INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
クリックで拡大

きょうはウォーキング大会に出場してきたのです。
多摩の天気はウォーキング日和、だったのです。








クリックで拡大

四月も半ばの本日、京王堀之内駅にやってきたのです。

Wikipedia - 京王堀之内駅


本日は、ウォーキング大会に参加するのです。
京王電鉄が主催する、「京王沿線ウォーキング」、
本日は今年度の第一回、なのです。

京王沿線ウォーキング|京王グループ
2009年度京王沿線ウォーキング|京王グループ
第一回「多摩よこやまの道で木漏れ日の揺れる林の中を歩く」|京王グループ

数あるウォーキング大会の中でも、
この京王沿線ウォーキングはですね、

・ スタートとゴールが京王線の駅。つまり便利。
・ 大会規約が厳しくない。
・ 参加費無料
・ なのにコース案内等はしっかりしている

と、いいことづくめなのです。
そしてなによりですね、

・ 「犬の参加お断り」とは書いてない。
 ( 書いてある大会多いのです。 )

あえて欠点があるとするならですね、
「当日雨が降ることが多い・・・」
というくらいなのです。

クリックで拡大

本年度第一回なのでですね、
参加スタンプカードと地図を受け取るのです。
( カードは毎回配布 )
ゴールするとまたしても記念品。

夏場を除いて四月から三月まで毎月行われる大会、
スタンプが溜まると、”えらいぞ記念品”まで貰えちゃうのです。


クリックで拡大

地図を受け取ったのです。
コースを確認…

するまでもないのです。

この道は知っているのです。
京王堀之内駅から京王若葉台駅を目指す今回のコース、
経路の大半は「多摩よこやまの道」なのです。
史上初であろう、チワワによる”よこやまの道”走破記録はこちら


