INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
クリックで拡大

きょうは、
世田谷区内でサイクリングに行ってきたのです。

なのでカゴ入りチワワなのです。





サイクリングといってもですね、
レンタサイクルなのです。世田谷区営なのです。

まずは家を出て、ですね、
京王井の頭線の駒場東大前を目指すのです。


クリックで拡大

駒場野公園で仲間に出会ったのです。
幸先がいいのです。


クリックで拡大

電車に乗って、
明大前で京王本線に乗り換えて、
桜上水駅にやってきたのです。


クリックで拡大

駅からすぐのところに、こんな施設があるのです。
自転車貸してください、なのです。

世田谷区 レンタサイクルについて
自転車で、便利・楽しい・エコな街 - YOMIURI ONLINE

ここはですね、世田谷区運営のレンタサイクルなのです。

世田谷区内には何ヶ所か、
区営のレンタサイクルがあるのですけれどですね、
桜上水・経堂・桜新町のレンタサイクルは「がやリン」といって、
その三ヶ所での相互乗り捨てが可能なのです。
(経堂で借りて、桜新町で返す、など。)




桜新町のがやリンは、ここにあるのです。


クリックで拡大

500円を払って、カードを発行してもらうのです。
身分証明書が必要なので、用意しておいてほしいのです。

これは返すと、500円は戻ってくるのです。
その日のうちに返してもいいのです。
(ずっと持っててもいい。)


クリックで拡大

AM7:00から19:00まで開いててですね、
24時間で200円。
夜をまたいでもいいのです。


クリックで拡大

自転車の種類は、頑丈そうなシティサイクル。
変速つきもありますが、数は少ないのです。

世田谷区としては今後、サイクルポートを増やすと共に、
マウンテンバイクやロード、
子供乗せ自転車なども導入する予定らしいのです。
小さいひと用に、小径も導入して欲しいのです。

がやリンについては返却の際、のちほどまた。
借りた自転車については中盤あたりで。


クリックで拡大

自転車に乗って、やってきたのです芦花公園
(写っている自転車はレンタサイクルではありません)

さすがに歩きよりも、段違いに速いのです。

クリックで拡大

芦花公園といえばドッグラン、なのです。

でもきょうの行程はまだまだ長いのです。
こんな序盤で遊んでいるわけにはいかないのです。


クリックで拡大

イベントもあるらしいのです。
晴れるといいのです。


クリックで拡大

ローランギャロス
と見間違うかのごときこのドッグラン、
寄付金により、一部芝生になったらしいのです。


クリックで拡大

…先は長いのです。

寄付金もしくは寄付芝募集中、なのです。


クリックで拡大

一応挨拶、なのです。


クリックで拡大

芦花公園はですね、環七の真横にあるのに、
とても静かに感じる公園なのです。


クリックで拡大

初夏だなぁ、という感じなのです。


クリックで拡大

しかしですね、本日の目的地はここではないのです。
自転車に乗って、颯爽と移動するのです。


せっかくの自転車なのでですね、
普段行けない公園へ行こうと思うのです。

クリックで拡大

滅多に来れない位置の、
一度も来たことがない公園、祖師谷公園にやってきたのです。

祖師谷公園|公園へ行こう!
世田谷区 都立祖師谷公園


クリックで拡大

祖師谷公園の真ん中を、仙川が流れているのです。

仙川 - Wikipedia


クリックで拡大

川沿いにはですね、親水広場みたいな場所もあったのです。


クリックで拡大

近所の子供自作のこいのぼりたちも、
だるだる~な感じでのんびりなのです。


クリックで拡大

でっかい樹があるあたりで休憩なのです。


クリックで拡大

ここで、きょう借りた自転車なのです。
無印良品の?という感じのシティサイクル、三段変速。
カゴはちょうど、僕のかばんが入る大きさで、
少し大き目なくらいだったのです。


クリックで拡大

がやリンシールが貼ってあるのです。


クリックで拡大

祖師谷公園を探索するのです。


クリックで拡大

広い広い広場もあったのです。
樹の上になにか赤い生き物がいるのです。

この公園は元々、
東京教育大学(現在の筑波大学)の、
農学部農場だったらしいのです。

Wikipedia - 東京教育大学


クリックで拡大

のんびりし過ぎなのです。
割と閑散とした利用、という感じなのです。


ところで、祖師谷公園に来てみたのには、
ひとつ理由があるのです。

祖師谷公園には、祖師谷公園利用のいぬの飼い主の皆さんと、
公園側との話し合いによりますところの、
「試験運用ドッグラン」のようなものが時折開催されている、
と聞いたのです。
その場所を探していたのです。

