INFORMATION
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんにちは。運河の街、江東区を旅するチワワのクドさんです。
まだたりなーいのです。

先日、江戸東京の江東区を散歩したのです。
(「チワワ、公園二つをはしごして、運河を旅するの巻」はこちら。)

でも、ぼくはまだ”あるけあるけ”が足りなかったのです。
清澄白河駅からおまけ散歩に行ったのです。










でっかいのです。
松平定信の墓所と同じお寺に会った巨大地蔵。
「江戸六大地蔵」なのだそうです。
こんなにでっかい地蔵が6体も集まって、
「仏法僧ー!」とか言いながら走ってきたら、勝てる気がしませんのです。
でもお地蔵さんはえらいのですよ。



出世するのです。
出世不動。
なぜここが出世不動なのか由来がさっぱり…なのです。
そもそもですね、
「チワワとして出世」とは、どういう状態になったらいいのですか?
チワワ部長とか、チワワCEOとかどこかにいるのですか?


ちぃ散歩ブランド。
ちぃ散歩はブランド力があるのか。
数件隣の店では「いい旅夢気分」で紹介!と宣伝してましたのです。


みんな同じ?
以前から気になってる、だいたいおんなじ顔をした家の列。
ブーム?
道路拡張で下げられた時に、一斉に作ったとか?

夕暮れに走り出すのです。
で、ぼく的にはもう少し遊びたいので、公園に行くのです。

清澄庭園 (公園へ行こう!より)

ここは、紀伊国屋文左衛門のお屋敷跡で、
そのあとは三菱財閥の創始者、岩崎弥太郎の屋敷でしたのです。

Wikipedia 紀伊国屋文左衛門
Wikipedia 岩崎弥太郎

で、半分は"えらい庭園"なのでいぬは入れません。
でも残り半分は入ってもいいのです。

もう沈んだ太陽を追いかけるのです。

半分だけど広いのです。
うしろに見えるのはバレーボールの東京の名門校、中村高校。

どーんとした空中のところ、
図書館になってて、なにかの行事の時に開放されるんだそうです。
見晴らしいいだろうなぁ、と思うのです。

あの橋は渡らないのです。
この橋の向こうに、松尾芭蕉の住んでた芭蕉庵の跡があるのです。
もう日が暮れたので、橋の向こうはまた今度。


ごっつあんなのです。
北の海部屋。
ぼくはチワワなので、新弟子検査に合格できないのです。


大鵬と
こちらはご近所の大嶽部屋(旧・大鵬部屋)なのです。

ん?



七人の小人なのです。
この人たちは、新弟子検査合格できたのですか?



…あ…もしかしてまさか

大鵬、たいほう、たいほー、はいほー、ハイホーハイホー。

まさ、か…です。


ここで緊急事態発生なのです。
大鵬部屋から、おいしそうなにおいがするのです。
どう考えてもちゃんこです。ちゃんこ。(※1)

おなかすいてきたのです…。


江東区はおもしろいのです。
もう日が暮れたのです。
本所深川界隈については、また今度なのです。

おまけ散歩で、ぼくはやっと満足したのです。
帰ってご飯食べて寝るのです。




※1 相撲取りが作るものはなんでも”ちゃんこ”なのだそうです。
    鍋だけではなく、それがケーキでも「ちゃんこケーキ」。



おまけ。
きょうの大一番なのです。
相撲部屋すぐ近くの公園。
「パンダが取り組み中」です。
さすがお土地柄。








theme:東京23区
genre:地域情報


 click this plz.

クリックでウェブ拍手
 And, click this plz.

コメントやご感想などご自由に。
お返事はおいおいするのです。
この記事へのコメントを書いてくれるのですか?
URL:
Comment:
Pass:
secret: (管理者にだけ表示を許可)
 
トラックバック。遠慮無用なのです。
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。