クリックで拡大

駅を出て、コースに従って歩き出すのです。
昼食や水分は各自持参なのです。

勝手がわからない場合があると思いますのでですね、
駅周辺で確保しておくのが無難だと思うのです。


クリックで拡大

長池公園から流れている、せせらぎ緑地に沿って歩くのです。

ぼくたちは受付終了の少し前にエントリーしたのでですね、
たぶんもう人は少なめだと思うのです。


クリックで拡大

別所公園に着いたのです。
コースはこの公園の脇を通るのですけれど、
公園を堪能しないわけにはいかないのです。


クリックで拡大

地元のチワワの女の子に、大歓迎を受けたのです。


クリックで拡大

さぁしかし、なのです。
道程はまだまだまだまだ、なのです。
さようならお嬢さん、なのです。


クリックで拡大

コンビニがあったのでですね、
食糧を買っておくのです。

この先のよこやまの道にはですね、
コンビニはほとんどないのです。


クリックで拡大

なんだかいろいろ遊んでいるうちに、
ぼくが最後尾っぽい雰囲気になってきたのです…。


クリックで拡大

要所要所にはこのようにですね、
ありがたい誘導の人がいてくれるのです。


クリックで拡大

大妻女子大学の横を通って、
いよいよよこやまの道へ突入なのです。

よこやまの道の全行程からするとですね、
途中参加のようなところから入るのです。


クリックで拡大

要所要所にはこのような案内矢印があってですね、
地図が苦手な人でも、迷うことはまずないのです。


クリックで拡大

さぁ…って、前の人がいないのです。
本格的に最後尾気味らしいのです。


クリックで拡大

でもぼくはチワワなりに速いのです。
ガンガン歩くのです。


クリックで拡大

春のよこやまの道はいい気持ちなのです。
さぁこれから頑張るぞ!という感じの植物でいっぱいなのです。


クリックで拡大

たんぽぽ群れまくり、なのです。


クリックで拡大

西洋城郭風に、ぐるぐるスラーだー。

あれはアクアブルー多摩という公営プール施設なのです。

アクアブルー多摩 -多摩市民温水プール-


クリックで拡大

ゴルフ場の横を通ったり、
ついこの間来た奈良原公園のそばを通ったり、
時々は一般道に出たりもするのです。
車には気をつけてほしいのです。


クリックで拡大

だんだん、参加者に追いついてきたのです。


クリックで拡大

お昼ごはん補給を、一本杉公園で行うのです。

でも、一本杉公園の本園の方はですね、
よこやまの道、つまり本日のコースに含まれているのです。
たぶん、ウォーキング参加者で混んでいるのです。

空いているかも、と一本杉球場のほうへ来てみたらですね、
誰もいなかったのです…。

Wikipedia - 多摩市一本杉球場


クリックで拡大

補給完了なのです。
一本杉公園を通過する、よこやまの道コースへ復帰するのです。


クリックで拡大

一本杉公園も、春真っ盛りだったのです。

一本杉公園|多摩市


クリックで拡大

八重の桜は終了間際の爆発中。


クリックで拡大

保存古民家には、鯉のぼり。


クリックで拡大

そして休憩するウォーキング参加者の皆さん、なのです。


クリックで拡大

ぼくはもう休憩完了しているのです。
どんどん先を目指すのです。


クリックで拡大

公園出口で、仲間に出会ったのです。
同じくウォーキング参加者だったのです。

お互い頑張って、はるかなゴールを目指すのです。


クリックで拡大

とはいっても、もうコースは半ば過ぎなのです。
このあたりから先のほうが、のどかな感じなのです。


クリックで拡大

たんぽぽは、とにかくたくさんたくさんなのです。


クリックで拡大

山吹と、向こうにはバスがいっぱい。


クリックで拡大

国士舘大学の多摩ひみつ基地の脇を通るのです。

ぼくは、世田谷校舎の横の烏山川緑道もよく通るのです。
今度はですね、学校の中も探検させてほしいのです。


クリックで拡大

参加者に、ずいぶん追いついてきたのです。
どんどん先へ行くのです。

このあたりまでで追い抜いた、
ご高齢のにんげんの参加者の皆さんが、
規定ゴール時間内に無事にたどり着けたか心配なのです。


クリックで拡大

見晴らしのいいところに来たのです。
春の空はやる気のなさが魅力的なのです。


クリックで拡大

舗装の区間もあったりするのです。


クリックで拡大

でも、やっぱり山道風のところがすきなのです。
少し切り通し気味になっていてですね、
昔の街道っぽい感じがするのです。


クリックで拡大

楽しいのです。


クリックで拡大

こうなってくるとですね、よこやまの道はほぼ終了、なのです。


クリックで拡大

名残惜しいので寄り道。


クリックで拡大

あとはしばらく一般道を歩いて、ですね、


クリックで拡大

もう若葉台の駅前が見えてきたのです。
まだまだ発展途上で、とても広々と作ってある街なのです。


クリックで拡大

京王若葉台駅に到着、なのです。

Wikipedia - 若葉台駅


クリックで拡大

ゴール受付で、スタンプを押してもらって、
参加記念品を受け取るのです。
( さすがにいぬ用のスタンプカードは作っていません。 )

これにて、
京王沿線ウォーキング 2009年度第一回、終了なのです。

完走なのです。


クリックで拡大

駅前のカフェで、休憩するのです。
謎のコーヒーチェーンなのです。

フレスポ若葉台


クリックで拡大

これが噂のスタンプカードと、参加記念品なのです。


でもそんなことよりですね、

クリックで拡大

「ハチミツとナッツのチーズケーキ」

こんなもの、美味しくないわけがないのです。
無敵状態なのです。


クリックで拡大

休憩も終わったのでですね、
もうひと遊びしに行くのです。


若葉台駅からまっすぐまっすぐ行くとですね、

クリックで拡大

若葉台公園があるのです。
広々しているのです。

若葉台公園_稲城市ホームページ


クリックで拡大

この公園は、上谷戸川の源流になっているのです。

このあたりを歩いた記録はこちら


公園でしばらく遊んで、それから駅のほうに戻ったのです。
公園と駅との間にある、ホームセンターのユニディは、
いぬ用の買い物カートがあったのです。
犬が入ってオッケーらしいのです。

ユニディ若葉台店


クリックで拡大

ちょうど夕方なのでですね、
広い芝生の通りを地元いぬがいっぱい通るのです。


クリックで拡大

あそぶのです。

ひとしきり遊んでですね、
京王線に乗って、世田谷に帰ったのです。


クリックで拡大

きょうは京王沿線ウォーキングに参加してきたのです。
完走なのです。

次回大会は五月十六日、
世田谷の八幡山駅スタートなのです。








おまけその1。
これが参加賞だ。
クリックで拡大
毎回違うものくれるのかはわからない。
ので、中身の公開はナシ、ということで。

楽しみ減るじゃんねー。





おまけその2。
よこやまの道沿いにあるお寺。
クリックで拡大

妙桜寺。

なんとまぁ春にふさわしい寺号。
「妙なる桜の寺」

たとえ、寺の紋が初夏の花である「橘」だとしても。



「井桁に橘」ということは日蓮宗かな。
なんでも、日蓮宗の開祖が井伊氏と関わりがあり、
プラス、彦根藩祖の井伊直政が日蓮宗信徒だった縁らしい。
そうなると「妙」の字は「南無妙」の「妙」か。

注・井桁紋と橘紋はどちらも彦根藩主井伊氏の家紋。
  豪徳寺の門にもついている。(参照こちら中ほど








theme:犬との生活
genre:ペット


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。