INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。
登山用品ブランドを買ってもらった、チワワのクドさんです。
前回参照

四季の森
これでぼくも正式なやまチワワです。のらチワワとはまた別です。

きょうは、森へと新たな第一歩を踏み出したのです。
ぼくもこれで立派なアウトドア犬です。
自然がぼくを呼んでいるのです。こころなしかキリリとしていますのです。
いざ森へ行かん、です。





大自然!チベット!アルプス!知床!

011302.jpg
…なんだぁ、公園じゃないですか…。

ここは「神奈川県立四季の森公園」です。
きょうはここへ連れてきてもらいましたのです。

県立四季の森公園公式サイト (園内案内図

東急田園都市線からは、長津田駅で降りまして、
JR横浜線で横浜方面に2駅。
中山という駅で降ります。
駅併設でコンビニエンスストアがあります。

中山駅からは案内看板や矢印が出ています。
駅前は少々雑然としていますが、そのうち
プロムナードと呼ばれる緑道になりますので、
そのまま、誘われるままに歩けば四季の森公園です。


…やっぱり公園ですか。
でも、これはこれでうれしいのです。
森です森。四季の森、です。
011303.jpg
さっそく探検です。
尾根を数本と、谷戸を数本取り込んだような感じで、
"ちゃんと手入れされた武蔵野の自然"がいっぱいの公園です。

011304.jpg
尾根の上のほうには、芝生のひろいところもあったのです。
これはこれで楽しく利用させてもらうのです。


011305.jpg
展望台へのぼるのです。
にんげんの子供にまけたくないのです。

展望台からは公園の森越しに、遠くの山々が
見えますのです。


011306.jpg
こっちは谷戸の中のほう。
夏はもっと緑が濃い感じになると思います。


011307.jpg
冬の森の尾根道は気持ちがいいのです。
だから、
早く来ないと、おいていっちゃうですよ。


011308.jpg
ふるさとの森方面にある、谷戸を利用した田んぼ。
地元の小学生が体験学習に使っているらしいのです。


011309.jpg
ぼくは散策ルートとして利用するのです。


011310.jpg
公園全体の山は、かなり丁寧に手入れが行き届いており、
「ちゃんと管理された集落近郊林」といった風情です。
いいイメージの中での、武蔵野の冬の林、という感じで
かなり爽快です。

011311.jpg
やせいのケモノがいないかチェック中。

011312.jpg
む!なんかいたのです。
がさごそ音がしたのです。
…でも"なに"がいたか、ぼくにはわからなかったのです…。
アウトドアチワワへの道、まだまだ奥深いのです。

011313.jpg
別の谷戸には花菖蒲園があったのです。
でも冬だからこんなもんです。

恒例の木道です。
ここも花菖蒲の頃は大混雑なんでしょうか?

尾根と谷戸でできている公園ですから、かなり昇り降りがあります。
かなり疲れます。
ですので、なまけた靴ではダメだと思います。


011314.jpg
ぼくはこの公園も、チワワなりに征服したと思うのです。
高いところからおおいばりです。
ふんふん。

なかなか楽しかったのです。







おまけ。

011315.jpg
うんわかった、気をつけるよ、なのです。
でも彼が一体なんのどうぶつなのか、
それがわからないのです。







theme:犬との生活
genre:ペット


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
似合ってます!
クドさん洋服とっても似合ってかっこいいですね☆
自然の中歩いてる姿とっても幸せそう。
また遊びにきます(*^▽^*)
2007/01/14(Sun) 16:53 | URL  | リリー #JalddpaA[ 編集]--------
ありがとうです。
ありがとうでございます。
服は自家製なのです。

ぼくはよく、同じ柄の服を着ていますが、
同じ柄でだいたい2着あるのです。
自家生産すると布が余るから、2着できちゃうのです。

決して他の服持ってないわけではないのです!です!
2007/01/14(Sun) 22:28 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。