INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
クリックで拡大

三が日最終日のきょうはですね、
おめでたい感じで「七福神巡り」に行ってきたのです。

七福神巡りはたくさんあるのですけれど、
今回は、「山手七福神」というのに挑戦してきたのです。











( コース全図は後半にあります。これは前半です。 )




クリックで拡大

地下鉄に乗って、
南北線の「白金高輪駅」を目指すのです。


クリックで拡大

乗った電車が白金高輪止まりだったのです。
乗り過ごす心配もなさそうでラッキーなのです。


クリックで拡大

さぁ、着いたのです。
この辺に、第一番目の七福神ポイントがあるのです。

Wikipedia - 七福神
七福神 - 目黒区HP


しかし実は、本日もう時間が遅いのです。出かけるのが遅れたのです。

ちょうど出かけるくらいに、
あれ、もしかして…?という疑問が起こったのです。
「いまTVでやってる箱根駅伝って、そこ通過するんじゃないか?」
もし通過するなら大変な人混みの可能性もあるのです。
それは、避けたいのです…。

クリックで拡大

実はここはコースではなかったのです。
国道一号線だけれど、たぶん駅伝は旧道を走るのだと思うのです。


クリックで拡大

清正公前」という交差点があるのです。

そのすぐそばにあるのが「覚林寺」、
本日ひとつ目の七福神ポイントなのです。


Wikipedia - 覚林寺
港区産業観光ネットワーク MINATOあらかると 観光情報 港区観光データベース

クリックで拡大

加藤清正を祀ってあることから、
清正公(せいしょこさん)と呼ばれているのです。

Wikipedia - 加藤清正


クリックで拡大

二重丸みたいなのは、加藤清正の”蛇の目”の家紋。
桔梗マークはこれも加藤清正の家紋、なのです。

桔梗のほうは元々は、尾藤知宣くんの家紋だったらしいのですけれど、
尾藤くんの家財道具を大量に譲り受けた時に、
「紋を直すのめんどくさいから、家紋も貰っちゃおう」
って感じで使うようになったらしいのです。


クリックで拡大

清正が祀られている、清正公堂なのです。
「破魔軍」という扁額、
そして武人として崇拝される加藤清正にあやかって、
ここは勝負事、そして受験の祈願に来る人が多いらしいのです。
毎年五月の、清正の命日あたりにお祭りがあるらしいのです。

でもきょうはみんな、七福神巡りなのです。

クリックで拡大

そうそう、肝心の七福神はこっちなのです。
さすがに清正公、軍神の「毘沙門天」なのです。

Wikipedia - 毘沙門天

仏法を守る四天王のひとりで、
戦いに強くなるのです。
戦国時代最強のヘンな人・上杉謙信が
「俺、毘沙門天の生まれ変わり」とか言ってたあの毘沙門天です。


ぼくは戦いのスキルを身につけたのです。


クリックで拡大

さらなるスキルアップを目指して、次へ進むのです。
前のいぬを追いかけるのです。
七福神巡りの前半戦はですね、
ほぼ一本道なので、迷うことはないのです。


クリックで拡大

立派なホテルがあったのです。
ぼくも泊めてほしいのです。

シェラトン都ホテル東京


クリックで拡大

ホテルの横には、こんなのがあったのです。
これ勝手に使っていいのですか?

いいホテルなのです。



クリックで拡大

次の七福神ポイントに着いたのです。どーんとしているのです。
瑞聖寺」っていうお寺なのです。

■□■紫雲山瑞聖寺■□■
Wikipedia - 瑞聖寺

通りからは「…本当にこの先か?」と不安になるのですけれど、
多分合っているので、行ってみてから考えてください、なのです。

クリックで拡大

大陸風味を色濃く残す、禅の黄檗宗のお寺なのです。

なんとなく、中国のお寺風なのです。
港区でこんな雰囲気で、なんだか得した気分なのです。


クリックで拡大

これもなんだかわからないけれど、
なんだかわからないままに異国風なのです。
ガンガン鳴らしたいのです。


クリックで拡大

それにしても立派なのです。
ちょっとびっくりしたのです。


開基は江戸初期の青木重兼というお殿様で、
禅マニアで有名だった人なのです。

Wikipedia - 青木重兼

あと、岡山の新見藩主の菩提寺でもあるのです。

Wikipedia - 新見藩

この新見藩はかわいそうな藩で…
たぶんですね、江戸の諸藩一貧乏な藩だったのです。

クリックで拡大

あの脇の門も、かなり由緒ある作りと見たのです。
あれは和風ですけれど。


クリックで拡大

さて…ええと、なのです。
これはご本尊で…


クリックで拡大

あ、隣に居たのです。
七福神の「布袋さん」なのです。

Wikipedia - 布袋尊

知恵と、豊饒と家庭円満の神様なのです。
ぼくは知恵のスキルが上がったのです。


クリックで拡大

あと五つなのです。
どんどんスキルアップするのです。


クリックで拡大

入り口近くにあった子育地蔵なのです。


クリックで拡大

いぬが居たのです。
いぬは安産の象徴なので、ここにいてもいいのですきっと。


クリックで拡大

それにしてもここは白金なのです。
ファミマまでぴかぴかしているのです。


クリックで拡大

きょろきょろしたり、
通りすがりのいぬと遊んでいるうちにですね、
次の七福神ポイントに着いたのです。
妙円寺」というお寺なのです。

妙円寺 - 目黒区HP (注・妙円寺は港区にあります。)

