INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
クリックで拡大

富士山周回の旅、二日目なのです。
初日「富士山・猪之頭・朝霧高原編」の分はこちら。

昨日は主に静岡県内、
富士山五合目とか新五合目とか、白糸の滝、陣馬の滝、
田貫湖・小田貫湿原などなどを巡ったのです。

きょうはここ朝霧高原富士ミルクランドを出発して、
山梨方面、富士五湖方面を目指すのです。













クリックで拡大

富士ミルクランドに朝が来たのです。
でもきょうも富士山は曇り気味なのです。

天気が微妙に悪いのです。
昨晩も実は、少し雨が降ったのです。

クリックで拡大

テラスに出てみたのです。
車の数から想像するに、
ぼくたち以外に2、3組泊まってるみたいなのです。


クリックで拡大

とりあえず朝から運動しておくのです。


クリックで拡大

この宿泊施設でバーベキューをしたい場合、
テラスで直接ではなく、この、
外に出たところの芝生&椅子テーブルを使用するらしいのです。


クリックで拡大

牧場内を見物に出かけるのです。
これは牛乳とかアイスクリームの工場。


クリックで拡大

動物もいるらしいのです。


クリックで拡大

な、なにかいたのです。


クリックで拡大

…すごい見られているのです。目を合わせちゃダメなのです。


クリックで拡大

うひー。
お前子供のクセに顔でかいのです!
昔、伊豆で遭遇したキリン並にでかいのです。


クリックで拡大

もっとでかいのもいたのです。
でも完全無視されているのです…。


クリックで拡大

あの向こうに、ドッグランもあるのです。


クリックで拡大

でもそろそろここを出ようと思うのです。
きょうもいろんなところへ行くのです。


クリックで拡大

ミルクランド、一泊だけどお世話になったのです。
また来るのです。







ミルクランドを出て、でも次の目的地はすぐそこだったのです。

クリックで拡大

…広いのです…。


朝霧自然公園朝霧アリーナ) - 都市計画課 富士山のまち ふじのみや


クリックで拡大

ここはなんだか、ボーイスカウトがどうとかいう感じで、


クリックで拡大

で結局、企業から富士宮市に寄付された
「ただっぴろい公園」
なのです。



View Large Map
場所はここ。
あんまり有名じゃないから、あんまり案内とかないのです。
139号線からゴルフ場のほうに曲がって、
まっすぐ走っていると駐車場に着くのです。

クリックで拡大

駐車場にトイレがあるだけ。
あとはなんにもない、ただの芝生なのです。


クリックで拡大

パラグライダーは禁止、だけれど、やってる人がいたのです。
でも上手く広げられないから練習してる=飛べてない、のです。

ラジコンも禁止、だけれどやっている人がいたのです。
でも飛んだ!あ、落ちた・・・だったのでまぁしょうがないのです。


クリックで拡大

とりあえず走るには走るのです。
芝生はよく刈り込まれているのですけれど、
少し長めなので、ぼく的には足が半分以上埋まっちゃうのです。


クリックで拡大

負けないのです。


クリックで拡大

でも、広すぎてぼーぜん、なのです。


クリックで拡大

あ、飛んだ、のです。


クリックで拡大

とりあえず、午前中の運動はこれでいいのです。
ぼくはちょっと車に帰って寝るのです。


クリックで拡大

富士五湖なのです。
本栖湖なのです。

富士五湖の秘境 本栖湖
Wikipedia - 本栖湖

富士五湖だから、あと四つもあるのです。


クリックで拡大

とか言ってたら、全然関係ない山奥に来ちゃったのです。

どこですかここは…?
岩の上に、変なもの立ってるし…。


クリックで拡大

ここは「道の駅」。
道の駅しもべ」というところなのです。

しもべ 関東「道の駅」
道の駅しもべ 無添加梅干、味噌の販売 特産物食品加工組合

ルート的にあまり用がない場所なので、
一度も来たことがなくって、
だから逆に一度来てみたかったところなのです。


この道の駅はもっと、
「田舎にある地味な道の駅」だと思っていたのです。

甘かったのです。
なんだか「田舎アミューズメント」な道の駅だったのです。

クリックで拡大

芝生広場あり、子供用の遊具広場あり、古民家あり。


クリックで拡大

なぜだかピンクの吊り橋あり。


クリックで拡大

とりあえず渡ってみるのです。


クリックで拡大

案外高かったのです。
怖いのです。


クリックで拡大

橋の先には階段がどこまでも。


クリックで拡大

…どこまでもどこまでも…。


クリックで拡大

やっとてっぺんに着いたのです。


クリックで拡大

道の駅入り口にあった、
あの「岩の上の謎の塔」まで登ることができたのです。

…あれ、
かなり凄まじい岩の上にあったような気がするのです。
考えないことにするのです。

クリックで拡大

岩の上からの見晴らしは…。
どこまでも山。どこまでも谷、なのです。
紅葉の季節はきれいかもしれないのです。


クリックで拡大

道の駅本体のほうを見てみるのです。

ありがちな地元物産館をメインに、
バーベキュー施設もあり、手打ち蕎麦屋もあり、
白いドームは「ホタルドーム」といってですね、
蛍の名所・下部の気分を年中味わえる施設なのだそうです。
…でも、機械が故障中だったのです。

