INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
クリックで拡大

本日は京王ウォーキングの日だったのです。
2009年度の京王ウォーキング、第二回はですね、
ぼくの地元、世田谷開催だったのです。





京王ウォーキング・春の部は、三回あるのです。

2009年度京王沿線ウォーキング|京王グループ

第一回は多摩のほうで歩いてきたのです。
第一回の巻、はこちら。

で、第二回はいきなりホームゲーム、となったのです。
コースが世田谷区内なのです。


クリックで拡大

既にコースの予想がついているのです。
でも参加するのです。


クリックで拡大

とりあえずですね、京王線の駒場東大前駅を目指すのです。
(あとでデジャヴのような画像が出てきますが…別です。)


クリックで拡大

京王ウォーキングのスタートとゴールはですね、
京王の駅なのです。


クリックで拡大

きょうのスタート地点は、京王本線の八幡山駅なのです。
井の頭線から、明大前で乗換えなのです。
八幡山駅を目指すのです。


クリックで拡大

八幡山の駅に着いたのです。
スタート時刻すこし過ぎ、
もう、というかまだまだ沢山の人がいるのです。


クリックで拡大

きょうの地図をもらって、スタートするのです。

とはいってもですね、迷う予定がないのです。
人が沢山で、
後についていけば大体だいじょうぶなのです。


クリックで拡大

あの道祖神、黄色い支柱あったっけかなぁ。

と思うくらいには、知っている道を行くのです。


クリックで拡大

烏山川緑道を行くのです。
芦花公園も通ればいいのに、と思うのです。


クリックで拡大

親水緑道を、希望が丘公園方面へ。


クリックで拡大

でも希望が丘公園に寄って休むには、
まだスタートしてから近過ぎるのです。


クリックで拡大

どんどん行くのです。
緑道にこんなに人がいるの、見たことないのです。


クリックで拡大

途中で出会ういぬとは遊ぶのです。
きみもウォーキング参加するのです。


クリックで拡大

あっという間にですね、
経堂駅近くまで到達なのです。
石仏公園の、これが「石仏」なのです。

コースを知っているからですね、
余計に「あっという間」に感じるのです。


クリックで拡大

ここまで来たら、
さすがに休んでいる人がいっぱいいるのです。
スズメの群れのようなのです。


クリックで拡大

あー、知らない間に
高架下のホームセンターが変わってる、とかですね、

ようこそビーバートザンへ!


クリックで拡大

ヤクルトって保育園やってるんだ、とかですね、
そんな感じで緑道を流されていくのです。


クリックで拡大

とりあえず人のご飯を補給するのです。

コンビニがここにあるのを知っているのも、
ホーム開催の強みなのです。


クリックで拡大

経堂駅の南側に廻り込んでですね、


クリックで拡大

ここから先は、緑道がちょっと細くなるのです。
ウォーキングの群れがぎゅうぎゅうなのです。


クリックで拡大

さらに、コースは横道へそれていくのです。
ちょっと渋滞しちゃっているのです。


この先でオプショナルコースとして、
竹林で有名な「宮の坂勝光院」を観ていく、
寺院巡りコースが用意されていたのです。
(参加自由)
多分、宮の坂あたりの緑道が途切れるあたり、
そのポイントを迂回させるための
ルート設定だったのだろう、と思うのです。


クリックで拡大

コースは豪徳寺の参道へと続くのです。


クリックで拡大

参道も多分、お正月以来の人出なのです。


クリックで拡大

京王ウォーキングの誘導の人がいたのです。

この門前で右へと進むのです。
でもここまで来たら、という感じでみんな、
豪徳寺を観にいっているのです。


このあとコースは豪徳寺をぐるりと回りながら、
城山小学校のあたりで烏山川緑道に復帰したのです。

クリックで拡大

でも、すぐに若林公園へと誘導されたのです。
相変わらずここの樹はにょろにょろなのです。


クリックで拡大

ぼくもちょっと休憩するのです。

でもよく知っている場所なのでですね、
なんだかすごく、普通の普段の散歩気分なのです。


クリックで拡大

で、「どうせだから松陰神社も見てけよ!」とコースは言うのです。
ぼくはまた今度、初詣かお祭りの時に来るのです。


クリックで拡大

「いぬと遊びながら烏山川緑道を行く」のです。
すごく、普段の散歩と一緒なのです…。

でもきょうはウォーキング大会なのです…。


クリックで拡大

キャロットタワーが見えてきたのです。

さっきより人がすこしばらけているのです。
それはたぶんですね、
途中の勝光院、豪徳寺、世田谷城址、松陰神社、
という、
京王が仕掛けた、”世田谷の罠”にひっかかっているのです。


