INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。チワワのクドさんです。
09072201.

本日は夕方散歩なのです。





09072202.

夜空の星が輝く陰で、
池尻大橋の日も暮れるのです。


09072203.

悪の笑いを許さない、
そんな交番も夜体制になるのです。


09072204.

公園から公園への移動中、
エルに遭遇したのです。

09072205.

マリちゃんとも遊ぶ始末。


09072206.

そろそろ帰って、ごはん食べるのです。
お呼びとあらば即参上、なのです。







おまけ。
訃報、凄まじい訃報。
昨日、金田がこの世からいなくなった。
なんという損失。

金田伊功 - Wikipedia


「誰よそれ」
という御質問には「日本のアニメーター」と答えます。
いやさ、
「日本のアニメのカッコいい部分を全部作った人」
と答えても、少し言い過ぎ程度で済む。
あまりのカッコいい特殊性に、

金田エフェクト
金田ジャンプ
金田パース

などという言葉が生まれたくらい。
「金田エフェクトとか言われてもわかんない。」
と言われましても…うーんと、

09072207.

大体こういうことです。これが「金田」なのです。
こんなことに労力をかけるな、と?うんそう思う。
(注・光輪と光線は模倣。
 炎は悪戦苦闘しても真似しきれなかったので、
 金田の某有名シーンから流用。
 金田ジャンプはチワワには無理です。)


「日本の”カッコいいアニメ”は全部、金田が作った」と言ってもいい。

監督とかは有名になるけれど、
あくまで一介のアニメーターだった金田は、
だから一般には知名度が低いのです。
”全編を通しての仕事”ではないし。

でも、
「”あのシーンてカッコよかったよなぁ”というモノはすべて金田の仕業」
と言ってもいい。大体間違ってない。
彼の後を追う人間は、金田を模倣し、金田を超えて、
そして現在の技術がある、と言ってもいい。

メジャーなところでは、
宇宙戦艦ヤマトとか、銀河鉄道999とか。
ジブリの作品もやってるのですよ。
天空の城ラピュタ」の、龍の巣に突入するシーン!
あそこだけ、異常にカッコいいでしょう?でしょう?
あれが金田の仕業。

作画@wiki - 金田伊功


そんな金田、死ぬには早過ぎる。
もっと私達をワクワクさせて欲しかった。
金田の後の世代たち、がんばれ!

でも本当にみんな、
知らず知らずに金田の”カッコいい”にやられてるんですよ?
「あ、これがその金田の仕業だったの?」という感じで。

ラピュタの龍の巣もそうだけれど、


幻魔大戦」のこれとか。
この炎のうねり、無駄にすっごいパース。止め絵に光線ビキビキ。
これがさぁ、当たり前なんだけれど、
「毎秒何十コマの絵の連続」なんだよねぇ。
すごいなぁ、と。

有名なのはこれ。


ふきすうううううさぶかあああぜえええがああああ

サイボーグ009」のOP。これ金田の仕業。
構図や炎やポーズや光り方がやっぱり特徴的。

「力持ちのジェロニモが、一瞬苦悶して持ち上げる人間味」
「フランソワーズの特技って聴覚だけど、そんなのどうでもいい。
 ただ笑うだけ。実はそれが紅一点の最高の特殊技能。」
「ジョーの特殊能力は、悩み・悲しみなんだなぁ」とか、
その辺もこれ以上は長くなるからやめとく。
「アオイホノヲ」で島本大先生が熱く熱く語ってしまったし。






個人的に、本当に最高にカッコいいと思うのは、



銀河旋風ブライガー」のOP。
これ、金田。これこそ金田。

これのかっこよさを説明したいけれど、
NHKで似たようなことやってたし、
くどくど言うより、観たらわかるでしょ?

異常なかっこよさ。

序盤の、各キャラの妙なポーズのジャンプが、「金田ジャンプ」
停止絵なのに光線がビカビカしてかっこいいとか、
その辺が「金田エフェクト」
カッコ良すぎる無駄に遠近感のある構図、それが「金田パース」

そんな金田に曲・山本正之なんてもうね、どうかしてる。
どんだけ高揚させてくれるのよ、と。

う!う!ウルフのマーク!






あ、モスピーダは個人的に思い入れがないので省略。


本当に、がっかりですよ。
この損失、喪失感。

小津安二郎や黒澤明、
はたまた手塚治虫や藤子F不二雄、
または鳥山明が死んだとでも思ってください。


ワクワクを、ありがとうございました。







「銀河旋風ブライガー」
ロボットアニメ大鑑 下巻
ロボットアニメ大鑑 下巻







theme:犬との生活
genre:ペット


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。