INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
クリックで拡大

週末だけじゃなくって、毎日もなんとなく生きているのです。
普通の日は、そのままのぼくなのです。







クリックで拡大

雨が降る日は雨の隙間に散歩。


クリックで拡大

きょうは家を出たら、リリーさんがいて、
ぼくはちょっとモテたのです。


クリックで拡大

普通の日は、普通に楽しいのです。








おまけその1。
忌野清志郎さんが死にまして、もう一週間と相成りました。
みんな騒ぎ過ぎ。悲痛に悲嘆に暮れ過ぎ。
ああ、死んだねキヨシロー。
と軽やかな気持ちでいたい。

で、なんか今回、「故人ビジネス」の展開早くねぇすか?
気に食わんなぁ。


ベスト曲としては、あえてこれ。
「 I LIKE YOU 」


でも本当にこれがRCの最高傑作だと思う。
さぁ笑ってごらん」と。
My baby,I like you. I like you. I love you.」と。


RCに限定せず、ならばこれ。


「帰れない二人」はキヨシロー名義ではなく、
70年代の日本の全てを代表する、
井上陽水の名作アルバム「氷の世界」に収録。

これ、キヨシローと陽水の合作。

デビューはしたけど不遇、サクセスには程遠かったRCサクセション。
キヨシローと陽水は、
渋谷にあった「青い森」というフォーク喫茶で偶然知り合い、
当時三軒茶屋に住んでたどっちかの、
多分陽水の家に遊びに行って、
そこでボンカレーを食べてたら終電なくなって、
「・・・曲でも作る?」
ということで作った曲だという伝説。
つまり「帰れない二人を残して~」とは実は、
70年代のフォークで貧乏な20代前半の兄ちゃん二人の、
深夜のやるせない状況のことらしいあっはっはっ。

三軒茶屋ってことで、ブログテーマとも合致。
東急は駅でこれを流せ、と。


余談ですが、
「氷の世界」はご存知の通り売れに売れ、
貧乏だったキヨシローにその印税が入ってきて、
なんとか生活をしのいだのだとか。

このくらいの人になると、余談っていっぱいだねぇ。
実はあの伝説の「県立地球防衛軍」の主題歌を歌ってたとか。
電柱組。






おまけその2。
電灯のあたりでなにかがガツンガツン言ってた。
カナブンとかの発生するにはちょっと季節が早くない?と。

通りすがった、小さな黒い影を叩き落してみた。

クリックで拡大

テントウムシさまであった。
天道虫ってなくらいなので、窓の外にリリースしてやった。

擲つ闇の深さかな。








「花びら」
夢助
夢助
忌野清志郎





Lyric














theme:犬との生活
genre:ペット


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。