INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
クリックで拡大

きょうはそこそこ天気もよかったのです。
だから、梅ヶ丘の羽根木公園の梅祭り、
せたがや梅まつり」に行ってきたのです。










「代田餅つき」はこちらにあります。




クリックで拡大

北沢川を北上するのです。
でも、なのです。
梅ヶ丘駅と環七の間は、現在鋭意工事中、なのです。

どうやら、ぐねぐねした道になる感じなのです。
楽しそうなのです。


クリックで拡大

着いたのです。
小田急の梅ヶ丘駅からほど近く、
羽根木公園が「せたがや梅まつり」の会場なのです。


クリックで拡大

例年、割と寒いイメージがあるのですけれどですね、
きょうは陽射しも暖かく、
だから続々と人がやってくるのです。


クリックで拡大

うわ、予想以上に人がいるのです。
みんな楽しそうなのです。


クリックで拡大

そんな人ごみの中、
お互いの健闘をたたえあうのです。


クリックで拡大

出店のあたりも、すごい人なのです。
みんな美味しそうで楽しそうなのです。


でも、きょうの目的はそれじゃないのです。
本日はこの会場でですね、
餅つきと、餅の無料配布があるのです。
それを探しているのです。

クリックで拡大

花もいっぱい売っているのです。
でもお花じゃないのです。

もーちー、はどこですか?

クリックで拡大

落語だ落語。
学生さんの落研だと思うのです。

でも落語でもないのです。
もーちー。


クリックで拡大

みーつーけーたーのです。

でも、ぎりぎり遅かったのです。
どうやらいまから並んでもですね、
ちょうどぼくの前くらいで終わっちゃいそうなのです…。


これはですね、世田谷区代田に伝わる、伝統の餅つき、
代田餅つき」といいましてですね、
天保年間の頃からやっているスタイルなのだそうです。
世田谷区の無形文化財なのです。

天保年間といったら、大塩平八郎の乱なのです。

三土代会(みとしろかい)という地元の皆さんが、
いつもは代田八幡でやっているのですけれど、
毎年このせたがや梅まつりに出張参加してくれるのです。

もーちー…。


クリックで拡大

きみは貰えそうなのです。
うらやましいのです。


クリックで拡大

しょうがないから、本日はじっくり餅つきの鑑賞をするのです。
でも、餅行列が取り囲んでいてですね、
純粋鑑賞にはちょっと不向きなのです。




歌に合わせて、
大の大人が数人がかりで餅をイジメまくるのです。
じじいは100まで生きるのです。


クリックで拡大

ちょっと面白かったのです。

また今度、どこかで必ず、
代田餅つきの餅をゲットするのです。


クリックで拡大

こっちは大会本部なのです。
せたがやお土産や、梅祭り関連商品の販売。
公式パンフレットもここにあるのです。
あと、無料のお茶もあるのです。


クリックで拡大

困り事を相談すると、「ガンバレ!」と花を貰えるらしいのです。


クリックで拡大

こっちは世田谷保健所なのです。
お世話になっているのです。
(犬はみんな登録してあるもんです。)


クリックで拡大

災害時の犬グッズなのです。
勉強になるのです。


クリックで拡大

災害時は、いぬもマナーが大事なのです。
勉強になるのです。


クリックで拡大

世田谷区姉妹都市(村)の川場村も来ていたのです。
でも例年、この会場では山賊焼きはないのです。


クリックで拡大

また食べ物処にやってきたのです。
どこもすごい行列なのです。


クリックで拡大

各ブースごとに、近くの商店街が出店していてですね、
だからいわゆる「お祭り価格」よりリーズナブルなのです。


クリックで拡大

いろんなものが売っているのです。
どれもおいしそうなのです。

でも、行列が長くて、いぬ連れではちょっとあのその…。


クリックで拡大

あ、ゴミ箱もちゃんと完備されているのです。
梅の足元に。


そんな中ですね、
なぜか誰も並んでいない場所を発見したのです。
偶然のエアーポケットだったのです。

クリックで拡大

100円!


クリックで拡大

おおおおおおおおおおおお。


クリックで拡大

うおおおおおおおおおおおお、なのです。


クリックで拡大

100円で幸せになったところで、本題に入るのです。


クリックで拡大

梅なのです、梅。

梅状況は「ちらほら」なのです。
というのもこの公園の「梅園」はですね、
いろんな種類の梅が植えてあるのです。
だから、
それぞれの梅の開花時期がばらばらなのだと思うのです。


クリックで拡大

これは太宰府天満宮の飛梅

主の菅原道真を追いかけて、
一晩で京都から太宰府まで飛んでいった梅。

Wikipedia - 飛梅

が、株分けされて今度は世田谷なのです。

「太宰府天満宮で一番最初に咲く梅」
として名高いはずなのにですね、
世田谷へ来てからはサボり気味なのです。

…そうなのです。
例年割とこいつ、”一番に咲いてない”のです。
今年はぼくのために咲いていたのです。愛いやつなのです。

クリックで拡大

必然的に”咲いてる梅”に群がる皆さん、なのです。

逆に言えばですね、
「期間中いつ行っても、
 それなりに咲いているどれかしらの品種の梅に出会える」
ということなのです。


クリックで拡大

羽根木公園は、改装工事も真っ盛りなのです。
以前売店があったところが、こんな感じになっていたのです。

自動販売機は帰ってくるらしいのですけれど、
売店は帰ってくるのか不明なのです。

クリックで拡大

梅も探せば、ばんばん咲いているのです。

これは「東松原駅へ帰る人だけが楽しめる梅園」の梅なのです。
梅ヶ丘方面から来た人は、
ここに気がつかない人も多いのです。


クリックで拡大

さぁ、堪能したので帰るのです。
夕方ぐらいから雨降りの予報なのです。


クリックで拡大

きょうは、梅ヶ丘の羽根木公園で毎年開催される、
「せたがや梅まつり」に行ってきたのです。

100円で幸せになれたし、
伝統の餅つきを見学したりしたのです。

もーちー…。







おまけその1。
羽根木公園の一角にて。
クリックで拡大

ちょっと埋まっているけれど、
これは紛れもなく「石敢當」。
なぜここに…。

Wikipedia - 石敢當

それも、
「T字路や三叉路の突き当たりに置く」
というセオリーを完全無視で。




おまけその2。
他所はどうだかわからないけれど、
世田谷あたりのGoogleMapの衛星画像は、
主に春先に撮影されている。
だから桜が咲いていてきれいで、
目黒川の桜なんかも楽しめるのですけれど、
羽根木公園の空撮画像は

View Large Map

「せたがや梅まつり」開催中。
それもちゃんと屋台が開いているから土日。

右の人ごみが屋台あたり。
左下方面が梅園。











theme:東京23区
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。