INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは、頑丈なチワワのクドさんです。
きょう5歳になりましたのです。


というわけできょうは山に連れてきてもらいましたのです。
山チワワの血がさわぐのです。


さぁ、やまへむかってあるくのです。








でも実は、山といってもたいしたことはなく…
山の正体は、ただの公園です。



生田緑地

上記サイト内に、ちゃんとした詳しい地図があります。

田園都市線からの場合、溝の口駅もしくは梶ヶ谷駅から
「向ヶ丘遊園」行きのバスに乗って途中で降りるか、
終点の向ヶ丘遊園駅まで乗っちゃってください。
向ヶ丘遊園駅から生田緑地まで、歩いて15分ほどです。


さて、生田緑地に着いたぼくですが

まずは地図でいうと上のほう、
枡形山にのぼるのです。
猛ダッシュでのぼるのです。


よりみち。


ここが頂上です。
かなりひろくてうかれるぼく。
背後にありますのは、展望台。
エレベーターまである、立派な展望台です。
一応、お城跡ということで「ありがちな"城郭風"建築」に
なっています。

枡形城跡

小田原北条式だから、頂上広いのでしょうか?
またしてもお城を制圧したのです。



展望台からの眺めはすばらしいのです。
360度の大展望、と言って嘘はないです。
さほど遠くもないところに新宿ビル群がみえたりして、
ここにお城を作らないわけがない、とおもうのです。
三軒茶屋のキャロットタワーもみえるのです。



山からは、自然探索ルートなほうへいってみたのです。
階段がいっぱいですけれど、
ちゃんと整備されていて便利便利。
ヒールつきの靴で歩いてる人もいました。
でも、それではかなり辛いと思いますので、
足元はしっかりと!です。


どこまでも階段。
どこまでも駆けあがるのです。

分かれ道がいっぱいで、少々迷ってしまうのと、
(分かれた先もどこもかしこも完全整備済)
ほたる飼育をしているあたりは犬禁止らしいので
その辺よろしく、です。

はー、山を満喫しました。
今度は公園の残り半分へ行きますのです。
こっちもかなり山なのですが…


…どこの山村ですかここは。


高い位置から見下ろした、公園内の民家園なのですが、
休日の振り替えできょうはお休みなのです。
畳干してました。

あと、いぬは入れません。がっかり。
そして…


岡本太郎美術館。ここもお休み。
ここのカフェテリアのテラス席は、いぬがおっけーらしいです。

カフェテリアTARO


でもいいのです。
きょうここへ来たのは、
これら施設が振り替えお休みだろうと思ってたからなのです。
つまり、入場者が少ないので、
いぬがうろうろしてても迷惑にならないだろう、と。

いぬも気を使うのです。


美術館の入り口脇で、
(たぶん新規の)湧き水が大爆発していたのです。
軽く水害です。
これが飲めるなら、「TARO水」とかって売れるのに…。
でもこの背後はゴルフ場なので、たぶん無理です。


こっちは土砂崩れで通行止め。
あっちもこっちもたいへんだ、です。
このせいで、
さっきの場所に湧き水出たのかもしれないです。



さて、
地図右下の水生植物園のほうにいってみますのです。
この階段はぼく的にちょっと辛いのです。
ひー。



水生植物園…ですが、冬ですからこんなものです。
冬枯れた感じです。


ここには木道がありましたのです。
この木道もちょっと痛み気味で、
ハズレの板に乗ると…ちょっと怖いですよ。

…かつ、行き止まりです。
ガタガタはしって楽しかったからまあいいや、です。
ここは夏頃きたほうがたのしいとおもいます。
それじゃあ本園に戻るのです。


この植物園と本園の間には
川崎市所持のゴルフ場があるのですけれど、
「廃止しろ!」という声もあるみたいです。
「利用者少ないんだし、
 とっとと廃止して、公園の一部にしてしまえ」
ということらしいです。
地図を見ると、方角的に
”広大な日当たりがいい芝生”ができるということですから
ぼくはチワワなりに
ちいさな声ですが廃止推進派に回りたいと思うのです。
でもそれ以前の問題として、
川崎市とぼく、なにも関係ないのですけれど。


公園の中心部にきたのです。

蒸気機関車が保存してあったのです。


世田谷公園にも一機あるのです。
まけないのです。

でもここ生田緑地には、客車まで保存してありました…。

機関車の後ろは科学館。
一見しょぼく見えますが、ここのプラネタリウムには
あの伝説の「メガスターⅡ」があるそうです。
開発者が川崎在住なのだそうです。
そいつはすごいのです!

でもたぶん、いぬははいれません。
ぼくはプラネットアースとか世界遺産とか、
TVでじーっと観るの好きな、そんなチワワなんだけどなぁ。
入れて欲しいのです。


…いいんです。ぼくは噴水の周りであそぶんです。
これでいいんです。



さて、さむくならないうちにかえるのです。


きょうは、目論見どおりとても空いていたので、
のんびりできたのです。

さようなら生田緑地。
またくるよ、です。



世田谷に帰ってきたら、もう日が暮れそうでした。
ぼくはいぬかばんにはいってて、
もうぐっすりおやすみ中。
ぐぅ。






おまけ

枡形山の展望台の欄干には、
なぜだか十二支の模型が飾ってありまして




いのしし。
東京都心部にお尻を向けるいのしし。








theme:公園!公園!公園!
genre:ペット


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。