INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
クリックで拡大

今週末は天気が悪いのです。
だから家の近所にしか行けないのです。

家の近所、つまり目黒区で富士登山、なのです。
山頂を制圧したのです。









クリックで拡大

雨の合間をぬって、緑道を散歩するのです。
きょうは涼しいような、むしろ肌寒いくらいなのです。


クリックで拡大

誰もいないと思った緑道で、偶然エルと出会ったのです。
一緒に散歩するのです。


クリックで拡大

…スーパー前待たされ犬なのです。


クリックで拡大

一緒に待つのです。


クリックで拡大

そういえば、この小雨降ったり止んだりの悪天候の中、
本日は大橋氷川神社のお祭りなのです。

大橋商店街もたしか、なにかやったりするのです。
ちょっと見に行ってみるのです。

クリックで拡大

商店街は歩行者天国になっていて、
お祭り準備は万端だったのです。

でも、メインな屋台などはPM6:00から。
まだ早すぎたのです…。

クリックで拡大

御神輿が来たのです。


クリックで拡大

東山三丁目。雨の中、頑張っているのです。


クリックで拡大

雨だから観客が少なくて、近くで見ることができたのです。


クリックで拡大

ぼくを見て「かわいー」とか言っているのです。
そんな他所見してると、神輿が傾くのです。


クリックで拡大

お祭りの人と、交流をするのです。


クリックで拡大

あの「東山」ってのが、ちょっとかっこよく見えてきたのです。


クリックで拡大

きょうはこのまま、小雨が降る予報なのです。
18:00までにはなんとか雨が上がって欲しいものなのです。

あとで雨が上がったら、もう一回来てみようと思うのです。

せっかくここまで来たのだから、肝心の、
大橋氷川神社(上目黒氷川神社)」のほうも見てこようと思うのです。

氷川神社 - 東京神社庁


クリックで拡大

池尻大橋駅から渋谷方面を向いて、左側を歩くとですね、
そのうち屋台が並び始めるのです。

そしたら氷川神社に到着するのです。


クリックで拡大

氷川神社には、こんなものがあるのです。
目黒富士」、富士山なのです。


元々は中目黒のほうにあった、
いわゆる富士塚富士講の遺跡なのです。


元あった場所はこちら。
岩倉具視が別宅地にしたり、その後マンションができたりして、
ここに移設されたのだそうです。
中目黒の富士塚跡に行った記事はこちら。

注・「目黒(中目黒)の富士塚」には歴史的に、
  「元富士(西富士)」「新富士(近藤富士)」の二つがあります。

  上記の場所からここに移ってきたのは「元富士」のほう。


で、昭和も50年代になってから、ですね、

クリックで拡大

登山道も整備されたのです。
氷川神社の参道とは別コースになっているのです。

神社横の交番、その真横に登山道入り口があるのです。


クリックで拡大

いざゆかん富士登山、なのです。
まずは普通の階段を上がるのです。


クリックで拡大

…なにか見つけたのです。


クリックで拡大

抜け殻なのです。
夏に間に合ってよかったのです。


クリックで拡大

まるでマンション入り口みたいな普通の階段を登ると、
鳥居がお出迎えなのです。


クリックで拡大

ここから先は、少し山っぽい雰囲気があるのです。
既に二合目らしいのです。


クリックで拡大

ちょっと楽しいのです。


クリックで拡大

すぐ下は国道246号線なのです。
こんなところに、こんな山っぽい場所があるなんて、なのです。


クリックで拡大

登山道を突き進むのです。


クリックで拡大

呆気なく登頂成功!なのです。


クリックで拡大

というわけで、一枚目の写真はここだったのです。

頂上、イコール氷川神社の境内なのです。


クリックで拡大

境内にも屋台が出ていたのです。
能舞台もあって、御神楽とかやるみたいなのです。


クリックで拡大

本殿の脇に、ですね、


クリックで拡大

ぼくが目指していた富士山本体、
「目黒富士浅間神社」があるのです。


クリックで拡大

神社の脇には、富士講の碑があるのです。
たぶんこれが、中目黒から移設されてきたものなのです。


クリックで拡大

浅間神社自体は、ものすごく歴史を感じるものだったのです。

あと、たぶん富士山から持ってきた「富士山の石」みたいなのが
置いてあったのです。


クリックで拡大

さてでも、雨がひどくなってきたのです。
そろそろ帰るのです。

夕方に雨が止んだら、また来るのです。


クリックで拡大

氷川神社の参道は、実はこんな感じなのです。
246からものすごく急な階段なのです。
下から見上げても「うはぁ」、
上から見下ろすと「危険!」と思うぐらいの階段なのです。
ハイヒールの人とか、
こんな雨の日は充分気をつけて欲しいのです。

でも246のすぐ上には首都高が走る、
そんな現代と歴史が混沌としている場所なのです。

クリックで拡大

神社から、渋谷方面にもちょっと行ってみるのです。
こっちのほうにはあんまり屋台はないのです。

ここにも御神輿がいたのです。子供用なのです。


クリックで拡大

詰所内には立派な御神輿。
でも詰めている人たちはみんな、ちょっと欲求不満気味なのです。
残念な雨のせいなのです。


クリックで拡大

神社目の前の陸橋から、神社入り口を見てみるのです。
富士登山口はもう少し左、なのです。
246を通る人も、案外とこの階段の上を知らないと思うのです。


クリックで拡大

神社と反対側では、
建設途中の巨大施設「大橋JCT」が威容を見せ付けているのです。

246上の首都高と、地下を走る新しい首都高を、
ここでぐるぐるしながら直結するジャンクションなのです。


クリックで拡大

池尻大橋駅のほうへ帰るのです。

セブンイレブンもお祭り臨戦態勢なのです。
雨がなんとなかればいいのに、と思うのです。


クリックで拡大

小雨降る中、緑道通って帰ったのです。


クリックで拡大

きょうは小雨降る中、目黒区で富士登山をしたのです。

お祭りは今日明日。
天気がよくなればいいのになぁ、と思うのです。










theme:東京23区
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
とても可愛い(*^^*)
2011/08/28(Sun) 16:47 | URL  | クドリャフカ #-[ 編集]--------
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。