クリックで拡大

三軒茶屋付近にやってきたのです。

どこかで休もうかとも思っていたのですけれどですね、
ここまで来たらもう、ぼくんちも同然なのです。


クリックで拡大

しかしながらここで、
京王ウォーキングの最終の罠が発動したのです。

緑道を外れて「こっち来い」と言われたのです。


クリックで拡大

住宅街の中を、くねくね歩くのです。


クリックで拡大

着いたところは目青不動教学院だったのです。

…ここもぼくはですね、時々来てるのです。

今日くらい、「大久保家墓所」を開放してほしいなぁ、と思いつつですね、
目青不動教学院と大久保家墓所、についてはこちら。


クリックで拡大

三軒茶屋から池尻大橋方面へ、
緑道へとコースは復帰するのです。


クリックで拡大

あ、いぬとは遊ぶのです。


クリックで拡大

きょうは水が少ないのです。


クリックで拡大

でもこないだぼくは、足を滑らせて水に落ちたのです。
慎重に進むのです。


クリックで拡大

いつもの北沢川と烏山川の緑道合流地点なのです。
うちまですぐそこなのです。

さぁ終了、なのです…。


クリックで拡大

と思いきやですね、
家方面をスルーして、コースは続くのです。
ぼくんちがゴールなわけはないのです。
あんなに沢山の人がゴール!ゴール!とやってきても困るのです。


朝通った道に矢印がついているのです。
こっちへ進め、ということなのです。

朝八時台にはこの矢印、なかったのです。

クリックで拡大

〆切地蔵の横断歩道を渡ってですね、


クリックで拡大

駒場野公園を通過するのです。

…えーと、朝も来たような…
そんな気がするのです…。


クリックで拡大

ぼくんちの最寄りの京王の駅がここなのだから、
しょうがないのです。

本日のゴールはそう、「駒場東大前駅」だったのです。


クリックで拡大

スタンプ押してもらって、参加賞もらって終了なのです。


クリックで拡大

…そして再び三度通る道。
家へと帰るのです。
ホームゲーム、なんだかせつないのです。


参加者の皆さん、ゴールはもうすぐなのです。



クリックで拡大

ごはん食べて帰るのです。
ご近所のカフェ「SOAP」にやってきたのです。

ソープ SOAP - カフェ、定食・食堂(池尻大橋) [食べログ]
池尻大橋カフェ・SOAP(ソープ)


これまたご近所過ぎて、
逆に滅多に来ないカフェなのです。

クリックで拡大

北沢川緑道沿いのお店は明るくてですね、
おしゃれカフェなのに、
近所のいろんな層の人がやってくるのです。


クリックで拡大

メニュー。


クリックで拡大

持参マット敷いて、座ってみたのです。
いぬメニューはないのです。


クリックで拡大

人はいつ来ても、同じもの食べてる気がするのです。


クリックで拡大

あ、みず貰えたのです。
ラッキーなのです。


クリックで拡大

そこそこ疲れたなぁ、と思いつつ、
ダラダラするのです。


クリックで拡大

でも良く考えたらですね、
ぼくんちはすぐそこだったことを思い出したのです。

だらだらの続きは家に帰ってするのです。


クリックで拡大

きょうは京王ウォーキングに参加してきたのです。
地元開催だったので、なんの心配もいらなかったのです。

第三回は来月、なのです。






おまけ。
クリックで拡大

参加賞。
無料のウォーキング大会なのに貰える。

前回と違い、「実用的ななにか」であるらしい。
ちょっと透けているけれど、
帰って開けるまで見ないフリをしておいた。


…中身はなにか?ってそれは参加した者のお楽しみ。
どうやら毎回、参加賞は違うらしい、と知った。







theme:東京23区
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
意義あり!
スタートは桜上水駅ではなく、八幡山駅ではありっましぇんか?

でなければ、あの朝、仕事場に向かうべく我が八幡山駅そばの自宅を出た直後に遭遇した、あの大和民族大移動のごとき光景は何だったのか。

あれは夢か幻か。それとも既に惚けちまったか。なんて認めてたまるもんかい。

僭越ながら、今一度記憶の引き出しの再点検をご提案致したく候。

2009/07/28(Tue) 02:36 | URL  | Dr.GON #-[ 編集]--------
Re: 意義あり!
あー、その通りなのです。

駅がきれいだったのです。じゃあ八幡山なのです。
直しとくのです。
2009/07/29(Wed) 00:28 | URL  | kuddy #-[ 編集]--------
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。