山の裏のほうには木彫り仏で有名な、
木喰上人の記念館もあるのです。


クリックで拡大

…すごく疲れたのです…。
道の駅しもべ、ちょっとなめてたのです。


車に戻って、富士五湖方面に戻るのです。

クリックで拡大

そして今度は「道の駅なるさわ」でちょっと休憩。

なるさわ 関東「道の駅」
Wikipedia - 道の駅なるさわ

ここは軽食コーナーもあるし、JAの物産館もでっかいし、
道の駅裏には温泉施設「ふらり」もあるし、
「富士山博物館 鉱石ミュージアム」
という博物館(入場無料)まで併設されているのです。

ここを満喫する気で来たら、
かなり時間がかかっちゃうぐらいの施設なのです。


クリックで拡大

対するこっちは、こじんまりしている道の駅なのです。

かつやま 関東「道の駅」
Wikipedia - 道の駅かつやま

この道の駅のセールスポイントといえばですね、

クリックで拡大

目の前が河口湖。
広い広い芝生の公園があるのです。


でも!なのです。

クリックで拡大

…犬を入れてくれないのです。
ぼく的にはダメ公園なのです。


クリックで拡大

河口湖畔に出るのはオッケーなのです。
水泳好きのいぬは、ここから沖へ出てしまえばいいと思うのです。


クリックで拡大

ぼくは泳がないですけれど。


クリックで拡大

さぁ、次が富士五湖周辺で最後の道の駅なのです。
道の駅 富士吉田」なのです。

富士吉田 関東「道の駅」
Wikipedia - 道の駅 富士吉田

ここはでっかいのです。

本体よりもなによりもですね、上の写真のように、
「富士山頂にあったレーダードームを移設展示」してあるし、
「ふじやま地ビールレストラン」「富士山アリーナ(スケート場)」
が併設、おまけに目の前に
「歴史民族資料館」と「山梨県郡内地域地場産業振興センター」
なんかもあるのです。

ここもその気になったら、確実に一日コースなのです。

クリックで拡大

おかげで存在が霞んじゃうぐらいの道の駅本館。
でもおみやげ物とかいっぱいあるのです。

有名な「富士吉田うどん」を食べられるコーナーもあるのです。

Wikipedia - 吉田のうどん


クリックで拡大

ここには富士山の湧き水汲むところがあるのです。
なにかと話題のバナジウムというのが含まれているのです。

どうせだから、ぼくの水もここで詰め替えておくのです。


クリックで拡大

道の駅富士吉田で、道の駅巡りは終了、なのです。


山中湖へ移動して、今夜のお宿に到着、なのです。

小田急山中湖フォレストコテージ

ここは森の中にバンガローが点在してるような施設なのです。

森の中、もしくは湖畔でオートキャンプもできるのです。
で、バンガローのうち数棟が、いぬオッケー施設なのです。
(施設の説明は、明日の分にもあります。)


