と思うのです。


画像クリックで拡大

あの辺にあった、ゴミ箱もなくなっているのです。


画像クリックで拡大

でも、

いい天気の多摩川河川敷が、
いい感じに気持ちいいのは変わらないのです。


画像クリックで拡大

みんな川を眺めたり、ポテポテ散歩をしているのです。


画像クリックで拡大

川沿いのお店も、テラスまで満員なのです。
というよりですね、
きょうはテラスのほうが”いい席”かもしれないのです。

ルナティック-TOKIO PLAGE LUNATIQUE-


画像クリックで拡大

ぼくも走るのです。
いつものように川下に向かって、移動するのです。


画像クリックで拡大

桜の木は、大体こんな感じなのです。


画像クリックで拡大

木によっては、これぐらいは咲いているのです。


それとは別に、

画像クリックで拡大

この白い花、


画像クリックで拡大

これがとにかく満開なのです。

画像クリックで拡大

ずっと、ずっと並んでいるのです。


でも、なのです。
ぼくはですね、
画像クリックで拡大

花よりダッシュ、なのです。


画像クリックで拡大

どんどん川を下るのです。


画像クリックで拡大

気のせいか、
川を下れば下るほど、
桜が咲いている気がするのです。

画像クリックで拡大

ほわりと。


画像クリックで拡大

ぱらぱら、と。


画像クリックで拡大

この辺でしばらく足を止めて、遊ぶのです。


画像クリックで拡大

花をかき分けて走るのです。


画像クリックで拡大

あっちにいぬ発見、なのです。

画像クリックで拡大

黒いのです。
こんにちは、なのです。


画像クリックで拡大

お互い、この辺が気になるのです。


画像クリックで拡大

でっかいお嬢さんに、猛烈に気に入られたのです。


画像クリックで拡大

す、すごいぼく、モテてるのです。
えーと…。


画像クリックで拡大

そのアピール、強烈なのです。


画像クリックで拡大

いぬ仲間とわかれて歩き出すのです。
もう丸子橋あたりが見えているのです。


画像クリックで拡大

グランド小池商店。


画像クリックで拡大

の向かいには、かつての夢の址、なのです。

Wikipedia - 巨人軍多摩川グラウンド

いまは普通の人でも借りられるらしいのです。



このグラウンドが終わるあたりで、
堤防緑地帯は歩けなくなるのです。



ここからは、
多摩川台公園に入って多摩川駅を目指すか、
地図右下へと堤防上の道を歩いて、
丸子橋の向こうの緑地に入るかしないといけないのです。

堤防の上の道は狭く、
車通りも多いので注意するのです。


画像クリックで拡大
きょうは堤防の道を頑張って歩いて、
多摩川浅間神社に登るのです。

多摩川浅間神社 公式サイト


画像クリックで拡大

ここは浅間神社。
つまり富士山の神社なのです。

だから参道が、富士山登山道みたいになっているのです。


画像クリックで拡大

この神社には展望台があってですね、
川上、川下、とても景色がいいのです。
東横線もびゅんびゅん通るのです。

発展しつつある対岸の、
武蔵小杉のあたりも眺めることができるのです。


ここで、ふと足元を見て大発見!なのです。

画像クリックで拡大

堤防の道の下、
川沿いに、どうやら歩道を作っているみたいなのです。

これで、もしかしたら、
ちょっと危ないエリアを楽に歩けるようになるかもしれないのです。
これはうれしいのです。


画像クリックで拡大


はー、高いところは怖かったのです。


いつか河口まで歩こう、と思いつつ、
きょうはちょっと違うところを目指すのです。


画像クリックで拡大

多摩川駅の手前から、トンネル抜けるとそこは、
六郷用水の遊歩道なのです。


画像クリックで拡大

六郷用水っていうのはですね、
世田谷では丸子川とか次太夫掘とか言えばわかる、
例の小泉次太夫が掘った用水路の跡なのです。

六郷用水 - 京浜河川事務所
Wikipedia - 六郷用水

大田区内を、河口のほうへと流れているらしいのです。
こうして流れを確保してある場所ばっかりじゃないらしいのですけれど、
ちゃんと往時の流れの跡を辿れるようになっているらしいのです。