入り口は、このアーチか七福神の看板が目印なのです。

クリックで拡大

いきなり急降下気味に、坂を下るのです。
この七福神クエスト完了には、試練がおおいのです。


クリックで拡大

急降下して、お寺に着地したのです。
足利尊氏の念持仏が母体なのだとか。


クリックで拡大

七福神ポイントは、本堂の脇にあるのです。
御朱印やグッズもここにあるのです。


クリックで拡大

なんとここはですね、
福禄寿寿老人と、ふたりも七福神がいるのです。
お得ポイントなのです。

Wikipedia - 福禄寿
Wikipedia - 寿老人

福禄寿は長寿、あと幸福や財産を授けてくれる神様。
南極老人星の化身なのです。
寿老人は動物の守護神、あと生命とか学芸とか知恵の守護神なのです。
南極老人星の化身なのです。

…どっちも「南極老人星の化身」なのです。
北斗の継承者は一子相伝なのです。
このふたり、「恵比寿&大黒」みたいによくコンビで祀られていることが多くて、
おまけにふたりの内容がダブるので、
「同一人物でしょ?」とされてたこともあるのです。
(その場合は六福神、もしくは別の神様を入れて七福神とする)

とりあえず動物の守護神に出会って、
長寿と賢さのスキルが上昇したのです。


クリックで拡大

「俺達もヨロシク」なお稲荷さんたちなのです。
でもきょうは君たちは主役じゃないのです。


次を目指すのです。

クリックで拡大

道の向かいは、自然教育園なのです。
自然教育園もお正月休みなのです。
そもそもあそこはいぬは入れないのです。ふんふん。

国立科学博物館付属 自然教育園


クリックで拡大

首都高の下をくぐるのです。日が傾いてきたのです。
急がなくちゃいけないのです。

きょうは出遅れ気味なのです。
そしてですね、ちゃんと調べてないのですけれど、
寺院というのは大抵、四時か四時半くらいで閉まっちゃうのです。


クリックで拡大

これは先日、このあと行くお寺の前で撮った、
「山手七福神巡りコース参考タイム図」なのです。

これは…見たときから
「ジョギング、ないしは自転車じゃないとこのタイムは無理」
と思っていたのです。
しかしなのです。きょうはそれに挑戦気味に周っているのです。

クリックで拡大

なのでですね、
本日は「御朱印集め」や「グッズ集め」はしないのです。
七つに間に合わなかったら大変残念だから、なのです。

御朱印集めやグッズ集めをしつつ、ゆっくり周りたい人はですね、
最低「二時間+α」は見ておいてほしいのです。
周るだけなら1時間、半もあれば大丈夫なのです。
でもそれじゃ、たぶん、つまんないのです。


クリックで拡大

目黒駅近くまで来たのです。
にぎやかな感じになってきたのです。


目黒駅の一帯は、さっき出てきた貧乏新見藩の親戚の、
三日月藩の屋敷だったのです。

三日月藩 - Wikipedia

のん気な名前の藩なのですけれどですね、
やっぱり大変だったのです。
他の藩は大抵ですね、江戸城のそばに上屋敷があって、
あと中屋敷とか下屋敷とかあったのですけれど、
三日月藩は紆余曲折の末に、
こんなところに上屋敷(中・下はなかった)があったのです。
だから、
昔このあたりはもっともっと田舎で、
歴代三日月藩主は、
「けっこう風情があっていいねー」とか楽しんでいるのですけれど、
いざ仕事!となると大変なのです。
ここからしょっちゅう、江戸城まで通わなきゃいけなかったのです。
徒歩か馬か駕籠で。
大変なのです。

現在だとですね、那須とかの別荘地に家買っちゃって、
丸の内まで新幹線通勤している感じなのです。

クリックで拡大

チワワとして、
歩行者や自転車の邪魔にならないように気をつけつつ、
先へ進むのです。


クリックで拡大

駅を越えると、すごい勢いで下る坂に出遭うのです。

行人坂」というのです。
普通に歩いてても転げ落ちそうな坂なのです。
転がっちゃうと、真正面に見えるホリプロに突っ込んじゃうのです。

株式会社ホリプロ
行人坂 - 品川区HP
 ( ・品川区の公式HPなのに、
 ページ下のほうで間抜けなチャレンジしてる人がいます。
 品川区内中の坂をこうして「実証」してるみたいです。 )


