INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
クリックで拡大

日曜日のきょうはどこかへ行こうと思ったのですけれど、
朝、みぞれみたいなのが降ってがっかりなのです。

だからですね、
いつもは(逆に近過ぎて)通り過ぎるだけだった、
ご近所のカフェへ来てみたのです。







(画像は全てクリックで拡大します)


クリックで拡大

空はまだ曇っているのです。
目的地は近所なので、ダッシュで向かうのです。


クリックで拡大

三宿交差点から数メートル、
松屋の裏に、こんな入り口があるのです。

いつもはここ、近過ぎてスルーしていたのです。
家に帰るほうが早い…くらいの勢いで。
(もう数軒、さらに家に近い犬オッケー店舗がありますがいつになるやら…)


クリックで拡大

本当にここでいいのか…?と悩むようなところなのですけれど、
ここでいいのです。
地下は三宿Web、二階あたりには香港麺新記とか。
そんなビルの五階に、目的の店はあるのです。

三宿Web (公式)


クリックで拡大

エレベーターで着いた五階、
本当にあの扉でいいのか、まだ迷うのです。
でもそれで正解なのです。


クリックで拡大

中は、こんなにいいとこなのです。
kong tong」というお店なのです。

kong tong コントン - カフェ、バー、ダイニングバー(池尻大橋) [食べログ]

奥のほうにはですね、ソファー席もあるのです。


クリックで拡大

いろいろあるのです。


クリックで拡大

わくわくするのです。
(注・いぬメニューはありません)

クリックで拡大

それにしても、なのです。
なんだか天気がよくなってきたのです…。


クリックで拡大

窓から246と、首都高が見えるのです。


クリックで拡大

ああ、こんなことなら遠くへ遊びに行ってもよかったのです。

でもなのです。
この席もぽかぽかと気持ちがいいのです。


クリックで拡大

まぁ、これはこれでいい日曜日、なのです。


クリックで拡大

おいしそうなものが来たのです。
でも犬に牡蠣はちょっとアレなのです。


クリックで拡大

…あ、ぼくのじゃないのですか。
(繰り返しますが、いぬメニューはありません)


クリックで拡大

なんだか天気がどんどんよくなってきて、
そして、
この席がどんどん心地よくなってくるのです。


クリックで拡大

あの奥に、ソファ席があるのです。
長い人生の二時間ほどを、
とろけるようにダラダラ過ごしたい人は、ソファ席に行くといいのです。


でも、ぼく的には飽きてきたのです。
世田谷公園に行くのです。

kong tong、また来るのです。


クリックで拡大

さぁ、世田谷公園までやってきたのです。


クリックで拡大

きょうはボード教室がすごい人なのです。
天気がよくなって、よかったのです。


クリックで拡大

あ、ブラッキーこんにちはなのです。

ブラッキーはビビリだけど、
ぼくのことは友達だと思っているらしいのです。


クリックで拡大

ブラッキー、またね、なのです。
あっちのほうへ…。


クリックで拡大

…。

通してほしいのです。


クリックで拡大

山の上にやってきたのです。

そういえばここに、ずっと前から日時計があるのです。


クリックで拡大

あんまり普通にあるからですね、
特別気にしたことなかったのです。


クリックで拡大

でもよくよく調べてみたら、割と偉い日時計だったのです。
小原式日時計」っていうらしいのです。

日時計おつくりします SUNDIAL
日時計 小原銀之助

「世界一正確な日時計」ということで、
ギネスブックにも載ったことがある形式の日時計らしいのです。


クリックで拡大
(写真は全て、クリックで拡大)

およそ北極星の方向」
という言葉に、世界一の精度とは、とちょっと悩むのです。


世田谷ロータリー倶楽部の十周年記念で、
1973年に作ったらしいのです。
横にあるタイムカプセルも70年代のはずなのでですね、
この山自体がそれよりすこし前に造山されたのかもしれないのです。


クリックで拡大

現在の時刻が15時ひとケタくらいなのです。
だ、大体正確なのです。

あ、日時計の脇に変換表がありましてですね、
季節ごとに、ちょっと修正して読まなきゃいけないらしいのです。


クリックで拡大

麓に下りたら、ちびがいたのです。
でもやる気ナシなのです。

ちび的にはきょうは寒いらしいのです。


クリックで拡大

だらだらしていたら、なんだか人が湧いてきたのです。


クリックで拡大

一斉に、ごみ拾いが始まったのです。
ボード教室の親子やボーダーの皆さんなのです。


クリックで拡大

みんなJTの袋とトングを持っているのです。
あれ、多摩川あたりで貰って参加したことがあるのです。

ひろえば街が好きになる運動 > 清掃活動 > マナー > SMOKERS' STYLE

公園がきれいになるのはいいことなのです。
東京都でも世田谷区でもいいのですけれどですね、
いい加減に、ボードさんたち用の専用コート作ってあげてほしいのです。


クリックで拡大

邪魔になっちゃいけないので、ちょっと移動してみたのです。

そしたらですね、
世田谷公園に保存されている蒸気機関車(D51-272)が
なんだか覆われちゃっていたのです。


クリックで拡大

何事ですか!と確かめに行くのです。

蒸気機関車に取り付くためにはまず、
この子供用サーキット…ではなく交通広場みたいなのにはいるのです。

ここは一度でいいからいぬとして疾走してみたいのですけれど、
「人間の子供が交通ルールを学びつつ遊ぶ場所」
なのです。

これの、入って右すぐに、
蒸気機関車への改札口があるのです。


クリックで拡大

塗装工事、お化粧直しだったのです。
改札も閉鎖、しばらくは近くで見ることも出来ないのです。
そう、お化粧直し、なのです。


というのも数日前に、
「JR東日本、蒸気機関車再生へ調査に着手」
とかいうニュースがありまして、
あちこちに保存中の蒸気機関車を情報収集と調査して、
いけそうなのがあったら復活再生させるかも、という話を聞いたので、
まさか!?と思った次第。

それによく考えたら、
JR東日本は”動くD51”を既に一機持ってるのでですね、

復活させるなら違う型のだと思うのです。999のC62とか。


クリックで拡大

三月になったら、また会えるのです。
ピカピカで。


クリックで拡大

それからしばらく、いぬと遊んで帰ったのです。


クリックで拡大

きょうはなんだかんだでいい天気の日曜日、だったのです。
「kong tong」というお店に行ったのです。

また行くのです。








おまけ。
小原式日時計について。
クリックで拡大
世田谷公園から見た場合、
エベレストと京都はほぼ同じ方角であるらしい。


この日時計に、

「人類が最初に知った科学は 天体のうごきであった」

と小原銀之助氏のお言葉が書いてあるのです。
宇宙開発由来の名を持つ犬の飼い主としては見逃せない言葉。
確かに、日の出日の入りや夏至や冬至、そういった天文現象、
天体天文学へのアプローチは、縄文遺跡からすらも垣間見える。
ストーンサークルとか。


でも、人類という生き物がまず必要だった科学は、

「これは食えるか食えないか」

という”化学”(生物学、疫痢学、衛生学)ではなかったかと思うのですが。
最近は森永のチェリオ(アイス)がお気に入り。








theme:犬との生活
genre:ペット


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。