画像クリックで拡大

湧き水も湧いている…湧いてなかったです。
たぶん、季節のせいなのです。

田園調布本町湧水 - 選東京都環境局自然環境部水環境


画像クリックで拡大

桜並木で、
雰囲気よく整備されているのです。


画像クリックで拡大

このまま歩きたいけれど、
きょうはこの東光寺というお寺までしか歩かないのです。

いつか続きを歩くのです。


画像クリックで拡大

来週は、桜まつりがあるらしいのです。


東光寺から坂道を登っていくと、ですね、

画像クリックで拡大

行く手に赤い橋が見えるのです。

画像クリックで拡大

んー?いぇい、なのです。


画像クリックで拡大

ここは近年、福山雅治さんの歌で一躍有名になり、
いまや東京屈指の桜の名所、「桜坂」なのです。

Wikipedia - 桜坂(大田区)


画像クリックで拡大

歴史的には、旧中原街道になるらしいのです。



さて、肝心の桜は?といえばですね、
画像クリックで拡大

ま、しょうがないのです。

そもそも、まだ見頃じゃないと知っていたのに、なのです。


画像クリックで拡大

ちょびっと、咲いてるかな、というぐらいなのです。


画像クリックで拡大

この橋、手すり低くてちょっと怖いのです。

この桜坂、
花はまだまだ、のきょうですら観光客が来ているのです。
満開の頃は、かなりの人出が予想されるのです。

そんなきょうですら、
路上駐車して見物しているような人までいるのです。
ピーク時にはどうなるんだろ…と思うのです。


画像クリックで拡大

見てのとおり、これが満開になったらすごくきれいなのです。
でも、
見てのとおり、決して広いところじゃないのです。
路上駐車の余裕なんかないのです。
くれぐれも、地元に迷惑かけないようにするのです。



沼部駅からすぐそこだし、
多摩川駅から、六郷用水歩いてくればすぐそこだし、

ここから田園調布駅だって近いのです。

画像クリックで拡大

ほら着いたのです田園調布。
ここからバスに乗って、帰るのです。


画像クリックで拡大

きょうは、多摩川で遊んだのです。
あと六郷用水と桜坂に行って、なかなか楽しかったのです。

いつか、河口を目指すのです。








おまけその1。
桜坂の坂上から。
画像クリックで拡大

画面真ん中のこれ。

画像クリックで拡大

いい感じで「さくら坂」とある。
そのうしろの石には、

画像クリックで拡大

…なんだろう、これ。
坂に国旗立てるの?





おまけその2。
多摩川川原の豚たち。
画像クリックで拡大

大ブタ二匹に小ブタが数匹。

画像クリックで拡大

小ブタの顔はかわいい。

画像クリックで拡大

大ブタの顔は・・・。







おまけその3。
多摩川浅間神社の境内には、
御岳神社や三峰神社もある。
画像クリックで拡大

そのどれも「山狗」が祭られている神社。

武蔵御嶽神社
秩父 三峰神社

山狗とは「狼」なのか、あくまで「山犬」なのかは
議論が分かれるところなのですが。

とりあえず「山狗」なのですよ。


画像クリックで拡大

んんー・・・・・・。

画像クリックで拡大

その顔はないだろ、山狗よ。











theme:桜 花見
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
多摩川土手沿いの桜は好きです!私も♪
横浜に仕入れに行く時に走ります。走っていると車の中に桜の花びら舞い込んで来ます♪

それと白いもりっと咲いていたのは「雪柳」だよ~!

お天気良くて良かったねぇ♪
2008/03/25(Tue) 12:58 | URL  | 花屋の姉さん #-[ 編集]--------
ぜひ
花の頃に桜坂に突入して、
渋滞を味わってください、
なのです。

あと、そろそろ、
カーナビ買いましょうよ、です。
2008/03/26(Wed) 00:35 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。