クリックで拡大

ええと…
これなのかな、という場所を発見したのです。

犬の遊び場 ミニランド
祖師谷公園 ワンの会


クリックで拡大

たぶんここなのです。
でも祖師谷公園さん、これはこれとしてですね、
走り回りたいいぬのために、
もっと広い場所を提供してあげて欲しいのです。


クリックで拡大

公園に隣接して、神社があったのです。

ここは上祖師谷神明社
「せたがや百景」にも選ばれているのです。


クリックで拡大

新しい感じはするけれど、
なかなかに立派な構えなのです。


クリックで拡大

ちょっと小高くなっている神社敷地から、
脇を通る道を見下ろすのです。

あれは昔の街道・滝坂道らしいのです。
「昔の甲州街道?」といわれている古街道なのです。


クリックで拡大

また公園敷地に戻ってきたのです。
いぬを連れた人が、
しきりにあの木陰を覗き込んでいたのです。


クリックで拡大

のぞいてみるのです。

あ…れ…は…。


クリックで拡大

木いちごが生っていたのです。
採り放題なのです。


クリックで拡大

甘くて美味しいのです。


クリックで拡大

デザートを堪能したところで、
本日のコースに復帰するのです。

仙川に沿って南下するのです。


クリックで拡大

川沿いには、ずっとこんな感じの道が続いているのです。
ゆっくり自転車的には快適なのです。


クリックで拡大

両岸に道がある場所と、片側にしかない場所があるのです。
その辺はテキトーにがんばるのです。


クリックで拡大

これ全部桜の樹なのです。
春にはきっと、すごくきれいなのです。


クリックで拡大

大蔵大仏が見えてきたのです。
あの大仏、一日の間にぐるっと回って向きを変えるのです。

世田谷おおくら大仏日蓮宗妙法寺|しだれ桜,蓮,さぎ草など四季の花が咲くお寺
おおくら大仏 - Wikipedia

このあと仙川は、野川と合流して、
多摩川へと流れていくのです。

Wikipedia - 野川 (東京都)


クリックで拡大

このあたりで仙川と別れてですね、
大蔵住宅のほうへ向かうのです。

国分寺崖線に沿って緑が残るこのあたり、
昔はもっと緑が多くって、
黒澤明の「七人の侍」のロケも行われたそうなのです。
仙川の水をくみ上げて降らせて、
雨のシーンを撮ったらしいのです。

世田谷区 国分寺崖線発見マップ
Wikipedia - 国分寺崖線(武蔵野台地)

七人の侍 - Wikipedia


そんな世田谷区大蔵に、
以前から見てみたい場所があったのです。

クリックで拡大

…あっけなく見つかったのです。
きれいに整備されているのです。


クリックで拡大

ここはですね、”世田谷区だけど湧き水スポット”なのです。

大蔵三丁目公園湧水」、
もしくは「大蔵団地湧水」とか言われているのです。



View Large Map

場所はここなのです。

クリックで拡大

水はきれいなのです。
多分、
崖線の何ヶ所かから湧いているのだと思うのです。

奥のほうに水源を保護しているっぽい場所もあったのです。
そこは立ち入り禁止なのです。


クリックで拡大

日によっては、この辺も湧いているはずなのです。
でもきょうは枯れているのです…。


クリックで拡大

さて、実はですね、
すぐそばにもう一箇所あるのです。湧き水。

そっちも行ってみるのです。


クリックで拡大

こっちは、人がいっぱいだったのです。



View Large Map

さっきの場所のすぐそばなのです。
「昔は野菜洗い場だった」とか聞いたのです。


クリックで拡大

みんな、なにかしら漁獲を挙げようとしているのです。
なんでもサワガニすら生息しているとか。

世田谷区なのに、すごいのです。


ここから、国分寺崖線を登るのです。
野菜洗い場のすぐ横に、階段があるのですけれどですね、
きょうのぼくたちは自転車なのです…。


クリックで拡大

崖線の上は、大蔵総合運動場になっているのです。
この施設は隣の砧公園と混同される、不遇な施設なのです。

世田谷区 総合運動場

ここには静態保存のSLがあるのです。
貴婦人と呼ばれたC-57

国鉄C57形蒸気機関車 - Wikipedia

いまは子供の遊び場で、
子供をそっと見守っているのです。

この大蔵総合運動場にも湧水があるらしいのです。
でもきょうはパスするのです。


さぁ、砧公園へ移動するのです。

クリックで拡大

…ってどこですかここはー!?なのです。

砧公園|公園へ行こう!
世田谷区 都立砧公園
東京都立砧公園 - Wikipedia


クリックで拡大

ここは砧公園のサイクリングコースなのです。
自転車で来たことがなかったのでですね、
「サイクリングコースがあるなぁ」とは思っていたのですけれど、
こんな雰囲気のコースだとは知らなかったのです。
坂道ありで、すごいスピード出るのです。

