INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
クリックで拡大

11月最初のきょうは、なんだか暖かいのです。
ぼくもテラス席でのんびりしているのです。











クリックで拡大

きょうはちょっと暖かいのです。
昼間に見るOdakyuOX、えらそうなのです。


クリックで拡大

とりあえず三軒茶屋を目指すのです。


クリックで拡大

すぐ着いちゃったのです。
三軒茶屋は、きょうも人でいっぱいなのです。


クリックで拡大

そんな三軒茶屋の、
ちょっとわかりにくいところに、このお店はあるのです。

246を駒沢方面に向かって、郵便局までは行かない。
サンタワースの角にある、ローソンを曲がってすぐ、
なのです。

クリックで拡大

お店の名前は「RACCONTO」。「ラッコント」と読むのです。
”お話”という意味なのです。

RACCONTO/三軒茶屋/イタリアン、欧風カレー、イタリア料理[食べログ]
ぐるなび - 街角の隠れイタリアン 三軒茶屋「RACCONTO」

看板に「パスタがなんと・・・500円」って書いてあるのです。
話のわかるお店なのです。


クリックで拡大

お店の中は、落書きだらけなのです。
私信っぽいことまで。


クリックで拡大

道から見ると、半地下になっているテラス席。
ここがいぬオッケーなのです。


クリックで拡大

お水くれたのです。
話のわかる店なのです。


クリックで拡大

ストレート勝負のサラダに、


クリックで拡大

隠し味が利き過ぎたぞパスタに、


クリックで拡大

お飲み物はいろいろで、コーヒーはおかわり無料で、


クリックで拡大

ちっちゃいデザートまでついて、750~1000円ぐらい。
話のわかる店なのです。


クリックで拡大

でも犬メニューはないのです。
話のわからない店なのです。


クリックで拡大

犬メニューがないから飽きたのです。


クリックで拡大

きょうは小春日和。でも風が少々あるのです。
ここは壁の高い半地下テラスだからですね、
風はぜんぜん吹いてこないのです。


クリックで拡大

おおきいいぬはここから直接、
テラスに入るようになっていますのです。


クリックで拡大

さぁ、陽気に任せて散策するのです。


クリックで拡大

三軒茶屋の、ごちゃごちゃしたあたりを歩くのです。


クリックで拡大

花的には、きょうはいい天気だと思うのです。


クリックで拡大

この先”二本目を”左折、らしいのです。


クリックで拡大

こんなところで世田谷線、といわれても。

確かにあっちの方だけれどですね、
もう一度どこかで考えなきゃ、たどり着けないかもしれないのです。

クリックで拡大

混沌としているのです。


混沌の三軒茶屋をぐるぐる迷って遊んだのです。

クリックで拡大

それから、栄通りのほうに通り抜けましてですね、


クリックで拡大

こどものひろば公園を経由して、
世田谷公園に向かうのです。


クリックで拡大

この公園も、だんだん秋の気配なのです。


クリックで拡大

白い毛玉の気配も感じるのです。


クリックで拡大

白い毛玉に、背後を取られたのです…。


クリックで拡大

るんと一緒に、世田谷公園を目指すのです。
あと100mほどですけれど。


クリックで拡大

もう夕方、
でも世田谷公園には、まだいぬが残っていたのです。


クリックで拡大

まるちゃんに殴られたのです。


クリックで拡大

しょうがないから、チビとぼそぼそ遊ぶのです…。


クリックで拡大

うわ、久しぶりなのです。
元気でしたか、なのです。


クリックで拡大

とーかやっている間に、
小春日和の夕日が沈みつつあるのです。


クリックで拡大

せっかくのいい日和。
寒くなる前にですね、帰ろうと思うのです。


クリックで拡大

きょうは、三軒茶屋に行って、
RACCONTO(ラッコント)というお店に行ったのです。
お安い上に、とっても気安い店だったのです。

また行くのです。









おまけ。
帰り道の専門学校で、学園祭がやっていたらしい。
ここは食べ物学校なので、おいしいものが売っていたはず。
着いた時にはちょうど終了時刻。惜しい。
クリックで拡大

学校法人 食糧学院
東京栄養食糧専門学校 栄養士科(二年)/管理栄養士科(四年)
東京栄養食糧専門学校 製菓・カフェ経営科

この学校はそんじょそこらの調理師学校とは格が違う。
建っている場所は旧軍の食糧倉庫跡。

そもそもはるか大正時代、
「旧帝国が、国民および軍の食糧・栄養状態をなんとかしよう。」
という目的で設立した「財団法人 糧友会」。
その学校部門、「食糧学校」が基になって今日に至っている、
歴史と伝統の食べ物学校。
建学70年。
でもいまはカフェ経営科とか、製菓科とかあったりして。

糧友会といえば「食糧展覧会」(各自で調べてください)とか、
面白歴史もあるのだけれど、
ここが出した本に確か
「人間に必要な栄養を補うには、お菓子が一番よい」
とか書いてあるらしい、と記憶。
森永ミルクキャラメルにも「滋養豊富」「風味絶佳」って書いてあるし。
この伝統校にこそ、製菓科があって正しいのかもしれない。
兵士の戦場食糧(レーション)にも、
必ずといっていいほどおやつがついてくるし。
そういえばこのすぐ近所、同じ池尻に、こんなのもあるし。

(社)日本洋菓子協会連合会

関係あるのかな?

で、製菓部門があるからには、
この学校祭ではきっとケーキとかケーキとかケーキとか・・・
つまり買いそびれたがっかり。


というか長々書いたけれど、

いかに学校祭といえど、
製造ではなく、実演販売しているだけの模擬店とはいえど、
本来、構内に犬は入れないかもしれない。
しかし、
チビ(上のほう画像参照)のおばちゃんは公園で
「さっきパン買ってきた。安くておいしいのよぉ」と言っていた。
チビは一体・・・と聞いたら、抱えてたけど何も言われなかったそうで。
さ、さすが歴史が深いと、懐の深さも違うな、うん。


カフェ経営科があるのだから、
週三ぐらいカフェ営業実習してくださいしてください。>学校
「犬カフェ」で。










theme:犬との生活
genre:ペット


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。