INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。頑丈なチワワのクドさんです。
きょうは眼光鋭いのです。気合入ってますのです。
もののふです。もふもふではありません。もののふ、です。
0202101.jpg
またしても城攻めに行ってきたのです。
チワワの漢として生まれたからにはやはり、
お城のひとつやふたつやみっつは持ちたいものです。



今日攻める城は、行き方説明が簡単なのです。









0202102.jpg
JR横浜線の片倉駅のすぐ目の前です。
駅から「あれかな?」という山がすぐそこに見えるのです。

田園都市線からの場合、長津田からJR横浜線で、八王子方面です。

Wikipedia 片倉城

このお城、目立つところにある割には歴史がよくわからない上に、
実戦で使われたこともなさそうなのです。
もったいないのですが暢気なお城です。

同じ八王子でも、八王子城はもう語るも怖い(略)です。

それはさておき、です。


0202103.jpg
実際、すぐそこでした。
駅から10分歩いたかな?です。

お城の案内図。
北が下です。
左上の入り口はわかりにくいかもしれません。
交番と蕎麦屋の間に「これ?」という感じの道があります。
城内には自販機等はありませんのです。
駅構内にマクドナルド、駅前にコンビニエンスストアがありますので、
その辺で兵糧を用意しておくといいのです。


0202104.jpg
麓の田んぼ。

上記図面の左下の入り口から入りましたのです。
城に入ってすぐに池がありまして、カメラマンが何人も、
なにやら鳥撮影を狙っている風なのですが、
いぬが行くと鳥が逃げそうなのでそーっと迂回です。

0202105.jpg
ぐるーんと回り込みましてですね、
二の丸から進入するのです。

ここは図でいうと二の丸広場の右の通路、
二の丸~三の丸間の空掘です。
三の丸は畑になってます。

0202106.jpg
二の丸広場。
笑っちゃうぐらいひろーいのです。うはははははです。

ぼくんちが「城攻め」をするのにはわけがありまして、
趣味なのは当然なのですが、
関東の「小田原北条さん系のお城」の設計思想はこういう風に
山頂の郭が、やたらと広大なのが多いのです。
だから、いぬ的に楽しいのです。
(参考 「大庭城を攻めた、の巻」)

あ、穴掘っちゃいけませんよ!>いぬALL
史跡史跡。


0202107.jpg
とりあえず走ってきますです。

0202108.jpg
ちょっとあっちいってきますのです。





0202109.jpg
追い立てられて戻ってきたのです。


0202110.jpg
二の丸から見た本丸。
橋で繋がっています。

0202111.jpg
本丸も芝生。
二の丸ほどは広くはないのですが、ひろいひろい。


0202112.jpg
本丸~二の丸間の空掘の底から。
通路になっているのです。

0202113.jpg
本丸下にある、住吉神社。
なぜこんな内陸部に、
瀬戸内の海の神様の住吉神社なのか…
ちょっとわからないのです。

おまけに紋が神社には珍しい、「一文字に三つ星」。
毛利家(毛利元就、萩の長州藩)と同じ紋です。

毛利氏の家紋 ( 播磨屋.com )


説明板を読みますとですね、
なんでもずっと昔、鎌倉時代にこのへんは、
源頼朝の側近官僚だった大江広元の領地だったそうで。

Wikipedia 大江広元

大江氏の家紋は「一文字に三つ星」
その子孫が領有してる時に、神社を勧進建立したのだそうです。
同じ大江氏の子孫が毛利家。

とりあえず、特に東京近郊ではこの紋の神社は珍しいです。


0202114.jpg
きょうの旅の祈願をしておくのです。
でもルートは山道ですけれど。

…ええ、このあともきょうの旅は続くのです。
クドさんはどこへ向かうのか!?
それはまた今度。

つづく。

続編「チワワ、シルクロード之旅」はこちら





おまけ。
0202115.jpg
…誰ですか。
こわいです。


0202116.jpg

えーと、「アテネ戦士の像」だそうです。
アテネの戦士様が、なぜこの片倉城に建っているのか不明。

このお城の麓には、こんな銅像がいっぱい建ってるんです。









theme:史跡
genre:学問・文化・芸術


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。