INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。梅雨ですチワワのクドさんです。
画像クリックで拡大

おみやげを貰ったのです。









東北のおみやげを貰ったのです。
「東北自動車道で買った」から、これはトーホグ土産なのです。

画像クリックで拡大

あの有名な、高速道路SA・PAで売ってる、いぬ用お弁当、

「どら弁当ポチ」

なのです。

プレスリリース「愛犬用弁当もデビュー」 - NEXCO東日本

ポチのおみやげ
プレスリリース用画像 - ポチのおみやげ


画像クリックで拡大

でもこれ、ぼく持っているのです。
右が今回のお土産、
左が廉価版、というか先日、駒沢の「Tokyo People's Cafe」で
買ってもらったお弁当なのです。
その際の記事はこちら。

Tokyo People's Cafe - 食べログ.com

で、パッケージ違いで、中身は一緒らしいのです。


一時期話題を集めた右の「高速道路用」も、
最近は販売箇所が増えて、すっかりメジャー商品らしいのです。

愛犬専用 どら弁当ポチ(販売箇所一覧) - Honda Dogs

で、ですね、
そんなお弁当の販売元は?といえばですね、

「世田谷区経堂五丁目」


…えーとどれどれ…



…「たまに通ってる緑道の横」だったのです。


つまりこのお弁当は、工場とかを無視して考えると、ですね、

世田谷(経堂)→東北自動車道PA→世田谷(ぼくんち)

という旅をしてきたお弁当なのです。


画像クリックで拡大

なにはともあれ、食べるのです。
試食タイム!なのです。
今晩のぼくのごはんはこれなのです。


画像クリックで拡大

古いほう、兄貴のほう、
つまり、前に買ったほうから消費するのです。

パッケージの中には、レトルトパックが入っていたのです。
この会社の商品の詰め合わせ、という感じなのです。

商品一覧 - ポチのおみやげ

右上から時計回りに、
レトルト「鶏煮」、
乾燥パンもしくはクルトン、
ふりかけ、
そして食後のおやつクッキー、なのです。

ふりかけは量が多く、
「全部かけないであまった分はまたお土産として」
と記載されていますのです。

画像クリックで拡大

こっちがおやつのクッキー。
これも、食事とは別にできるようになっているのです。


画像クリックで拡大

付属品。

食後に拭き拭きしてくださいナプキン、
スプーン、
そして左下のが
「器が動くと大変でしょう?だからこれで床に貼り付けたら?」
という、両面テープなのです。



というかこのパッケージ具合…

軍メシ、ミリメシ、レーション、いわゆる「戦闘糧食」を思い出すのです。

Wikipedia - レーション

THE戦闘糧食

イギリス軍糧食 試食レポート - 同上
米軍MRE 試食レポート - 同上
自衛隊戦闘糧食2型(初期型)クラッカー食 - 同上


旅は戦場、というかですね、
チワワといえども男は常在戦場、なのです。

画像クリックで拡大

レトルトを開けて、パンを投入してみたのです。
パンは食べやすいように、砕いてみたのです。

今回は自宅食器を使っていますけれど、
パッケージの容器が、臨時食器として充分に使えますのです。


画像クリックで拡大

それにふりかけをかけてみたのです。
ふりかけはたっぷりあるのです。数食分は使えるのです。


画像クリックで拡大

当たり前においしかったのです。


「小型犬用」なので、
小型犬の一食分ぐらいには丁度いいと思うのです。

でも、ぼくより大きいサイズのいぬは、
「これじゃちょっと足りないよー」
と思うかもしれないのです。
その場合は大体一緒に売ってる、
硬いおやつ系のものも一緒に買ってもらってください、です。



ふー、

画像クリックで拡大

食べ終わったから、段ボールで遊ぶのです。


画像クリックで拡大

「これはえらい段ボール」らしいのですけれど、
段ボールは段ボールなのです。

浦霞のホームページへようこそ





画像クリックで拡大

きょうは、おみやげもらったのです。

どら弁当ポチ、おいしかったのです。









おまけ。
お土産パート2。
画像クリックで拡大

・・・なんだこれは、とお思いでしょうが。


画像クリックで拡大

キューピー。
いわゆる、”ご当地キューピー”。

・・・は?どこの、なにがモチーフか?


「宮城県限定 牡蠣キューピー」です。


松島名産の牡蠣。牡蠣に見えなくても牡蠣キューピー。
アたると痛ぇぞ!


画像クリックで拡大


それは食べられない。















theme:犬との生活
genre:ペット


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。