途中でコースの外側に「いぬ散歩コース」というのも見かけたのです。
でもスピードがノリノリだったのでよくわからないままああああああ。


クリックで拡大

…はぁ、なのです。

サイクリングコースを堪能したのです。

なぜかサイクリングコ-ス上にですね、
割とたくさんの「ハイカー」が歩いていたのです。
おかしなことを言うようですけれどですね、
自転車の人は要注意、なのです。


クリックで拡大

と、とりあえずちょっと休憩するのです。


クリックで拡大

休憩終了。
戦いの芝生へと突入するのです。


クリックで拡大

とはいっても砧公園、
時間帯でかなりいぬ率が違うのです。
いまは少ないほうなのです。


クリックで拡大

とりあえずいぬをみつけたのです。


クリックで拡大

うーわー。


クリックで拡大

砧公園、おそるべし、なのです。


砧公園の最寄り駅は用賀なのです。
でも自転車はその隣、
桜新町駅へ返しに行かなくてはならないのです。


クリックで拡大

といってもですね、
用賀あたりの道はとてもきれいに整備されていて、
桜新町だってですね、自転車ならすぐそこなのです。


クリックで拡大

自転車返しにきたのです。


クリックで拡大

返すときもですね、
一応管理のおじさんはいるのですけれど、
半自動なセルフな感じなのです。


クリックで拡大

がやリンには、定期利用というのもあるらしいのです。
毎日返しに来るのか、
乗りっぱなし一ヶ月、でいいのかはわからないのです。


クリックで拡大

桜新町から電車に乗って帰ったのです。


クリックで拡大

きょうは、サイクリングだったのです。
僕はカゴに入って、風に吹かれて気持ちよかったのです。

がやリンを使ったコースを、
ほかにも考えてみようと思ったのです。




きょうのコース。

(三角で再生。+-で拡大縮小。)








おまけその1。
用賀から桜新町の間で実は寄り道をしたので、
馬事公苑のあたりを通過した。
クリックで拡大

馬事公苑の交番は、馬蹄がガツンと嵌っていた。




おまけその2。
桜新町のがやリンにて。
クリックで拡大

・ゲートでは前の人を待ってやれコラ
・ゲートに突っ込んでくるなコラ
・もうとにかくゲートで遊ぶなコラァァアアアアア

という注意。









theme:東京23区
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
私の日常的通り道へようこそ。
でも猫派ですから知らないのです、祖師谷公園のドッグランや砧公園の犬情報を、ごめんなさいでした。
東宝の近くにドッグカフェはあります。スリードッグベーカリーと言います。(http://www.threedog.co.jp/)
ワンちゃんと一緒にお入りくださいと書いてあります。人間メニューもわんこメニューも書いてあります。おいしそうなのです。
にゃんこも入れるのかどうかは知りませんが、土曜日によくバスで猫連れオヤジと会います。その人は東宝前で降りて、キャリーから猫を出して肩車で行きますが、ドッグカフェの方ではなく、大蔵3丁目公園の方へ歩いてゆきます。公園でもいいからうちの猫もつれてきてあげようかしら?といつも思います。
もうちょっと前だったら桜、よかったですよ。仙川沿いも世田谷通りも桜のトンネルです。来年のその頃にでもまたどうぞ。
そうそう、上祖師谷神明社には猫もいて、砧の三峰神社も猫がいて…じゃなかった、神明神社も三峰神社も狛犬もかわいいですが…、でもなかった、上祖師谷もドッグカフェあります。マルというのです。犬用ごはん、あるみたいですよ。
http://www.marru.com/mailmagazine/index.html

2009/08/12(Wed) 01:06 | URL  | みなと #6zmZe14w[ 編集]--------
Re: タイトルなし
マールは、一度行ってみたいとは思っているのです。
なかなか機会がなくて、なのです。

スリードッグは、代官山にもあるのですよ。
というか、もっと店舗あったかもしれないのです。
詳しくはわからないのですけれど、です。
2009/09/18(Fri) 00:35 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。