クリックで拡大

静かなのです。
ここ、ドッグランもあるのです。


クリックで拡大

きょう泊まるのはここなのです。


クリックで拡大

ベランダには、いぬ用足洗い場もあるのです。
ベランダでバーベキューやってもいいのだそうです。


クリックで拡大

台所も必要充分なのです。
なんだって作れるのです。

下を開けたらですね、普通の食器や調理用具に混じって、
「ほうとう鍋」がゴロゴロ出てきたのです。
さすが山梨県なのです。


クリックで拡大

廊下はさんで、寝室もこんな感じ。
リビング方面にも寝室にも、ガスファンヒーターが設置されていて、
冬でもすぐに暖かくなると思うのです。


クリックで拡大

夕方になったのです。
夕飯の買い物を兼ねて、ですね、
もう一度車で出かけるのです。


日が暮れる前に、でも行っておきたいところがあるのです。

それはこの時間に行かないと、
で、この時間だからこそ行きたいところなのです。



場所はこの辺なのです。
パノラマ台」っていうところなのです。


クリックで拡大

行ってみたらですね、さすがに名所、
もう先客がいっぱいだったのです。

駐車場があるのですけれど、満杯になっちゃうので、
早めに行くといいと思うのです。

クリックで拡大

ここは、「富士山と夕陽」の名所なのです。

曇の多い今日、顔を出さない富士山。
だからちょっとがっかり気味の風景なのです。


クリックで拡大

でもまぁ、なんとなくいい風景なのです。


クリックで拡大

他の人たちみたいに三脚立てるわけでもないし、
これはこれで、いいもの見たのです。


クリックで拡大

山から下りて、山中湖湖畔北側の、
山中湖親水公園に移動したのです。
ここは駐車場もあって、湖がすぐそこなのです。

クリックで拡大

きょうは曇り気味。
雲が多いってことは、夕焼けがきれいってことなのです。

クリックで拡大

湖も夕焼け色なのです。

クリックで拡大

富士山は、相変わらず全部は出てきてくれないのです。
でも存在感だけ、見せつけてくるのです。


クリックで拡大

そんな奴のことは知らないのです。
湖畔の公園を走っておくのです。


クリックで拡大

だんだん、夜が近づいてきたのです。
あっちの南岸のほうが、山中湖では繁盛しているあたりなのです。
そんな向こうの灯りが、ひとつふたつと灯り始めたのです。

このままここにいたら多分、
対岸の灯りがきれいな、
いい感じのしみじみ夜景が見られると思うのです。


クリックで拡大

でもぼくはえーと…

そうなのです。
今晩「焼いて食べる」ものを買いに行く途中なのです。
急がねばならないのです。

夕焼けには明日も明後日も、
世界のどこかでまた会えるのです。




買い物終了して帰ってきて、

クリックで拡大

とにかく焼いて食べる!のです。

この台はコテージ備品、
網はもっとでっかいのが管理棟で売っているのです。
でもぼくんち的には、この程度の大きさで充分なのです。


クリックで拡大

なんでも焼いて食べると美味しいのです。
炭は頑張ったのです。

炭火を見ていると、
なんだか眠くなるのです…。

クリックで拡大

きょうは朝霧高原を出て、
富士五湖あたりを疾走して、山中湖へ来たのです。
夕焼けを見て、焼いて食べたのです。

明日の天気はどうなのかなぁ、と思うのです。

富士山周回最終章「コスモスとコスモスとコスモスと。」へ続く。














おまけその1。
道の駅しもべ付近にて。
クリックで拡大

カレンダー民宿
とかまたわからない単語が出てきたぞ、と。
なんだろう?暦学とか関係あるのかな?
三島暦とか近いし。
この山間部に、なにかしらそういうのが残っているとか…。

帰宅後調べた。
定義として「毎月何かしら行事催事イベントを行う民宿」らしい…。
なんだ・・・か・・・。





おまけその2。
道の駅しもべでイベントですよー。
クリックで拡大

「下部みそ蔵出し祭り」
みそ汁ほうとう無料サービスですよー。

しかし、道の駅しもべ、へ行くのが大変なんだこれが。






おまけその3。
道の駅富士吉田にて。
クリックで拡大

うどんぶりちゃん

いやしかし吉田うどんは「硬くて濃い目の味で、馬肉乗ってる」
そんな割とハードコアなうどん。
この顔に騙されるな。
きっとハードボイルド(硬茹で)だよこいつ。




おまけその4。
そんな道の駅富士吉田の、吉田うどんコーナー前の屋台。
クリックで拡大

信玄ソフト

…あのな、
なんでも信玄て言えばいいってもんじゃねーんだぞ山梨!


クリックで拡大

買ったけど。

きな粉と黒蜜がかかっているソフトクリーム。


この時点では「なにが、どのへんが武田信玄!?」と
信玄ソフトへの謎が深まるばかりだったのだけれど、
帰ってきてから、とある別のお土産を食べている時、
「はぁあああああ!全て謎は解けたあああ!」と理解した。

きな粉」に「黒蜜




桔梗屋 美味求真の和菓子

これか。






おまけその5。
その富士吉田うどん軽食コーナーにある、
日本中のたいやきマニアのある種の憧れのアイテム。
クリックで拡大

「吉田のうどんたいやき」

あのな、田舎の特産品をな、なんでもな、
たいやきとかアイスに放り込めばいいってもんじゃねーんだよ?ん?


クリックで拡大

買うけどさ。


クリックで拡大

味についての論評は避ける。
みんな来て見て食って、そしてなにも語るな。






おまけその6。
今日は道の駅ばっかり。
なにやってんの?とお思いかもしれませんが。
クリックで拡大

切符買ったり、

クリックで拡大

スタンプ集めたりして。





おまけその7。
メモ書き。
山中湖周辺は観光地。大型ショッピングセンターなどはありません。
山中湖村は閑静なところです。
地元商店もありますが、
「アレが欲しいこれが欲しいなんでも欲しい」
という場合は、御殿場方面もしくは富士吉田周辺で入手してから
山中湖へ向かうといいと思います。
(バーベキュー食材など)
それでも何かが必要になった場合は、

View Large Map

ここ。
隣の忍野村になりますが、ここに大きめのスーパーと
ホームセンターとドラッグストアが固まってあります。
大抵のものはここで揃います。
(2008年秋現在)





いま現在の「山中湖から見た富士山」。

山中湖村 - 絶景くんの富士山中継









theme:富士山麓
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。