INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
クリックで拡大

お花見日和となりました、本日の日曜なのです。
江東区は辰巳の、辰巳の森緑道公園に来てみたのです。

少し曇ったりしながらも、まぁいい天気なのです。







クリックで拡大

有楽町線辰巳駅を降りて、辰巳JCTを仰ぎ見つつ、
あの陸橋を渡るのです。




そこがもう、目的地なのです。
辰巳の森緑道公園は便利便利なのです。

東京都立辰巳の森緑道公園


クリックで拡大

ここは例年、桜並木の下が屋台でいっぱいになるのです。


クリックで拡大

メキシコ原産のぼくなのですけれど、
日本に生まれてよかったのです。


クリックで拡大

日本も物騒なのです。
きっとおいしさ大爆発なのです。


クリックで拡大

もっと混んでるかと思ったのですけれどですね、
割合と隙間があったのです。


クリックで拡大

というわけでですね、
おなじみアイテム
「大橋JCTの花見休憩所でもらった首都高シート」
をひろげるのです。


クリックで拡大

おしりが滑るから、ぼく用のシートも敷くのです。


クリックで拡大

うわああああああああ。


クリックで拡大

こ、これはこれは。
これはこれはこれは。


ちなみにこのあたりにはですね、
コンビニが一軒だけあるのです。
花見体制のそこでも充分に物資の補給は出来るのですけれど、
持ち込むほうが賢明だとは思うのです。

クリックで拡大

いぬもちらほらと、花見に来ているのです。


クリックで拡大

売られた勝負は買うのです。


クリックで拡大

・・・・・・。


クリックで拡大

飽きたのです。
そろそろ、移動するのです。


クリックで拡大

すぐ隣の、辰巳の森海浜公園に移動したのです。

辰巳の森海浜公園


クリックで拡大

きょうはみんなたぶん、花見のほうに行っちゃっているのです。
だから広々なのです。


クリックで拡大

走るのです。


クリックで拡大

こっちの公園にも、桜は咲いているのです。


クリックで拡大

人が少ないので、
純粋に”花見”をしたい人にはお勧めなのです。


クリックで拡大

いぬがいたから、挨拶するのです。


クリックで拡大

端っこのほうなのでですね、
探さないとたどりつけないのです。


さて、辰巳の森海浜公園を遊んだので、
ちょっと歩き始めるのです。

クリックで拡大

辰巳の森緑道公園のほうに戻ってきたのです。

とはいってもですね、
ここはさっきのお花見会場とは逆のほう、
「辰巳駅の上」あたりなのです。




最初のお花見会場が右のほう。
上右の緑が辰巳の森海浜公園、
いまやってきたのは左下のほうなのです。


クリックで拡大

屋台もないからですね、
こんな花見時でもひろびろしているのです。


クリックで拡大

ひろびろしてて、ヒマそうなのです。


クリックで拡大

でもこの山の裏側に、桜の花もあるのです。


クリックで拡大

あそこに見える橋を渡るのです。


クリックで拡大

この橋も実は桜なのです。

人といぬと自転車用のこの橋、「辰巳桜橋」というのです。


クリックで拡大

桜橋を渡って、運河沿いに辰巳橋のほうへ進むのです。
しばらく来ない間に、とてもきれいになっていたのです。


クリックで拡大

イオン東雲の前の陸橋を渡るのです。
辰巳歩道橋は結構揺れるのです・・・。


クリックで拡大

豊洲のほうにやってきたのです。

話題の大開発中の街なのですけれどですね、
ちょっと裏に入ると、少し古い建物と、
とても新しい建物があって、
対比がしみじみするのです。


クリックで拡大

桜が咲いている公園があったのです。


クリックで拡大

でもここの桜はですね、
”花ごと”落ちているのが多いのです。


クリックで拡大

見上げたら鳥がいたのです。
鳥が、花のつけ根の甘いところを一生懸命食べているのです。


クリックで拡大

ビバホーム豊洲店にたどり着いたのです。
スーパービバホームなのです。
その名の通りですね、とってもでっかいのです。

スーパービバホームTOP:ホームセンター ビバホーム


クリックで拡大

いぬカートもあるのです。
さぁ、ビバホームに突入するのです。


・・・・・・。


クリックで拡大

出てきたら、もう日が暮れていたのです。
スーパービバホームに敗北した感じがするのです・・・。

(本当に広いので、目的意識を持っていないと遭難します。)


クリックで拡大

せっかくなのでですね、
ららぽーと豊洲のほうへ行ってみるのです。

アーバンドック ららぽーと豊洲


クリックで別窓拡大
(クリックで別窓拡大)

ららぽーと横の豊洲公園からは、夜景がきれいだったのです。

Wikipedia - 豊洲公園

(でもこの下の煉瓦のテラスは「春海橋公園」というらしい。)


クリックで拡大

ららぽーとのドッグもクレーンも、
なんだか飾ってもらえているのです。


クリックで拡大

日曜夜のららぽーとは、割と空いている感じなのです。
まだ夜は少し寒いし、なのです。


クリックで拡大

そんなららぽーとを、意味もなくうろうろしたりして、


クリックで拡大

でもそろそろ寒くなってきたのです。


クリックで拡大

名残惜しいけれど、帰るのです。


クリックで拡大

ばいばいららぽーと、
またにぎやかな時に来るのです。


クリックで拡大

きょうは恒例、辰巳で花見、だったのです。

さびしくなく、混んでもいない、
ちょうどいい人出で楽しかったのです。

豊洲にも、ビバホームにもららぽーとにも行ったのです。




きょうのコース。

(三角で再生。+-で拡大縮小。)








おまけその1。
ららぽーと豊洲からは、東京タワーが見える。
クリックで拡大

魂がイナカモノなので、
あれが見えると余計な感慨や感傷が湧いて湧いてしょうもない。





おまけその2。
クリックで拡大

現役稼動ではないとしても、


クリックで拡大

クレーンかっこいい。

こんなに飾ってもらえることを、現役時代は予想だにしなかっただろう。






おまけその3。
クリックで拡大

桜はなぜに、人のこころをこんなにわさわささせるんだろ。









theme:東京23区
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。