INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。頑丈なチワワのクドさんです。
聖蹟桜ヶ丘を旅して、耳をすませたりしていましたのです。 
スタート位置です
で、やっと本当の目的地の公園に着いたのです。
広大な芝生です。
むひひひひ、です。楽しそうなのです。







( 聖蹟桜ヶ丘駅からここまでのことはこちらに )


でもたいへんなのです。
ここは目的の公園ではないらしいのです。
”目的の公園に隣接した、別の公園”らしいのです。


ひろいのです。
でもこれはいい感じなのです。
ここだけでも充分楽しいぐらいなのです。
広い広い。芝生広い。

多摩市立大谷戸公園 (多摩市サイトより)


本命の公園は、境目がわからないぐらい隣接しているのです。
実際敷地も園内路も繋がっていて、
ここが境目というのはわからないぐらいなのです。


都立桜ヶ丘公園 (公園へ行こう!より)
園内マップ (同上)


・マップ左下のサービスセンター横に自動販売機があります。
 それ以外はありません。
 近隣も住宅街ですので、ないと考えたほうが順当です。
・ゴミ箱もありません。お持ち帰りを。
・油断した靴だと堪能できません。

といいますのもですね、
わかれみち
大体こんな山なのです。
ぼく的にはものすごく楽しいのです。
右に行こうか左に行こうか、悩んじゃいます。

夕日はまだ
ここは地図で言うところの「夕日の丘」
夕日や夜景がきれいらしいのです。

この丘を目指して歩いている人も、かなり疲れた顔をしていました。
なまけた靴ではダメなのです。


うすぐもり・・・
しかしながら夕日の丘なのに、


昼間で薄曇りでむー、です。




記念館
背後にありますのは、聖蹟記念館。

そもそも聖蹟桜ヶ丘という地名は、明治天皇がこのあたりを気に入って、
何度か遊びに来ていたことに由来するのだそうです。

欧州風なこの建物は、そのことを記念して作られたのだそうです。


階段階段
階段で遊びたいだけのぼく。

この建物は、
「仮面ライダーvs死神博士」
の死闘の舞台としても知られていますのです。
でてこい死神博士。

逃げますけど。


あとは公園はほとんど山、山、山。
丘陵三つを内包する形で構成されているそうです。
山のカーブ
山道を走り、


なんだか気になるのです
なにかの痕跡を探し、

なんかいるのです
なにかを発見し、

下にいるのです
偵察してみたり、

木がでっかいのです。
空を見上げてみたり。



さかいめ。
ここは境目。
多摩市立連光寺公園との境目です。

でも先の大谷戸公園と同じく、ほとんど変化はありません。
同じ公園という認識で通り抜けしてしまうのです。
多摩市立公園二つと、都立公園が固まって連合しているのです。

山道ばかりではないのです。
桜ヶ丘公園は山道だけではありません。
こんな気持ちのいい舗装路もあるのです。


気に入ったのです。
名残惜しげに山を見るぼく。

帰りはここから、永山駅まで歩いたのです。
簡単にすぐ帰れましたのですが、
公園の目の前から、
聖蹟桜ヶ丘駅と永山駅どっち向きにもバスも出ていますのです。

永山駅は京王と小田急の両方の駅が併設なのです。
世田谷へは、どっちに乗っても帰れるのです。


また来るのです。
とりあえず気に入ったのです。
またくるのです。



今日歩いたコース
聖蹟桜ヶ丘駅から永山駅まで。
(三角で再生。+-で拡大縮小。地図クリックで詳細ページへ)








おまけ。

百。
桜ヶ丘公園にあった「標高100mの碑」。
なんのことなのか、
なぜここにこれがあるのか、などは不明。









theme:犬との生活
genre:ペット


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。