本日、高輪方面から来たのには理由があるのです。
「山手七福神巡り」は順番が大事なのです。

「高輪から目黒へ巡ると、無病息災で長寿祈願。
 目黒から高輪だと商売繁盛。」
チワワとして、商売繁盛には縁がないのがひとつ、
この先の(高輪から来た場合の)後半部分に土地勘があって
気が楽なのがひとつ、
そしてなによりの理由は、「行人坂を登りたくない」なのです。

目黒から高輪コースだとですね、
この坂を登りつつ「商売繁盛」なのですけれど、
「この坂を登れる人は、間違いなく健康」だから
無病息災とか長寿とか別にいいと思うのです。


クリックで拡大

そんな坂の途中に、次の七福神ポイントがあるのです。
大円寺」というのです。

Wikipedia - 大円寺(目黒区)


クリックで拡大

ここはですね、決して広いとはいえない境内に、
見所や見物や逸話や歴史が盛り沢山の、
かなり面白いところなのです。

たとえば江戸時代の三大大火のひとつ、
目黒行人坂の大火」というのがあってですね、
この目黒駅あたりから江戸城を類焼しつつ、
だからここまで通ってきたあたりを焼きながら、
寛政の改革を始めようかな、と思ってた頃の松平定信の屋敷も延焼。
神田明神や湯島聖堂も焼いて、上野浅草、千住まで焼けて、
死者合計一万五千人、とか言われているのですけれど、
実は火元はこのお寺

Wikipedia - 明和の大火

明和九年は他にも天災が相次いで、
「明和九年、めいわくねん!
なんて縁起でもねぇ!とか言われて、
しょうがないから幕府と朝廷とで「安永元年」に改元しちゃったのです。

その原因のひとつがこのお寺、なのです。

クリックで拡大

そんな火事の犠牲者慰霊のために、
石職人が50年がかりで作ったのがこの五百羅漢なのです。

他にも境内にはですね、
国の重要文化財とか都の重要文化財がごろごろあって、

クリックで拡大

あ、こんなものもあったのです。
また火事なのです。

Wikipedia - 八百屋お七
Wikipedia - 天和の火事

単に惚れられただけの吉三さんがのちに出家して、
諸国遍路の末に
このお寺(明王院、のちに大円寺と合併)に入って、
太鼓橋」を作ったのだそうです。

クリックで拡大

さて、お七のことはさておき、ですね、
ここにある七福神は「大黒天」なのです。

Wikipedia - 大黒天

農耕の神さまなで、五穀豊穣の神様なのです。
チワワなのに、農業スキルを身につけたのです。


クリックで拡大

お寺を出て、行人坂を下りきって、次へ行くのです。
アルコタワーと雅叙園なのです。

目黒雅叙園
Wikipedia - 目黒雅叙園(画像あり)


クリックで拡大

すぐに目黒川に出るのです。
川を渡るこの橋こそが、さっき吉三さんが作った「太鼓橋」なのです。


クリックで拡大

さぁ、この辺から先は、土地勘があるのです。
急ぐのです。


クリックで拡大

山手通りの向こう、あそこに見えるのが次のポイント、
「霊雲山蟠龍寺」なのです。
ここはこの間も来たのです。
先日分、特に「岩屋弁天」「おしろい地蔵」についてはこちらを。

お正月の山手通り、車は少ないとはいえ、
無理矢理渡るのは危険なのです。

クリックで拡大

陸橋渡るのです。


クリックで拡大

門から入ると、「え・・・と、」と少し悩むのです。
でもこの先にお寺があるので、どんどん進んでくださいです。
あ、
途中の「不許辛肉酒入山門」の碑は見逃しちゃダメなのです。


クリックで拡大

お寺に着いたのです。
江戸名所図会にも載ってるのに、
先日は誰もいなかったのです。
でもきょうは人がいっぱいいるのです。

蟠竜寺 - 目黒区HP

先日の訪問記録はこちら

クリックで拡大

ここには弁才天(弁財天)が二人いるのです。

普段は開いてない弁天堂が、
きょうは開いているのです。

クリックで拡大

七福神の六人目、「弁才天」なのです。

Wikipedia - 弁才天

基本的に知恵の神様で、
音楽とか芸術とか、芸事の上達の神様なのです。

またスキルアップなのです。
ぼくはきっと、いい声で鳴けるようになったのです。

クリックで拡大

岩屋弁天(岩窟弁財天)のほうが、今日は入れなくなっていたのです。
みんな入り口でお参り、なのです。

んー?
こっちは弁財天、上のお堂の額は弁才天

…きっと御利益が違うのです。両方参っておくといいのです。


クリックで拡大

さぁ、このクエストも残りは一ヶ所、なのです。
制限時間まであと少し、なのです。



ところが次で、
まさか一番良く知っているはずの最後のポイントでですね、
大変な苦労をすることになるのです…。





( 後半へ続く。 )








theme:東京23区
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。