INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
クリックで拡大

寒かろうが寒くなかろうが、
ぼくの散歩は基本的に夕方なのです。








クリックで拡大

きょうの世田谷公園、
週末の農業祭の準備が始まっていたのです。


クリックで拡大

AndyCafeのトリミング部は11月いっぱい、
黒いいぬキャンペーン、なのです。
なんたって「BLACK祭」なのです。

きっとですね、
車のタイヤ艶出し剤みたいなので、
ぴかぴかにしてくれるのじゃないか、と勝手に想像するのです。


クリックで拡大

だからくろ太郎、お前行ってくるといいのです。
ぜひ結果を報告して欲しいのです。
黒バグに「トリミング」する余地があるのかどうかはさておき。

なんたって「祭」なのです。
ぼくのうしろを追いかけてる場合じゃないのです。








おまけ。
きょうはこれだ。ワインだワイン。
クリックで拡大
「生詰め」なので、ワイン酵母が生きているのだ。


クリックで拡大
販売元は、がんばってる酒屋さん。

宮城 地酒 松島 日本酒 仙台 蔵元 むとう屋

製造元は宮城県の桔梗長兵衛商店
宮城でブドウ栽培しているらしい。
実際イメージだけなのだけれど、
宮城北部って葡萄になんとなく向いてる気がする。
寒くて雨が降らなくて。
でも盛んじゃないのはやっぱり、
葡萄栽培に必要ななにか、が足りないのかな?

ところでこの桔梗長兵衛ってのは、
由緒正しい葡萄屋さんでありまして、

知って得する情報 NO.9 - (社)全国清涼飲料工業会

>明治35年(1902年)ごろ、
>宮城県において桔梗長兵衛がコンコード種のぶどう植栽をはじめ、
>これを用いたグレープジュースの製造販売が行われました。

つまり、日本のグレープジュースの元祖、と言ってもいい。
そんなところの生ワイン。






で、そんな生ワインを冷蔵庫で長期放置してしまった。
結果、
なんだか度数が上がってる気がする(発酵が進んだ?)のと、

クリックで拡大

酒石」の発生に成功

ヴィンテージワインに興味がないので、はじめて見たのです。

酒石ってのは、化け学で言うと
「酒石酸とカリウムが反応して結晶化した」ものらしく、
よく「このワイン、ガラス片が入ってるぞ!」と苦情の元になるらしい。
なので大手のワインメーカーは、
これの発生源を極力除去してしまうので、
逆にこれが発生しているとむしろとてもナチュラル!というかそんな感じ。
酸化防止剤は入っているけど。

欧米ではワインスートン(独・ワインシュタイン)と呼んで、
「ワインのダイアモンド」なんて言って喜んだりするらしい。

ところがこの酒石酸、
潜水艦に必要な水中ソナーの材料になるらしく、
戦時中の山梨勝沼あたりでは、軍部の統制の元に
「酒石の増産・生産」が行われていたらしい。
で、終戦しましてその結果、葡萄が大量に余りまして、
今日の山梨勝沼の大ワイン産地としての土台になっている、と。


よしこの酒石で水中ソナーを作ろう、と思った酔客。
頑張ればできるはずだ、と。
でもこんな量でできるのか、と言えば無理なんじゃないかな、と。
で、なにに使うのか、と。
断念。


冷蔵庫に寝ていたボトル一本に、
いろんな「歴史」が絡んでくるなぁ、と。
しみじみ。




「白い浜」
ベスト40
ベスト40
加山雄三











theme:犬との生活
genre:ペット


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。